日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金正日と「ヒロヒト」

もうこれはパブロフの犬ですね。自分たちが理解できない異人種の敵が現れると、日本を思い出す。
関連記事:9.11と「パールハーバー」と無差別都市爆撃

ニューヨークタイムズが 金正日の自殺を警戒 という記事を掲載しています。

筆者は韓国の釜山にある東西大学という新設大学で教授をやっているB.R.マイヤーズという人アメリカ人です。アフリカーンス語、英語、ドイツ語、朝鮮語、北京語、ロシア語ができるそうです。


月曜日の核実験から数時間後、ブッシュ大統領は北朝鮮に厳しい警告を発した-しかしそれは他国や非国家実体に核技術を移転させることに対してだけだった。したがって大統領の宣言は、金正日は核を売ろうとは試みるかもしれないが、自分で使おうとは夢にも見ないだろうという確信でワシントンが一致していることを反映している。なぜ? ドナルド・グレッグ前国家安全保障問題担当顧問が月曜日に説明した:「あわてるな。金正日の目的は生き残りであって自殺ではない。」

同じ気休めの理屈はイランのアフマディネジャドに適用されるが、もちろん同じではない。金氏の心理の長期的な分析は、彼はイスラム原理主義者ではない、気違いじみた行動をとりそうもないからということの遠まわしの表現だ。

しかしこの種の文化プロファイリングによって我々は本当の危険に気づく。第二次大戦中の日本の天皇ヒロヒトは宗教的でも自殺志向でもなかったが、理性的な指導者なら勝利を見込めない戦争に国を導いた。この点は重要だ。なぜなら、ジャーナリストは北朝鮮をスターリン主義国家と呼ぶことに固執するが、その世界観はファシスト日本に遥かに近いからだ。

1930年代の日本人のように、北朝鮮は自らの人種の起源を数千年前のひとつの祖先に求め、この純粋な血統により自分たちは比類なく高潔なのだと主張している。この国のマスゲーム-10万人以上が演じる政府振り付けによる見世物-は外国の記者たちにしばしばスターリン主義の実演だと誤解される。実際にはそれは民族的均質性への祝賀なのだ。2005年、「世界で我々ほど純粋で高潔な人民はいない。」と「千里馬」雑誌は読者に思い起こさせた。

国家プロパガンダで金正日はしばしば、かつてのヒロヒトがそうであったように、白馬や雪を頂いた山頂など、人種的純粋性の象徴のイメージと結び付けられる。一方南朝鮮は他人種と緊密な接触を持ちすぎて汚染されたとみなされる。最近の南北の軍高官たちの会合で、北の代表団の指導者は南が人種間の婚姻を許容していると非難した。「漢江には一滴のインクも落とすことを許されてはならない。」

もちろん、北朝鮮の人種理論は日本のファシストのそれと同じで国際法には無頓着だ。比類ないほど高潔な人々は、敵であれ味方であれ、道徳的に劣った者たちに従う理由はない。中国は何十年も軍事的経済的に援助してきたが、北朝鮮からは善意のかけらも引き出せないことを今さとった。

それは韓国も同じで、いくら現金を与えようと、北朝鮮は韓国の民族的反逆をののしるだろう。友好と和解の姿勢へのこの徹底的な鈍感さは、北朝鮮とアメリカの関係正常化の見通しを明らかに示す。

北の政権は今のところ人種プロパガンダを国内の観客向けに限定している。なぜなら、北朝鮮は世界にスターリン主義国家だと誤解され続けることを望んでいるからだ。このように我々は、1980年代によく機能した共産主義者との信頼醸成のための対話のようなものに望みをつないでいるが、それは半世紀前に純粋人種の群れとの間で散々な失敗を喫した。

北朝鮮は多数の人を殺せるが、帝国日本ほどの脅威を世界に与えるのではないし、帝国を築くことに興味を示してもいない。それでもやはり、少なくとも彼らが武器を使わないと決めてかかることをやめなければならないほど、彼らの世界観は不合理だ。

金自身は自殺志向ではないが、その性質を国民に奨励するというヒロヒトと同じ性向がある:「死んで国をまもれ」はますます一般的なスローガンになっている。2003年、太いミサイルが飛んでいる図のカラフルなポスターが外国の報道機関にばら撒かれた。そこには自殺の心構えと受け取れるスローガンがあった。「よく見ていろよ、ヤンキー。」それは悪くないアドバイスだ。


B.R.マイヤーズという人は北朝鮮とナチスと戦前の日本を混同しています。日本は国として人種の純粋性を誇ったことも、それを守ろうとしたこともありません。戦前の台湾や朝鮮でも「内地人」と台湾人や朝鮮人との婚姻は奨励されていました。

あるいは皇統の万世一系と日本人種の純粋性ということの違いがわかっていないんですね。

この人の日本に対する無知は、金正日と昭和天皇を同じような独裁者だとみなしていることにも表れています。

彼は、敵ではあっても「共産主義者」(ソ連を指す)とは対話ができたと言います。話が通じないのは同じような「純粋人種の群れ」である北朝鮮と日本。

彼は、北朝鮮と日本の「レイシズム」を非難しているように見えますが、その下に透けて見えるのが彼自身のレイシズムです。

banner_04.gif


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/10/21(土) 08:12:44|
  2. アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<チベット人射殺事件映像の掲示板 | ホーム | 日本の核武装?心配するな>>

コメント

ミソもクソも、日本も朝鮮も・・・

管理人さんこんにちは。

このマイヤーズなる教授、韓国の新設大学で教壇に立っていると云うことですが、まあ、見事なまでの「アジア人十把一絡げ論」(笑)。ここまで確信めいた勘違いを披露されると、逆に清々しくさえ感じます。尤も、韓国と云う国の特殊性も彼のインスピレーションに花を添えているやも知れません。日本への怨念で凝り固まった、より正確に表現するならば、日本を憎むことを国民的娯楽にしてる国にお住まいなのですから、マイヤーズ氏が韓国人から(存在したことのない)栄光と(全て日本によって齎された)悲劇をウンザリするほど聞かされて、彼の黄色人種観に修正が加えられたことは想像に難くない(笑)。
マイヤーズ氏によれば、戦前の日本と、現代の北朝鮮の間には驚くほどの類似性が見られると云うことですが、半可通な知識を空想で補完する考察には舌を巻くばかりです(笑)。
彼の北東アジア文化を類型化したプロファイリングによれば、「人種的純粋性」、「国際法には無頓着」、「比類ないほど高潔(と思い込んでいる)」と云う点で、両国の間には奇妙な相似形で類推でき、今後の行動パターンも予測がつくようです。まあ、彼がどれほどの見識の持ち主かは定かではありませんが、韓国の駅弁大学に籍を置いていると云う事実によって“推して知るべし”といったところでしょうか。
この陳腐な小論を掲載したのは、かのNY・タイムズ。アメリカ市民に日本の異質さを伝播することを己が使命と任じている新聞社ですね。どれほどのアメリカ人が、この斬新でいてなぜか懐かしい文化論に目を通すかは知りませんが、自己の正当化のために異文化の異常性を真に受けるお国柄ゆえ、本気にする人も多いんでしょうが(笑)。
ところで、朝鮮民族の話題が出ましたが、海外では彼らはどのように捉えられているんでしょうか?。日本の、少なくともネット空間では、朝鮮民族の思考・行動の異常さは最早常識となり、伝え聞いたところによると、世界のあちこちでも“斜め上”な言動が顰蹙を買っていると言いますが、本当のところどうなんでしょうね?
  1. 2006/10/23(月) 20:51:38 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

テイシンタイ

私もこの日とは韓国人の日本観に影響されすぎているんではないかと思いました。
アジアの大学で教えている英米人はお粗末なのが多いです。例の上海人教授は、中国にいる欧米人なんて、本国ではやっていけなくて仕方なしに来ている連中だぞと書いていましたが、うなづけるところがあります。
欧米人の朝鮮人観については、ほとんどは日本と朝鮮の区別もつかない無関心派なんでしょうけど、関心のある人ではやはり分かれるんでしょうねえ。
12歳の少女が「テイシンタイ」で性奴隷にされたなんていう韓国人の作り話を鵜呑みにしたイギリスの新聞の記事が香港の英字紙に転載されているのを読んだこともあります。
  1. 2006/10/24(火) 08:47:32 |
  2. URL |
  3. にっぴょ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/52-d1fcfe5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。