日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「レイプ オブ ナンキン」 アイリス・チャンの無知

南京占領当時の日本軍の行動についてこの本に書かれていることが真実かどうかを判断できるだけの知識は持ち合わせていませんが、そんな私にもはっきりとでたらめだと指摘できるところがあります。
それは前書きにある次の部分です。
(この本では「レイプ オブ ナンキン」を南京事件あるいは「南京大虐殺」全体を指す言葉として使用しています。訳文でもそれにならいます。


日本における脅迫的な雰囲気のため、「レイプ オブ ナンキン」についての開かれた学術的な討論は押し殺され、事件についての知識の普及が妨げられている。
日本では日中戦争についての本当の意見を表明することは、自分の職業地位を危険にさらすことであり、さらには命さえ失うことを覚悟しなければできないことであったし、今もそうあり続けている。(1991年、本島等長崎市長は、ヒロヒト天皇は第二次大戦についていくらかの責任があるという発言のために胸を撃たれた。)
このように危険の感覚が広くいきわたっているため、多くの意欲のある学者もこの問題についてあえて記録文書を訪ねて調査を行おうとはしない。
実際、私が南京で聞いたところによると、中華人民共和国は学者が日本に行くことをめったに許可しないが、それは学者の身体的安全が危険にさらされるのを恐れてのことだという。
このような状況において、「レイプ オブ ナンキン」についての文書史料を利用することは、この島国の外にいる人間とってきわめて困難であった。
その上、「レイプ オブ ナンキン」に関与した日本の兵役関係者のほとんどは自分の経験についての取材受けることを好まない。近年はごく少数の人が、村八分にされること、さらには殺害の脅迫をも恐れずに自分の体験を公に語り始めているのであるが。

ペンギン版11・12ページ


この一文は、「レイプ オブ ナンキン」を書くにあたってアイリス・チャンが日本に来て日本の文献を調査したり関係者に話を聞いたりしたことがないことを示しています。
来ていたらこんなでたらめを書けるはずがないからです。
なぜ来なかったのか?
その理由が中国で聞かされた「身体的安全に対する危険」だったとしたら、それこそお笑いです。
日本では、南京事件についてなら「まぼろし」説から中国政府の説の受け売りまであるし、日中戦争についてもありとあらゆる説が入り乱れていて、まさに百家争鳴です。(学会の主流は日本軍部に対して批判的ですが。)
ごくまれに起こるテロ事件を気にかけて説を曲げる者などどこにもいません。アイリス・チャンが日本に来てもなんの危険も感じずに調査研究ができたでしょう。
日本の状況は、恐怖と暴力によって言論を抑圧し、共産党に都合のよい歴史記述以外を許さない「中華人民共和国」とはまったく異なります。
学者の日本行きを許すことによって中共政府が本当に脅かされると考えているのは学者の身体的安全ではなくて、自らの政権の安泰でしょう。





人気blogランキングへ  ←よろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 10:28:22|
  2. 日本外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<安倍晋三の中国孤立化連合は是か非か | ホーム | 「戦場にかける橋」における投影性同一視>>

コメント

陳腐 オブ ナンキン

管理人さん始めまして。
私も件の本を手に取り読んだ訳ではありませんが、概要は小林よしのり氏の「ゴーマニズム宣言」などでさんざん叩かれたりして、大凡の内容は把握しております。日本語版を出版する計画もあったそうですが、余りに捏造・虚構の度合いが酷いので、日本の出版社サイドが、アイリス・チャンに修正を施した上での出版を提案したところ烈しく拒絶され、お流れになったと云う“いわく”つきの一冊ですね。
日本軍の悪行ここに極まれりと、化け物屋敷もかくやのオドロオドロしい内容のようですが、全編に亘って支那人特有の、「白髪三千丈」的な脚色がなされ、執筆のため集めた資料も、その殆どが中共が用意した伝聞に類する物ばかりで、資料的価値はゼロに等しい代物です。
が、チャン自身がオリエンタルな美貌を具えた中々の美人と云うのも手伝って、“自由の国”アメリカではベストセラーとなった結果、米国内での反日感情が昂まり、対日政策にも微妙な影を落としたと言われています。
そのアイリス・チャンも一昨年、自家用車内で不可解な拳銃自殺を遂げ、もうこの世にはありませんが、果たして本当に自殺だったのか?。あくまで憶測の閾を出ませんが、或いは中共が口封じのために・・・。
21世紀の現在も、怪しげな効能を得んがため、カニバリズムが行われていると云うお国柄、邪な陰謀を秘匿するためなら、人一人の命なぞ何ほどのものでもないんでしょう。
小泉政権も残すところ幾ばくもありません。振り返れば、功罪相半ばして毀誉褒貶の著しい政権ではありましたが、アメリカとの同盟関係を修復できたことは素直に評価すべきと思っています。中共が露骨な覇権主義の野心を剥き出してる現在、今後もまた第二、第三のアイリス・チャンが出現し、日米関係に楔を打ち込むべく悪辣な離間策をしかけてくるのは必定。我々日本国民としても、特亜に肩入れする反日左翼マスゴミの虚報に踊らされることなく、また、「レイプ オブ ナンキン」のようなトンデモ本で動揺することなく、メディアリテラシーを磨いてゆきたいものですね。
  1. 2006/08/09(水) 18:57:28 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

いらっしゃいませ

笑鬼さんが当ブログコメント第一号です。感激しています。

例の本によると、当時は道を歩いている男という男はみな殺され、女という女は8歳の少女から80歳の老婆まで残らず乱暴されたとのこと。ある女性は男装して検問所をすり抜けようとしたが、股間をまさぐられて見破られた、という風な話が延々と書いてあります。
まさにこの世の地獄だったというわけですが、もしそれが本当なら、日本軍の支配下にある限り南京の町には中国人は絶対に近づかないだろうと私などは思うんですが、直後に取られた写真では中国人が笑顔で写っている、不思議なことです。
中国人は命知らずぞろいらしいです。

チャンの自殺の原因はさまざまに取りざたされていますね。
その後に書いた中国系アメリカ人についての本の事実関係についてタイム誌に批判されたのが原因で鬱病になったとか。
中国系のネットではあちらに都合のよい説が出回っていて、それを書こうかと思って書きそびれているんですが。

  1. 2006/08/09(水) 19:32:54 |
  2. URL |
  3. 日評管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/5-0fffff23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。