日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「お互いを否定的に見ているアジア人」(1)


アメリカのワシントンに本拠を置くPEWという調査機関が、日本と中国などで実施した調査を発表しています。

アジアの大国の人々はお互いに否定的な見方をしている
中国の隣人は増大する軍事力を心配している


アジア諸国間の敵意

アジア主要国の人々の近隣諸国への見方には、あからさまな敵意ではないにしても、かなりの嫌悪がある。もっとも深い亀裂は伝統的なライバルの間にある。-およそ7割の日本人が中国に対して好意的でない見方を示し、同じ割合の中国人は日本人を嫌っている。(後略)


この表を見て興味深いのは、パキスタン人の69%が中国に好意的なのに、中国人の33パーセントしかパキスタン人に好意を持っておらず、42パーセントと非好意的な人の方が多いことです。パキスタン人が中国に対して好意的なのは緊密な政府間関係を反映しているんでしょう。で、生身の中国人のことはよく知らない(笑)。

さらに面白いのは、この4国の中で唯一中国だけが、この表で挙げられている国のうち自国以外のどこの国に対しても好意を持つ人が50パーセントを超えていないということです。好意が非好意を上回っているのはアメリカに対してだけで、それでも47%。



増大する中国の軍事力

中国の軍事力増強への不安は日本人のほぼすべてが持っている。同じ懸念は中国の隣国にもある。-ロシア人とインド人の大多数はその趨勢を脅威だと見ている。しかし中国人は非常に違った見方をしている。95パーセントがその軍事力増大をいいことだと言っている。


このような調査結果はまあ驚くほどのことでもないんですが。
それにしても、なぜPEWは日本の軍事力のことや憲法改正についてアジア諸国の人がどう感じているか調査しないんでしょうか。ほとんど「知らない」「関心がない」という結果になるかな? 特に東南アジアで人々が感じている脅威という点で中国と日本を比較してみれば面白いと思うんですけど。

そうすれば、たとえばニューヨークタイムズの社説が「日本がこのような変革(憲法改正のような)をしてはならないという理由はない。しかし歴史と隣国に真摯に向き合うことをしなければ、他のアジア諸国に悪く受け止められるだろう。」という場合の「アジア諸国」がどこを指すのか明らかになるかもしれません。



日本は第二次大戦中の軍事行動について十分に謝罪したか?

イエス・ノー・謝罪する必要がない

中国では日本への反感の多くは歴史に根ざしている。圧倒的に多くの中国人が日本はまだその軍事的過去の償いをしていないと考えている。中国人の8割が日本は1930年代と1940年代の軍事行動について十分な謝罪をしていないと考えている。

そして退任する日本の首相の小泉純一郎が、第二次大戦のA級戦犯を含む日本の戦死者を祀る、物議をかもす靖国神社を繰り返し参拝したことは中国で非常に否定的に見られている。


ちょっと驚いたのは、日本は十分に謝罪していないと考える人の割合が日本で44パーセントもあって、十分だと考える人の割合を上回っていること。日本人て謙虚な人が多いんですね。

これなども東南アジアでも調査してみるとよかったです。第二次大戦中に日本に占領された国々ですから。「中国では日本への反感の多くは歴史に根ざしている。」というよりも正確には「歴史を題材にした反日教育に根ざしている」と言ったほうがいいことが明らかになったかもしれません。

今の状況を考えれば、中国でそのような調査をすればそのような結果が出ることは十分に予想されることです。予想できないのは東南アジア諸国でどのような結果が出るかということなんですが、今回のPEWの調査にそれは含まれていません。

ウィキペディアによればPEWは非党派的な“ファクトタンク”(シンクタンクのもじり)で、何の主張もしない組織だそうですが、調査項目や地域を見ると非常に意図的なものを感じます。ニューヨークタイムズの社説に沿うような結果が出ることが予想されることを調査してそのとおりの結果を出しています。

banner_04.gif


スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/10/05(木) 05:29:12|
  2. 日本外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<NY タイムズが古森氏に執筆依頼 | ホーム | 「アジアは日本を歓迎する」>>

コメント

いつも拝見させて頂いています。
大変勉強になりますです。

>日本は十分に謝罪していないと考える人の割合が日本で44パーセントもあって

まだ足りないんですかねえ・・・
  1. 2006/10/05(木) 09:07:53 |
  2. URL |
  3. かっぱやろう #-
  4. [ 編集]

興味深い調査結果ですね

管理人さんこんにちは。

ブログのテンプレートを変更なさったんですね。以前に増してスッキリとした見易い印象です。
投稿の不備は恐らく、私のPCが無線ネットワーク接続をしていることが原因(PCとモデムの間に距離があり、天候などでモロに影響を受けます)ですので、却って私なんぞのためにお気を遣わせたようで恐縮です。

さて、このPEWなる団体のアジアに於ける意識調査ですが、印パは兎も角、日中に関して言えば大凡誰しもが納得する結果ではないでしょうか。尤も、中国人の日本に対するネガティブな感情がこれほどとは、予想だにしませんでしたが(笑)。
個々の国別に覗いてみると、パキスタンの我が国に対する評価が意外に低調ですが、これは十数年前、「おしん」がアジア全域でブームになった際、とりわけ多数のパキスタン人が我が国に共感を抱き来訪した反動でしょうか。日本に来訪したはいいが、不法就労や文化の違いなどで厄介者扱いされて疎外感を抱き、結果、苦々しい想いで帰国したため日本にさほどの好感を持てなくなった。そう考えるのは、ちと穿ちすぎでしょうか。当時はフィリピン人も多数来日していましたが、彼らはさほど対日感情を悪化させていないことと比較すれば、楽天的で人懐っこい熱帯の気質とは異なり、荒野のイスラム教徒は我々が思っている以上に誇り高いのやも知れません。
そのパキスタンの不倶戴天の敵インドですが、ポジティブな対日感情は過半数を越えるものの、「こんなものか?」と云うのが正直な感想です。支那に次ぐ人口を擁し、また核保有国でもあるインドは、我が国にとって事実上の敵国である支那を牽制する上で、今後なくてはならぬパートナーとして重要性を高めてゆくでしょうが、未だ少なくないインドの民が我が国に不信感を抱いていると云うのは、決して楽観できる事態ではありません。カースト制度などの独特な風習や、国家よりも地域への帰属意識が強いなど、他国とは毛色の異なる性質を持つ国ですが、これまで日本は、「カレーとヨガの国」といった程度の認識しかなく、どちらかと云えば国の規模に比して粗略な扱いをしてきたように感じます。疎遠であったのが今一つ好感情が上がらぬ要因だとすれば、日本は少なくともロシアや韓国に対する配慮ぐらいはインドに向けて然るべきでしょう。最近、支那もインドへの接近を図っていると聞き及んでいますが、真の友好を求めてではないことは明らか。今後、中共が日米と対決する局面に陥った場合の、後背を脅かされぬための布石と看るべきが妥当なところではないでしょうか。日本も座視している訳にはゆきません、早急に関係の緊密化を図る方策を施さねば。インドが支那に懐柔される前に。
最後に支那ですが、幼稚にして老獪、開けっぴろげにして猜疑心が強固と云う矛盾する要素を併せ持つ彼らは、古来、一族郎党の者以外は徹底的に排斥する人間不信に立脚した世界観を構築してきました。この調査結果にも、その性悪説に基づいた傾向が如実に現れていますね。所詮は自身以外は敵と云う思想なのですから、群を抜いた日本への悪感情や、他国への辛辣な見方も驚くには値しません。ですが、現在の国際社会に於いて覇を競うもう一方の雄アメリカへの評価が甘いのには驚きました。支那では英語熱が盛んだと小耳に挟んだことがありますが、華美を好み豪奢を善しとする支那人のこと、警戒心を抱きつつも、物質文明を謳歌するアメリカに憧憬があるのやも知れません。何にせよ、我が国にとっては油断も隙もない禽獣には変わりありません。日本では安部総理が就任早々支那&南鮮への訪問を決定し、早くもネットユーザーの失望を買っておりますが、ゆめゆめ心を許し下手な言質をとられないよう心して相対すべきでしょう。

興に乗ったときの悪い癖で、つい調子づいて長々と駄文を書いてしまいました。お目汚しご容赦を。
  1. 2006/10/05(木) 14:50:13 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

聊か事実誤認がありました

生来そそっかしいもので、グラフを勘違いして眺め、記述した箇所があるので訂正します。
本文中では、中国の我が国に対する悪感情を、90%を越えるものと見誤り、「群を抜いた日本への悪感情や」と云う表現を用いましたが、過大であり、適当ではありませんでした。お詫びして訂正致します。
  1. 2006/10/05(木) 17:54:56 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

気になった点。

中国人が自国を好きな割合が95%というのは、各種アンケート調査の結果から、偽りの証言ではないかと思われます。

日本人の韓国に対する印象が思ったよりも良好(好印象が過半数)なのは意外でした。こちらは韓流ドラマ・アニメであちらはひたすら反日政治なので、バランスが非常に悪いですね。
WIN-WINじゃないですね。
  1. 2006/10/06(金) 16:29:21 |
  2. URL |
  3. あほうどり #UtuMx39U
  4. [ 編集]

笑鬼さん。
日本にいるイスラム教徒に、日本じゃ困ることが多いだろうと聞いたら、そうなんだよと言っていました。厳格なイスラム教徒なら豚料理に使った皿で食事をすることさえ嫌うそうですから。中国は国内にイスラム教徒が多いので、ちょっとした町なら必ず彼らのための料理店があります。
パキスタン人の日本に対する印象がよくないのは、日本がアメリカに追随しているというイメージのせいもあるのではないでしょうか。イラクやアフガニスタンでの戦争で、イスラム教徒の間では反米感情が高まっていますから。
中国への好感度が高いのも、中国はイラク戦争に距離をおいて派兵しなかったし、アメリカによく対抗しているというイメージが強いところから来るのではないかとも思います。

あほうどりさん。
日本人の対韓感情は昔はもっと悪かったように思いますね。特に韓流の前、ソウルオリンピックの前はもっと。
韓国人の日本人観は、例の上海人教授のそれをもっと極端にしたようなもので、彼らにとって日本はそれだけ大きな存在なんです。好きか嫌いかと聞かれれば、特に調査などでは嫌いだと答えますが、それだけでは割り切れない複雑なものがあると思いますよ。
  1. 2006/10/06(金) 22:23:54 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/42-ca68953f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。