日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国人教授の日本人観

上海へ初めて行ったのは十何年か前になります。大連から二泊三日の船旅でした。

甲板で中国人同士がしゃべっているなかで、彼らは声が大きいのでいやでも耳に入るのですが、耳についたのが「サポニン」という言葉でした。(「サッパンニン」とも聞こえます) サポニンとは何だろう、薬の名前かなと思っていたのですが、上海に着いてから誰かが教えてくれました。上海語で「日本人」という意味です。

周りの中国人は私を見て、おい日本人がいるぞと話していたのではありません。彼らは自分が日本人に出くわすとは想像もしていません。日本人だと言っても信じてくれないことが多いくらいですから。

当時の上海人の間では日本が話題の中心になっていたわけで、上海人の意識の中で日本人の占める位置が大きいことがうかがわれますが、中国の反日を英国人が評す中国の「ゴロツキ外人追い出し大行動 」でとりあげた上海人教授にも同じ傾向があります。

彼のブログに「中国人の致命的な二つの欠点」という記事があります。

当ブログのテーマに関するところは詳しく、あとははしょって要約します。

皆さんには、一行目を読んで目の前のパソコンを叩き潰さないよう、くれぐれもお願いしておきます。読み進んでいくと結構面白いですから。


中国人には優れた点が多い。勤勉、勇敢、善良、暇があればこの単語をずっと列挙していくことができる。それと同時に、中国人にはいくらかの欠点もある。人にはみな欠点があるものだから、本来これらはたいしたことではないが、以下の二つは致命的欠点だ。

第一の欠点は不真面目だということ。

飛行中の戦闘機のハッチが突然吹き飛んで操縦士が危うく命を落とすところだったが、それはバルブのネジを逆さまにつけていたためだった。中国の飛行機事故は主に人的要因による。それが証拠に、中国民航の人身事故で国際線は半分に過ぎず、他はすべて国内線で起きている。ある人は言う。国際線の飛行機は大きく、国内線は小さい。国際線の飛行機は新しく、国内線は古い。国際線の機長はベテランで、国内線は新米だ。私は違うと思う。本当の原因は国際線の人員は比較的真面目で、国内線はというと、どちらにせよ中国人、いい加減にできるところはいい加減にやる。

中国で広く出回っている話で、日本人は東海に不老不死の薬を求めた中国の童男童女の子孫だというのがある。私は日本文化は中国文化を真似たものだというのは信じる。日本人が中国人の子孫だというのは信じない。理由は簡単。“江山易改、本性難移”(川や山は改められるが、性格は改め難い)。このような不真面目な中国人が一つの小さな島に行けばこのように真面目に変わりうるだろうか?

私は日本人と一緒に食事をしたことがあり、授業を受けたことがあり、ヨーロッパを旅行したことがある。なぜだかわからないが、日本人は本能的に嫌いだ。しかし一方でまた、日本という民族に対して一種の敬意を持っている。

私は大学生のとき、英語の勉強のために国産の携帯用カセットプレーヤーをいくつも買った。どれもみな一二ヶ月すると同じ不具合が生じる。回転速度が遅くなるのだ。こんなとき私はいつも修理工に変身する。しかし、[ ここのところ、文字化けしていて読めないのですが、彼はソニーのウォークマンを買ったようです。alkman だけが見えています。=訳者注 ]一ヶ月目にうっかり外枠をへこませてしまった。時間がたつにつれて外観はますますみっともなくなり、最後は外枠が完全に壊れてしまった。それを十年使ったか八年使ったか記憶が定かでないが、その間は正常に作動していたことははっきり覚えている。

しばらく前、インターネットでこんな話を読んだ。:日本に留学している中国人の博士が、ヨーロッパで開かれた学術会議に参加した機会にイタリアを旅行した。途中、パスポートと金を盗まれてしまった。彼は日記にこのように書いている。:やっとのことで日本総領事館を見つけた。今日は日曜で職員はいない。私は総領事館の前の石段に長い間座っていた。偶然用足しに来た職員に出くわせばいいと思っていた。日本人は一般に事を為すのに非常に真面目で、一人つかまえたら必ず満足な対応をしてくれると信じていた。

自分の同胞を信じない理由はない。

周知のように、第二次大戦を反省する上で、ドイツ人は日本人よりもずっとよい。これは当然、まずドイツ人という民族と日本人の相違に関係しているが、しかし、被害国の反応とも密接な関連がある。“君子が仇を討つのに十年かかっても晩くない”しかし、中国人は失敗したときに面子を保つのに言い訳をする。イスラエル人は本当にやりとおす。

1957年、イスラエルの情報機関モサドは、元ナチス親衛隊将官アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているという情報をつかんだ。イスラエルは6人の特殊工作員を派遣して、彼を拉致し、計略を用いてイスラエルに身柄を移し、絞首刑に処した。

われわれの政府は日本の戦犯を捕らえるために何人を派遣したか?

アメリカ人は息子に諭して言う。もし好かれたかったら人に微笑め、尊敬されたかったら鼻先に一発食らわせろ。


当ブログの読者なら感じておられるでしょう。この上海人教授の日本人観は 香港人がこじ開けた日本人の脳(1)(2) の本の著者李察氏とよく似ています。

banner_04.gif


スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/27(水) 20:40:58|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<中国の利益になるよう行動するニューヨークタイムズ | ホーム | 古森氏の抗議、クレモンス氏の再反論>>

コメント

はじめまして

 突然コメントを書き込みましてお許しください。いろいろ読ませていただきましたが、本当に勉強になります。ありがたいです。このところ英語読むのが凄く辛くなってまして、恥ずかしいかぎりで助かります。

 私も中国人の友人(インテリ)がいますが、いろいろ面白い話を知的冒険のようにしております。このところの不動産価格の混乱??でかなりマイっているようで(笑)このいい加減という話にはついつい吹き出してしまいました。
 満州(ハルピン)であっても、あちらの銀行員の対応と日本のど田舎の信用金庫でも雲泥の差がありますからね。

 拙、浦安タウンのオモシロ経済学というお笑い系の経済ブログを主催しております。勝手にリンクさせていただきました。お許しください。
 また、恐縮ですが、私のような不真面目なブログであっても、相互リンクいただければ多謝です。よろしくお願いします。(無理かなぁ~)
  1. 2006/09/28(木) 18:05:23 |
  2. URL |
  3. SAKAKI #-
  4. [ 編集]

支離滅裂な文章に脱力

管理人さん、こんにちは。

引用された記事の一行目に目を通し、PCをあやうく叩き潰すところでした(笑)。

>勤勉、勇敢、善良

・・・まあ支那人にとって、金銭を獲得しようと不断の努力をすることを“勤勉”と云うのならば、そうなんでしょう。金銭を掴み取るため蛮勇を振るうのを“勇敢”と云うならば、そうかも知れない。品性を欠く単純さを“善良”と云って憚らぬところも、かの民族のなせる業でしょうか(苦笑)。
そして本分部分なんですが、論旨が明瞭でない。支那人はいい加減だと云うのを例を挙げて説明。その後、日本人が支那人とは本質的に別個の気質を持つと述べ、日本人や日本製品の生真面目&確かさを認め、脈絡もなく?%
  1. 2006/09/28(木) 20:49:44 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

お見苦しい点、失礼致しました

当方のPCの送信状況が芳しくなく、途中で切れた送信がなされてしまいました。ご容赦を。

(承前)
脈絡もなく敗戦後のドイツの姿勢を褒めたかと思ったら、挙句には、イスラエルのナチス戦犯への対処を引き合いに出して、支那も日本にそうするべきだと仄めかす。
・・・結局のところ何が言いたいんでしょうか、この先生は?
恐らくは、初志貫徹して目的(この場合は復讐)を達成せよ、との主張だとは思うのですが、自信がありません(笑)。
やはり支那人は、異質過ぎて私の理解を超越するようです。

SAKAKIさんからの相互リンクの申し入れがあるようですが、実は私も別HNで幾度か書き込みをしたことがあります。経済的な観点から、ユニークな国際情勢の分析などをなさる語り口は中々のもので、私も大いに勉強させて貰ったブログですよ。
  1. 2006/09/28(木) 21:09:53 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

SAKAKIさん、お褒めにあずかりありがとうございます。

中国に銀行員の対応には私も怒り心頭に発したことがあります。いくら怒ってもあちらはどこ吹く風で、逆効果になることはわかっているのですが、抑えられませんでした。あの横柄な官僚的対応は銀行業界が自由競争にならなければ改まらないでしょうね。

浦安タウンのオモシロ経済学 、拝見しました。読み応えがあります。私などはほとんど人の文章からの引用ですが、自分で説得力のある長文をものされる方は尊敬します。笑鬼さんからの推薦があることでもあり、相互リンクとさせてください。このブログの場合は、リンクの文字が小さすぎてポインタの狙いを定めるのにも苦労するほどなのが問題なのですが。初心者なもので、リストから選択したテンプレートがそうなっていたもので。

笑鬼さん、コメント欄の具合が相変わらず悪くて迷惑をおかけしています。
冗談に付き合っていただいてありがたいです(笑)

あの記事には確かに意味不明なところがあります。国際線の飛行機事故が半分に“過ぎない”って、それなら別に普通なんじゃないか、それが異常だといえるのは国際線の便数が国内線に比べて圧倒的に多い場合だけなんですが、そういうことは書いてないんですよね。
  1. 2006/09/29(金) 02:08:33 |
  2. URL |
  3. nippyo #-
  4. [ 編集]

どうもありがとうございます。


感激です。これかも訪問させていただきます。
銀行員=国営企業=公務員ですからね。こちら両替時だったのですが、通訳の女性が、中国語になると態度も表情も豹変するんですよ(笑)おまえ二重人格かぁ?って。それでもかなり待たされるんですね。
 これからもよろしくお願いします。

笑鬼さんへ
 拙お笑い?ブログにご訪問されておられました??ありがとうございますというかすいませんというか・・また・・よろしくお願いします。

ここだけの話ですが、最近ネタ不足で・・
  1. 2006/09/29(金) 09:51:42 |
  2. URL |
  3. SAKAKI #-
  4. [ 編集]

勝手な分析

>中国人には優れた点が多い。勤勉、勇敢、善良、
>私は日本文化は中国文化を真似たものだというのは信じる。
>私は日本人と一緒に食事をしたことがあり、授業を受けたことがあり、ヨーロッパを旅行したことがある。
>なぜだかわからないが、日本人は本能的に嫌いだ。
>われわれの政府は日本の戦犯を捕らえるために何人を派遣したか?

本能的に日本人が嫌いでここまで日本に深入りしている人をあまり知らないので、この方は、実際には大変な親日家ではないかと思います。
私の中国人の友人は日本の芸能人が大好きな非常な親日家ですが、ネット上では日本人の事を「倭人」と書くように気をつけているそうです。
例えば「倭人が描いたあの○○っていう漫画、読みたいんだけど持ってるぅ?」という風に。わざとらしいし、嘘がばれるので止めろと忠告しています。
中国国内の反日世論に配慮しつつ、日本のよさもさりげなくアピールし、なおかつ「俺って媚日じゃないぜ」とダメ押しする、典型的な新思考派だと思いました。
  1. 2006/10/03(火) 18:30:28 |
  2. URL |
  3. あほうどり #oBez2kK2
  4. [ 編集]

この人は名前と顔を公表していることでもありますしね。
好きにしろ嫌いにしろ、この人にとって日本とは気になって仕方がないとても大きな存在なんだと思います。
この人の日本観が李察さんと似ていると書きましたが、考えてみると、「反日世論の軌道修正を図る中国」で書いたような中国政府の方針とも共通するところがあるような気がします。つまり、日本の「軍国主義」は徹底的に攻撃するが、現代日本のいいところは認めようという。
この記事は最初「世界を見る」という雑誌(?)に掲載されてから4誌に転載されています。やはり政府の覚えがめでたいからこそのことだと思います。
  1. 2006/10/05(木) 06:44:38 |
  2. URL |
  3. nippyo #-
  4. [ 編集]

いずれ 中国と日本 もう一回戦争しましょう!!!!
  1. 2007/12/28(金) 22:11:08 |
  2. URL |
  3. kaku #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/38-c5a6ff38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。