日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな写真載せる?ロシアの新聞

KiLL Time News さんより引用します。


関西の産経新聞夕刊に、思わずのけぞるような記事が載っていた。
日本では小さい扱いだった、先月16日夜に神戸で起こった馴染み客にロシア人ダンサーが刺殺された事件が、同日未明に起こった北海道根室沖の拿捕事件の「復讐」であると、ロシアで曲解報道されているというのだ。
ロシアのメディアはロクに取材せず、漁船銃撃で射殺された乗組員を怒った日本人が、復讐心からロシアンパブのダンサーを殺した後切腹した「神戸事件」を、漁船拿捕銃撃事件より大きく報道し、無意味に「サムライ」だの「ハラキリ」だのとセンセーショナルに煽り、一方的に騒いでいるらしい。
______________________
殺人:ダンサーを殺害 刺した男は重体 神戸

16日午後11時20分ごろ、神戸市中央区下山手通1の雑居ビル2階のキャバレー「ナイトレストラン ACADEMY」から「女の子が刺された。刺した男も自分を刺した」と110番通報があった。女性は病院に運ばれたが、間もなく死亡し、男は意識不明の重体。兵庫県警生田署は殺人事件として捜査している。

調べでは、客の同区内の男(47)が、自分を接客中の同店従業員でロシア国籍のダンサー、シェリェパノバ・アナスターシャさん(22)の左胸と右首を刃渡り約20センチのサバイバルナイフで刺し、その後、自分の左胸や腹などを刺したという。

男は常連客で、アナスターシャさんを指名していたらしい。アナスターシャさんは友人に「最近、男に言い寄られ困っている」と話していたという。【竹内紀臣】

毎日新聞 2006年8月17日 10時14分 (最終更新時間 8月17日 12時30分)


センセーショナルに煽っているロシアの報道を探してみたんですが、見つけられませんでした。が、そのことに触れたロシアの新聞はありました。8月22日付のセントペテルスブルクタイムズより。


一部のロシアのメディアははじめその襲撃を、ロシア国境警備隊が今月初めロシア領海で不法操業中の日本の漁師を誤って殺したことへの復讐か敵討ちとみなした。日本の警察はまだ二つの事件を関連付けてはいない。


それよりもあれなのはモスニュース

記事のほうは事実関係を述べているだけなので訳しませんが、写真がナニです。




どこかからファイル画像を引っ張ってきただけなんでしょうけど、こんな事件と無関係の写真載せるかなあ。

banner_04.gif


スポンサーサイト
  1. 2006/09/19(火) 23:54:26|
  2. 日本外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<安倍晋三がタカ派? | ホーム | 安倍晋三と胡錦濤、どちらが努力すべき>>

コメント

初めまして☆
勝手にリンクをさせて頂いている、
KiLL Time News の ramiと申します
このたびは、引用の通知をありがとうございます。
ところで・・・
私が読んだ産経の記事ですが、
小さい扱いではなく、
元「外務省のラスプーチン」こと、
佐藤さんのコメント入りの詳しいものだったというのに、
産経系のHPのどこにも載っていませんでした。

でも、
「中国反日情報」さんで、取り上げられていましたので、ご参考にされてください。
中露のマスコミは、この反日ネタで盛り上がっていたようです。

ttp://hannichi.seesaa.net/article/22788789.html
  1. 2006/09/21(木) 01:18:32 |
  2. URL |
  3. rami #Sb8w8s/6
  4. [ 編集]

イワンの蛮熊、面目躍如といったところでしょうか

管理人さんこんにちは。

特亜に加え、北東アジアに於いて強いプレゼンスを示す国家ロシアは、これまで比較的、親日的とされてきましたが、一向に解決を見ない北方領土などが災いし、日本からの投資が思うように呼び込めないことに業を煮やしたのでしょうか、プーチンも特亜3国に加担して反日の機運を高めるつもりなのかも知れません。「脅せばどうとでもなる国」、我が国がそう捉えられてるのだとしたら、それは大きな代償を伴う過ちであることを、あの恥知らずな熊どもに思い知らせねばなりますまい。
ソビエト崩壊後のロシアは、それまでの共産主義から資本主義に移行する過程に於いて、経済は混乱の極みにあり、また各地で自主独立を唱えるマイノリティの騒擾に悩まされてきましたが、ここにきて漸く原油の急騰と、プーチンの強権的な準開発独裁体制が功を奏し、経済も持ち直し自信を深めていると聞いています。
ロシア人の性質を語るには、私がNHKの番組で聞いた、とある国の学者がいみじくも評した言葉に集約されているのではないでしょうか。
「ソビエトと国境を接する国で、ロシア人に好意を寄せる者は皆無だ」と。
国境を接する国は、印パ然り、嘗ての独仏然り、往々にして犬猿の仲であるケースが多いのですが、ロシアの場合、単純に当て嵌めることが出来ぬ特異な例と言えるやも知れません。
ロシア人は大国意識が強く、理性的な判断よりも、持ち前の粗暴さで反対者を捻じ伏せることを常としてきた厄介な連中です。自身に非があるのを百も承知で、そのことに第三者から批判を受けると、ムキになって反発する困った性癖を持っています。北方領土の問題にしても、同じく領土問題の懸案を抱える支那・朝鮮は、極めて荒唐無稽ながら自身の正当性を主張する論拠も示しますが、ロシアの場合はそれすらしない。ネット空間では、よく中国の横暴さ表現する言葉として“ジャイアニズム”などと揶揄の対象になっていますが、真のジャイアニズムは寧ろ、ロシアの方が相応しい。欧州系の人種でありながら、上記の理由などにより欧州の他の国々からは忌み嫌われていて、ヨーロッパでも露骨なロシア外しの傾向が顕著ですが、むべなるかな、と云ったところでしょうか。
我が国に対してロシアが好意的だったのは、単に「日本を知らなかった」だけなのでしょう。世界第二位の経済大国にして、先進的な科学技術を有する国。その程度の認識でしかなかった故に、“好意的”であり得ましたが、徐々に国際情勢が明らかになるにつれ、日本を巡る周辺諸国との関係が険悪であるのを知り、一向に改善しない両国関係も手伝って、勢い、特亜の日本叩きに便乗する腹積もりをしているのではないでしょうか。先般の漁船発砲事件では、日本側に死者も出たせいもあり両国関係の一層の冷え込みは不可避となった。ならば、日本で起きた痴情の縺れによる殺人事件を、無理やり「日本側の報復」として扱うことで、警備当局が犯した過剰反応を帳消しにすると共に、日本叩きの恰好の口実とする。底の浅い粗暴な熊の思惑としては、大方そんなところではないかと思っています。
日本側としては、この先予想されるロシアの悪辣な締め付けには毅然とした態度で臨み、ハッキリと目に見える形での制裁によって、奴らの経済に打撃を与えるべきと愚考します。どう云う訳かは知りませんが、何故だか小さな島国でしかない日本は、戦争にせよスポーツ競技にせよ、巨熊ロシアと対決する場面に於いては不思議と分がいい。これも「韓国に関わると運が逃げてゆく」と云うジンクスと同様の、一種の“法則”なんでしょうか。
「暴れる熊にはご褒美はあげない」態度を明確に示すことで、おあずけを喰らった熊は、頭を抱える抱えることになるでしょう(笑)。
  1. 2006/09/21(木) 16:14:59 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

ramiさん、お世話になりました。
そんなブログがあるとは知りませんでした。面白そうです。

笑鬼さん。
私もロシアには経済制裁すべきだと思います。あのあたりで取れた海産物は日本は一切買わないようにすればいいと思いますね。そうすれば地域の住民には打撃になるはずだし、人を殺しておいて事故だったととぼけることはできなくなるでしょう。領土返還も少しは真剣に考えるようになるんじゃないでしょうか。
  1. 2006/09/22(金) 14:37:21 |
  2. URL |
  3. nippyo #-
  4. [ 編集]

ロシアもアメリカ中国韓国を見習って日本には圧力をかければよいと思ったのでしょう。
弱く旨みのある者は狙われる。
イジメと一緒ですね。
やはり、跳ね返せる力をもたなければこの状態は終わらないでしょうね。
アメリカの圧力はともかく、中国ロシア韓国の圧力を跳ね返し、反日的な行動はマイナスにしかならないと解らせなければいけないと思います。
その上でよい関係を築ければやがてアメリカの圧力も遠ざけることができるでしょう。

  1. 2006/09/25(月) 15:09:45 |
  2. URL |
  3. 見 #-
  4. [ 編集]

http://plaza.rakuten.co.jp/nhatnhan/diary/200609050000/

中国で、この記事を引用したのか、日本人がロシア人に報復というものが出ていました。
やれやれ・・・・。
  1. 2006/09/27(水) 14:42:35 |
  2. URL |
  3. nhatnhan625 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/33-50e1d885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。