日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

反中新聞「大紀元」は信用できないか?

というわけで、毛沢東の意図と日本軍の意図 の続きです。


Sonagi Said:
helical said:
真偽はともかく、東アジアを支配下に収めたときに帝国日本が構想していたのは、少なくとも世界に向けて宣言していたのは、いわゆる共栄圏だ。おそらく彼らは自分自身のために行動していたのだろう。しかし、それを“邪悪な意図”と決め付けることは、毛や金正日を邪悪な意図を持っていたとすることと同じだ。彼らは自分の行為が人々を苦しめることがわかっていたはずだから。

おお、なんと、helical、君はイラク駐留米軍のスポークスマンとして履歴書を提出すべきだ。歴史上いかなる国も他国の土地を住民のためになるようにと侵略、占領、植民地化したことはない。征服は常に利己的な目的のために行われる。常に。常に。常に。常に、アフリカ、アジア、アメリカ大陸のヨーロッパ植民地もそう、アメリカによるフィリピン植民地化もそう、日本の東アジア植民地化もそう。侵略と征服は朝鮮と中国の(歴史上の)協定や、日本と韓国の米軍駐留のような軍事同盟とは違う。韓国と日本の民主的に選出された政府は米軍駐留を認めることで自己利益を実現し、アメリカ政府は駐留を維持することで自己利益を実現している。

それを“邪悪な意図”と決め付けることは、毛や金正日を邪悪な意図を持っていたとすることと同じだ。彼らは自分の行為が人々を苦しめることがわかっていたはずだから。

毛と金正日を比べるな。毛は衰退する王朝の下に生まれ、自国が外国租界に分割されるのを目撃し、日本の植民者と腐敗した国民党政府と戦った。彼は北京大学図書館員としての快適な職を捨てて20年間を国府軍との戦いですごした。その間二番目の妻と多くの同志を失った。

社会主義は今はほとんど信用されなくなったが、100年前、多くの国々の人々には非常に魅力的に映った。その時代、世界のほとんどの人は明日の食い扶持を心配し、労働組合はまだなく、少数の金持ちが結託して物価を人為的に高騰させていた。ロシア、中国キューバその他の国々は共産主義革命後、特に識字率と医療衛生面で初歩的な進歩を果たした。しかし絶対権力は絶対に腐敗する。これらの政権はみな堕落した。

毛がもし50年代後半までに死ぬかやめるかしていたら偉大な政治家として崇拝されていたと言われている。彼の晩年の過ち---大躍進と文化大革命---は権力にしがみつくというエゴイスティックな欲求からきている。

金正日はロシアに生まれ、全能の独裁者の息子として育った。彼は権力を受け継ぎ、世界で最も弾圧的な政権としての評価を確立した。彼はゲリラ戦士として年月を過ごしたことはなく、新政府を樹立してもいない。

Sonagi Said:
しかし誰が言ったとしても、発言はそれ自体で評価されるべきだと思う。

いや、違う。情報源を利用するときは信頼性は非常に重要だ。

日本とアメリカに貿易摩擦があったとしよう。真実はどこにあるか? 私はアメリカ、日本そして第三国の新聞を読んでアメリカ、日本そしてもっと中立的な観点を得ようとするだろう。そうして私は自分の意見を形成する。

もしカナダ人が日本と韓国の間にある二つの岩礁について朝鮮日報を引き合いに出したらどうする。

あなたの書き込みより前に、普通の肉や海鮮を舶来料理だと偽って客をだましたレストランについての記事をエポックタイムズ[大紀元]で読んだ。調理法が不衛生なのはよくあることだ。食品産業における不衛生な慣行はCCTV[中国中央電視台]の質量報告(クオリティリポート)という番組でよく見ているので、この話を信じないわけではない。

あなたが引用した記事は社説で、純粋な意見の部分であり事実はない。もし国際的に敬意をはらわれているBBCのようなメディアがそんな見方を表したのなら尊重するが、エポックタイムズは尊重しない。

つまりPonta、情報源が社説である場合、情報源の信頼性はとてもとても重要だ。もし記事が事実と調査を引用しているならば、信頼性はやはり大事だ。状況のなかから恣意的にことを取り出して嘘をついたり事実を歪曲するメディアがなかにはあるから。エポックタイムズが書いたレストランの話が信用できるのは、共産党の代弁機関であるCCTVが同じ報道をしたからだ。

ユン チャンの本は読んでいないが、彼女の最初の本ワイルド・スワン―Wild swansは読んだ。毛についての新しい本を読もうと思う。私が読んだアメリカとイギリスのメディアが見るところによると、情報源の質にときに疑問符がつく。毛の生涯はその政治指導を称賛するのであれ批判するのであれ活発に議論する価値がある。全般的にいえば、私は毛の支持者ではないし、中国人は彼を尊敬しすぎだと思うが、彼らがそのような見方をする理由はわかる。

日本の“大東亜共栄圏”については、日本は自己利益のために行動したのではないという主張は議論する価値もない。すでに述べたように、歴史上いかなる国も慈悲深い意図から他国を征服したことはないからだ。征服は常により多くの土地と奴隷と地下資源と緩衝地帯を得るために、もしくは単に権力を伸長させるためになされてきた。

Sonagi Said:
靖国が日本と戦った外国兵士も祀っていると知って驚いた。これは立派ですばらしいことだと思う。外国人のための一画が塀で囲われていて近づけないのはよくない。もしそが外国人訪問者のために開放されれば外国の批判をかわせるだろう。ともかく、どれだけの国が外国の死者に敬意をはらっているだろうか。

ponta Said:
Sonagi
ありがとう。

いや、違う。情報源を利用するときは信頼性は非常に重要だ。

確かに。事実についての記事を引用するときは信頼性が大事だ。私が引用したのはあなたが指摘したように意見だ。それは簡単な議論だ:
(1)もし小泉純一郎首相の靖国参拝が間違っているなら、
(2)中国共産党は犯罪者で、犯罪を犯し続けている。共産党は第二次大戦中に日本軍が殺したよりも多くの中国人を殺した。その犯罪はさらに悪質だ。
(3)もし中国人が真に自分の国を愛するなら、もし中国人が自国を愛しているなら、まず共産党が犯した罪を認め、この戦犯による支配を終わらせ、中国を解放すべきだ。

あなたは情報源がエポックタイムズだから(2)は信用できないゆえにその議論は無効だ、ゆえにエポックタイムズを選ぶのはよくないと言っているようだ。

私の意見では誰が言ったとしても(2)は真実だ。ジョージFウィルもユンチャンもRummelも同意見だ。

しかしあなたは私よりも中国のことを遥かによく知っていると思う。私はもっと中国のことを勉強しなければならない。

靖国が日本と戦った外国兵士も祀っていると知って驚いた。

そして靖国は太平洋戦争の前に刑務所で死んだ者、絞首刑になったものを祀っている。神道という宗教にとって大事なのは、死者とは畏れられるべきものであり、もし鎮められなだめられなければ、この世に危険や災厄をもたらすもので、もし清められれば人々を助けるものだということだ。だから平将門のような反逆者が神道神社で祀られるのだ。そして靖国のホームページによれば靖国は古代からの信仰の上に築かれた。

歴史上いかなる国も他国の土地を住民のためになるようにと侵略、占領、植民地化したことはない。征服は常に利己的な目的のために行われる。

同意する。そして国家の指導者が殺人を名目として国を治めることはまれで、常に国民の利益を名目として治める。それでも金正日(一部の著作者によれば毛も)のような指導者は国民を飢えさせ弾圧する。それは国民を殺すのと同じくらい悪質な犯罪だ。

あなたと議論できて楽しかったです。このブログについて知っていることをもっと教えてください。お願いします。ありがとう。


いやあ、人格者ですねえ、pontaさん。反論すべきところはきっちり反論していながら相手を思いやる心も忘れない。ある意味で典型的な日本人です。

Sonagiさんは中国人の線が濃厚ですね。CCTVを見ていることもそうですが、議論の進め方が中国人らしい。それになんだかんだを言い訳をしながら毛沢東を守りぬこうとするところがいかにもです。今の世界でそんな無謀なことを試みるのは中国人と一部の日本人くらいでしょうから。

私もSonagiさんに反論してみようか知らん。pontaさんのようにはとても行きませんが。


なるほど!と思った方、ふ~んそう?と思った方も
こちらに一票よろしくお願いします。       → banner_04.gif

スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/08/25(金) 23:51:45|
  2. 日本外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国人?Sonagi 氏へ反論 | ホーム | 毛沢東の意図と日本軍の意図>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/20-36955e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。