日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毛沢東の意図と日本軍の意図

靖国神社と南部連邦旗 からの続きです。


そして、生前に何をなしたかよりも、死者は死者であるがゆえに崇められる。
Sonagi Said:
うーん、必ずしもそうとは言えない。靖国本殿に祀られている死者はみな天皇に仕えて死んだ人だ。知る人は少ないが、内戦において敗者の側で死んだ日本人と、日本との戦いで死んだ外国人兵士のための一画が裏手にある。この一画は何者かに破壊される恐れがあるので塀で囲われており、部外者は近づけない。

靖国が問題だとは思わないが、隣接の博物館に問題がある。

ところでponta、エポックタイムズは法輪功の一機関だ。それは中国に対する言論の武器で、客観性をはじめから放棄している。私は中国共産党の支持者ではないが、エポックタイムズを情報源にしようとは思わない。日本の占領時よりも多くの中国人が大躍進中に死んだが、毛沢東は害をなそうと意図したのではなく、自分の政策が大飢饉をもたらすと想像したわけでもない。日本の帝国政府は善意から中国を侵略したのではないし、都市を空襲すれば民間の死者が出ることはわかっていた。その上、戦争とは残酷なもので、まっとうな人間でも軍服を着れば無慈悲な殺人鬼に変貌しうる。飢饉による死と軍民の戦争犠牲者に対する責任を比較するのは不合理だ。

ponta Said:
ありがとう、Sonagi
私は神道一般について述べている。

死後魂はこの土地に永遠にとどまる。yasukuni

家族に見守られて安らかに満ち足りて死んだものは崇められる先祖になるが、誰もがこのような死に方をするのではない。カミの世話をする家族なくして死んだ者は餓鬼(中国から導入された概念)になってさまよい、災難をもたらす。非業の死を遂げた者、不幸な人生を送った者は他者への危険や災難の元になる。これらの魂を鎮めるために事がなされる。shinto

隣接の博物館に問題がある。

同意する。博物館は展示を改めてより広い視野を示す必要がある。特に、腐敗した政治状況の中で日本軍が文民統制の埒外になったこと、明治憲法がそれを許したことを述べるべきだと思う。言うまでもなく、被害者側の話にも触れる必要がある。それは神道に反しない。

エポックタイムズは法輪功の一機関だ。

知っている。しかし誰が言ったとしても、発言はそれ自体で評価されるべきだと思う。

毛沢東は害をなそうと意図したのではなく、自分の政策が大飢饉をもたらすと想像したわけでもない。

私は毛に偏見を抱いているかもしれない。私の毛に対する印象は完全にこの本 マオ―誰も知らなかった毛沢東 上から来ている。そしてRummelに同意する。

たとえば、金正日は害をなそうと意図したのではなく、自分の政策が大飢饉をもたらすとは想像しなかっただろうが、人を殺したと同じように責任を問われるべきだと思う。

helical Said:
Sonagi、
善意の定義とは厄介なものだ。
ある国が他国を悲嘆と苦痛を与えるためだけに侵略することはまれだと思う(歴史上懲罰的戦争は数限りないが)。真偽はともかく、東アジアを支配下に収めたときに帝国日本が構想していたのは、少なくとも世界に向けて宣言していたのは、いわゆる共栄圏だ。おそらく彼らは自分自身のために行動していたのだろう。しかし、それを“邪悪な意図”と決め付けることは、毛や金正日を邪悪な意図を持っていたとすることと同じだ。彼らは自分の行為が人々を苦しめることがわかっていたはずだから。

randomcow Said:
彼[ワシントンポストの記事の執筆者=訳者注]の結論には賛成できない。彼の言う“左翼イデオロギー”を正しく理解すれば、日本にも同じイデオロギーがある。しかし、被害者意識を訴えることなくそれを克服した。歴史を通じて今日まで、戦争やサッカーでの敗北に対する反応が日本と朝鮮ではまったく違うことがわかる。朝鮮が左翼イデオロギーを持っているというのは真実ではない。しかしウィルさんの骨折りに10点。

tomato Said:
randomcowに同意。韓国人は左派大統領がいなくてもやはり反日だ。右からであれ左からであれ、それが韓国のナショナリズムのようだ。金大中の前の人..金なんとか、思い出せない..[金泳三=訳者注]彼は保守派だが反日だった。(日本語は非常にうまかったが)


なるほど!と思った方、ふ~んそう?と思った方も
こちらに一票よろしくお願いします。       → banner_04.gif



スポンサーサイト
  1. 2006/08/24(木) 13:02:40|
  2. 日本外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<反中新聞「大紀元」は信用できないか? | ホーム | 靖国神社と南部連邦旗>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/19-f449fe28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。