日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「輸入禁止は解除された」ソニー対LG

ソニー対LG特許紛争、「ガーディアン」続報です。

ソニー対LG 輸入禁止は解除された

オランダの裁判所はプレイステーション3の全ヨーロッパへの配送を再開できると判決し、LGは裁判費用を払うことになる―しかし特許訴訟は続く

オランダの裁判所がソニーの訴えを認めた判決を出したので、オランダの倉庫に積まれていた30万台以上のプレイステーション3は全ヨーロッパに配送できるようになった。

2月に韓国の電機メーカーLGはソニーに対する差し止め命令を勝ち取り、オランダの税関がPS3の出荷を禁ずることにつながった。

それは、PS3のブルーレイドライブの製造でソニーが特許を侵害しているとしてLGが始めた訴訟から来ている。一方ソニーは、LGがスマートフォンの製造で自社の特許を侵害しているとして訴えている。

LGは13万ユーロの訴訟費用を払わなければならなくなったようだ。おくれればその金額はさらに大きくなるだろう。しかし、差し押さえ命令はハーグの裁判所によって解除されたものの、LGのソニーに対する特許侵害訴訟はそれに影響されず、引き続き進行する。

特許ニュースブログの FOSS Patent によれば、裁判の最初の審理は11月18日に予定されている。LGはこれまでに販売された、それに今後販売されるプレイステーション3の一台一台について特許料の支払いを求めている。

LGはソニーが販売するブルーレイ一台につき2.5ドル~2.55ドルの特許料の支払いを求めている。ソニーはすでに4700万台以上のPS3を売っており、ほかにもブルーレイ規格を搭載したソニー製品がある。

PS3と他のブルーレイ製品の販売をすべて合わせれば、ソニーは過去の侵害ですでに1億5千万~1億8千万ドルの特許料の支払い義務があり、将来の販売分を加えれば金額はさらに大きくなるとLGは推計している
FOSS Patent はさらに、ゼニスというアメリカに本拠を置くLGの子会社がデジタルテレビの特許をソニーに侵害されたとして起こしている訴訟のことも書いている。ソニーもまた、ジョージ ホッツというハッカーに対して、PS3の「ルートキー」を取得して配布することで海賊版ソフトが使えるようしていると訴え手裁判をおこしている。


読者の声です。
「勝利だ! とにかく。」
「PS3は4年も前に発売されているのになぜ今ごろになってこの問題が出てきたのかわからない。LGは前からわかっていたはずなのに、ただほうっておいたのか? 金欠になっているのか? それとも、最近になってもめだしたのはソニーが情報を漏らしたからなのか?」
「ハ! わかっていたさ! PS3はすべてを支配する!  もしこれが360だったらまだてこずっていただろうよ。 TEH CELL のパワーだけがこれをできる!!!!」
「よかった。もし裁判が不利になっても、ソニーは損害に耐えられる。
ソニーはスマートフォン特許でLGを訴えているんだから、こういうのはたいていやられたらやり返すというようなことなんだ。最後には特許交換の合意になるだろう。」

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/03/17(木) 15:40:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射能にまつわる心配 | ホーム | 地震関連の海外報道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/186-075cf004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。