日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あっと驚く新展開

【盗むんならモーリシャス、ジンバブエ、タンザニアあたりの曲を盗め。日本は近すぎる。下手するとすぐに見つかっちゃうぞ。】
http://v.youku.com/v_show/id_XMTY1MDg2MDYw.html

【盗作は中国では普通のことだ。音楽界、映画界、文学界、中国文化はみっともなくも盗作文化から成り立っている。なんと万博のような盛大なことでも盗作がある。日本人はみな腹を抱えて笑い転げている。】
http://v.youku.com/v_show/id_XMTY1MDg2MDYw.html

【万博に盗作館を新設し、世界に向けてわれわれのしっかりした盗作の基本技能を展示することを提案する。盗作館の構造は頑丈で、壁は厚くなければならない。盗作者たちの面の皮に対応して。】

このように、あちらの掲示板では「中国は世界に恥をさらした」というようなコメントであふれているわけですが、ユーチューブのコメント欄には、明らかに日本人とわかるような中国語と英語で中国人を悪罵嘲笑する書き込みをしている人がいて、これもけっこうな恥さらしになっています。

さて、「盗作者の面の皮」に関してですが、あっと驚く、しかし「これでこそ中国人」と思わずうなってしまうような新展開がありました。繆森氏側が北京東方二十一文化メディア有限公司 という会社名義で疑惑を否定する声明を発表したんです。


緑字は管理人による注釈です。

弊社音楽総監繆森氏が創作と制作した上海万博宣伝歌曲≪2010年は君を待っている≫が版権紛争にかかわった件についての正式な回答

繆森氏は弊社の音楽総監として今回万博宣伝歌曲≪2010年は君を待っている≫の創作と制作をし、争いになった。現在までのところ繆森氏が何の回答もしていないのは、国家の利益と大局のため、明らかでない事態に対して決然と個人の意見を発表しなかったためだ。しかるに、事件の当初からこの件に特に関心を持つ数名のネティズンが争議について非難し、境外(香港マカオを含む外国)の報道機関が憶測の報道をし、現在非常な速さで万博に参加する国が重視するまでにいたった。注目度が高まるにつれ、回答をしないことによってさまざまな争議が引き起こされ、境外の報道機関に偽りの報道が氾濫するようになった。意図的になされる誤った報道が公衆を誤った方向に導くのを避けるため、弊社は繆森氏の委託を受け、この件に向けられた疑いと誤った焦点の問題について公衆に向けて回答する。

まず、“ネティズン”が非難する“盗作”について

1、 これまでのところ、上海万博事務局が正式な回答をしたのは一回だけだ。すなわち、万博事務局副局長黄健之が18日、盗作と指摘された曲を暫時使用停止し、事件について調査すると発表したことだ。われわれは万博事務局の決定について十分理解し、かつ、このような盛大な博覧会を成功させることのできる主催者は、この問題を必ず公正円満に解決できると心から信じている。その後において、万博事務局、上海の曲の作曲者繆森氏、および日本の岡本真夜本人のいずれも、外部に盗作を認める、あるいは非難する声明を発表していない。現在、歌曲≪2010年は君を待っている≫の公式に認められた作曲署名者は依然として繆森であり、この事実を尊重し、主観的意見による確定的な決め付けをしないよう望む。

2、 繆森氏の以前の創作も盗作の痕跡があると指摘されたことに関しては、疑いがあると指摘された一部の曲(たとえば≪大雁帰≫)は、繆森は作曲者ではなく制作者であることを弊社は確認した。これらは別の職分である。よからぬたくらみをもつ人が落井下石(人の危急につけこんで打撃を与える)を続け、人の名誉を傷つけるならば、流言飛語を広める人に対して弊社は起訴の権利を保留する。

第二、日本の岡本真夜と万博事務局が交渉したと境外の報道機関が報じている件について、弊社は日本在住の文化著名人--孔健氏にこの件についての確認を依頼し、下記の記録を得た。

1、  事態の真の経過を全面的に理解するため、アジア経済開発機構の竹中正会長の調整手配により、弊社が委託した調査代表孔健氏は、4月19日恵比寿のホテルで日本音楽版権野口修会長ら4人とともに日本の著名歌手岡本真夜の事務所責任者と会い、問題の経過について会談を行った。日本側は中国側の立場を十分に理解し、曲の盗作争議を排除する共通認識に達した。

2、日本側の会談参加者によれば、岡本真夜女史は上海万博会の宣伝曲に盗作などの権利侵害があると話したことはなく、「世界が注目する上海万博に貢献できることを大変うれしく光栄に思う」という気持ちを表明しただけである。さきごろ上海万博事務局の要員がいちはやく岡本に連絡を取り、曲に関する使用の権利を得るサインをした。しかし、依然として、これらは確かに異なる別の曲であり、特に内容表現の上で、楽しい軽快な旋律で2010年上海万博を迎える感覚と岡本の曲には大きな違いがあると日本側は認識している。会談のとき、証人を務めた日本音楽会のベテラン--五木寛之ら作曲家の有名な音楽事務所社長野口修氏はさらに、上海の変貌ぶりを熱っぽく語り、まもなく開幕する上海万博を祝福した。

第三、 たくらみを持つ人が、最初の直感など基本的な芸術心理技巧などを利用し、似通った和声が向かう音楽を用いて公衆の判断を誤らせ、ある事件の一面的な報道を通じて報道機関が事件を見極める角度を誤らせ、事を荒立てることを防ぐため、弊社はここに、関連部局が著作権を持つ人の合法的な権利を守ると同時に、この種のたくらみを持って事件を引き起こす者を厳しく処分し、未来の知的所有権保障をさらに成熟したものにするよう呼びかける。
すべての友である報道機関の支持を感謝する。われわれは事件の経過を報道機関に継続して通知し、公衆がさらに多くの真実の情報をすばやく理解できるようにする。

報道機関専用の私書箱を特別に開設し、関連の問い合わせをお待ちしている。bjdongfang@21cn.com

2010年の上海万博の成功を祈る!

北京東方二十一文化メディア有限公司

2010年4月22日


アジア経済開発機構という団体は日本語検索では結果がなく、中国語で検索すると、孔健氏が理事長を務める「日中韓経済貿易促進協会」http://www.japanchinakorea.org/という組織のホームページの中に「主催団体」(主弁単位)として記載がありました。しかしそこからリンクが貼られていないので、どのような性格の団体かわかりません。

その会長を務めるという竹内正という人物、この名前では二人。一人は東京理科大学理工学部電気電子情報工学科教授
もう一人は元やくざ。
「五木寛之ら作曲家」というのは五木ひろしの間違いでしょう。彼は過去に野口プロモーション所属だったことがあります。

次は23日のサンスポから。

 だが、岡本さんの所属事務所は22日夜、サンケイスポーツの取材に「合意についても会談にしても、初めて聞いた話で答えようがありません。代理人を立てて話し合っていきますが、現状は楽曲の使用許可申請があった以降、何も進展はしていません。どうしてそんな報道が出たのか」と困惑する。

 所属レコード会社でも「全くの誤報です。何を根拠にそんな話が出たのが、うちも事務所もみんな戸惑っています」と中国側の報道を否定した。


とまあ、うそと詭弁で塗り固めたような声明であったようです。
彼らは、情報が日中間を瞬時に行き来するということに考えがいたらず、日本の事情に疎い中国人をこれでだませると踏んだんでしょうか。
いくら詭弁を弄しようと、二つの曲が成立した時期を知り、曲を聴き比べた人を誤魔化せるはずがないんですが。

中国国内の反応です。

【肝心な点を避けてその場限りの言い逃れ。こういう理由にもならない理由を考え出して彼らもご苦労なことで。】

【『日本側の会談参加者によれば、岡本真夜女史は上海万博の宣伝曲に盗作などの権利侵害があると話したことはなく、「世界が注目する上海万博に貢献できることを大変うれしく光栄に思う」という気持ちを表明しただけである。』
もし著作権を侵害していないのなら、岡本のこのような反応はおかしくないか??? すでに証拠は固まっているのに、まだ詭弁を弄する、この繆森は人間か??? 】

管理人も同じことを考えました。岡本さんは「2010~」が自分の曲だと認識しているからこそ、「光栄に思う」のであって。

【はは、もし楷書で書かれた文章と明朝体で書かれた文章がまったく同じに見えても、直感でまったく同じだと言っててはならない。なぜなら、あなたは書道を習ったことがないからだ。書道を習えば絶対に同じではないことがわかるだろう。】

【人民を馬鹿にしている。】

【鹿を指して馬と言うとはどういうことかがついにわかった! ああ哀しいかな! 我が堂々たる中華大国でこんなつまらないやつがのさばっている。 大衆を愚弄している! 国家を愚弄している!】

【たくらみを持つ者とは、あなたたちのように人を中傷する人のことだろう。問題はじきに解決する。国に災難の多いときなんだから、気力が残っているなら被災地区へ行って人助けしろ!】

【解決したって? 繆森は顔も出さずに、何も言わずに、何が解決だ? 】

【地位も名誉も失い、この糞会社はこのようにして自ら社会との関係を絶つ。】


これは百度掲示板の「なんとネットで声明・・・盗作を認めず」というスレッドの最初のコメントの8つです。取捨選択をしていません。中国人も馬鹿ではなかったということで。

最後にもうひとつ。

【『岡本真夜女史は上海万博の宣伝曲に盗作などの権利侵害があると話したことはなく、「世界が注目する上海万博に貢献できることを大変うれしく光栄に思う」という気持ちを表明しただけである。』
繆森は盗作をした。岡本真夜はお前の顔を立ててやったんだよ。それなのに胸糞悪くなるような人間のクズのお前は恥知らずにも、まだずるがしこく言いくるめようとしている。】


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2010/04/23(金) 23:25:14|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<五毛とは | ホーム | 死んでも誤りを認めないのは…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/170-a86bc782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。