日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

死んでも誤りを認めないのは…

「またか!」と誰もが思ったことでしょう。上海万博の宣伝曲が日本の岡本真夜の「そのままの君でいて」の剽窃だったという話。

もう皆さん聞き比べられたとは思いますが、一応貼っておきます。





この曲に関しては、ユーチューブに、「むしろマイケル・ジャクソンの I'll be there  に似ている」という日本語の書き込みがありました。実際に聞いてみました。確かに出だしのところはよく似ています。それだけ。問題の2曲のように最初から最後までそっくり同じというのとは違う。繆森さん(上海万博の宣伝曲の作曲者)もこの程度に収めておけば文句は出なかっただろうに。



その後、万博実行委が「事実上」盗作を認めて岡本側に正式に使用許可を求めたことでこの問題は決着したようです。

日本の掲示板などでは、「さすがは中国、度量が大きい。」というような感想が見られますが、それはちょっと違うんではないかと。
サンスポの記事にもこうあります。

「中国ではネット上でPRソングの作曲家、繆森氏に対する非難や、盗作を見抜けなかった万博当局への批判が多数寄せられており、問題が長引けば万博のイメージ低下とともに、当局批判を助長しかねないとみて、異例の対応を取ったとみられる。
 また、開幕まで時間がないうえ、疑惑の曲「2010等●(=にんべんに尓)来(2010年が君を待っている)」には香港の人気俳優、ジャッキー・チェン(56)や、中国のNBA選手、姚明=ヤオ・ミン=(29)ら多くのスターが参加していたことも早期解決を図る要因となったようだ。」

むしろ、こちらの書き込みのほうがしっくり来るような気がします。「万引きがばれて、『金を払えばいいんだろ』と後から開き直ったようなもの。」

実際、実行委ははっきりと盗作を認めたわけではありません。

4月19日現在、上海万博実行委の公式ページには岡本真夜との協議の記事はいっさいなく、「上海世博局は段階性普及歌曲≪2010が君を待っている≫の使用を暫時停止した。その作品は世博の主題歌ではない。」という17日の記事があるのみです。
(「世博」というのは万博のこと)
http://www.expo2010.cn/a/20100417/000018.htm

記事の中では、その理由らしきものとして、「世博局は作曲著作権に紛争があることに注意を払っている」などと言葉を濁しているだけです。
主題歌ではなく「段階性普及歌曲」(元の中文では「階段性推広歌曲」)であると言っていますが、「段階性」とはどういう意味なのか、永続的ではなく、暫定的なものに過ぎないと言いたいんでしょうか。なにか、今になってから曲の重要性を薄めようと苦しい言い訳をしているように見えるんですが。
3月30日の記事では、もちろん「階段性」なる字句は入っておらず、ただの「上海世博会推広歌曲」で、4月7日の記事では「上海世博会序曲」になっています。

「主題曲」と「序曲」と「階段性推広歌曲」、どこがどう違うんでしょうねえ。とにかく、ジャッキーチェンなどのスターやスポーツ選手などの大物を起用したビデオを作って大々的に宣伝していたことは事実です。


≪責任逃れその2≫
前掲の記事には次のようなくだりもあります。
「世博会歌曲募集に関する法律にのっとり、該当する作品の作詞者と作曲者は、作品がオリジナルであり第三者の権益を侵害しないことを上海世博局と協議承諾のうえ署名した。」

毒餃子事件の天洋食品を思い出しますねえ。
「われわれは被害者だ。」

この曲に決まったのは2004年だそうで、盗作の疑いがあるなどということはとうの昔にわかっていたんでしょうが、ばれなければいいと思っていたんでしょう。というよりは、中国の風土からしてこれほどの騒ぎになるとは予測できず、ばれても聞こえない振りをして押し通すつもりだったのかもしれません。


あちらのネットでの声を二三。

「中国音楽人全軍壊滅! 恥さらしだ! 今回は国際的に恥をかいて、全世界の笑いものになった。」
http://paper.wenweipo.com/2010/04/17/CH1004170025.htm

「共匪なんてこんなもの。」
(これはおそらく香港人のコメント)

「世博のおかげで岡本真夜という歌手を知ることができたことを感謝する。やはり上海世博は普通ではない。うん、岡本の歌はいい。」
http://tieba.baidu.com/f?kz=750803334

思わず「ヘヘッ」と声を出してしまったのがこれ。

「われわれは日本の曲を剽窃した。われわれが悪い。それは認める。われわれが悪いところは改めなければならない。死んでも自分の罪行を認めない小日本を見習ってはならない。」
http://tieba.baidu.com/f?kz=751754982


≪追記≫
その後、上海世博局の公式ページにはに日本語版があるのに気づきました。「使用暫時停止」の記事の日本語訳もあったのですが、いつの間にか見当たらなくなってしまいました。
その和訳では、「階段性」は「一時的」という訳になっていた様に思います。

思うに、上海世博局は今後は例の歌曲を一切使用せず、岡本さんが「光栄だ」と言っているのをこれ幸いに、責任も取らず、使用料も払わず、うやむやのうちに収めようとしているのではないかな。

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:上海シャンハイ - ジャンル:海外情報

  1. 2010/04/20(火) 10:20:01|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あっと驚く新展開 | ホーム | 日本で地震があったら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/169-81e33f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。