日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国人の思い込み

これは 荒木由美子が中国に(1)(2)対日世論の軌道修正を図る中国 の続きです。

いくら政府が音頭を取っても、そこはやはり中国のこと、日本人が持ち上げられることに反発する人にはこと欠きません。それとも、あんまり白々しい礼讃文に辟易したのかな、皮肉っぽい詩を書いている人がいます。
前掲の天一論壇から。


優雅な女性になりたければ、いくら苦しくとも悲劇の主人公を気取るな。
我々がまだ生きているなら、さりげなくさらりと生きろ!
涙では何も解決できない。パソコンの前で彼女のために心を痛めるよりも、
街へ出て自分の麗しい気持ちのためにきれいな服でも買ったほうがよほどいい。
自分の気持ちに正直になれ、自分を消耗させるほど人を愛するな。


スレ主の浪漫的心酸氏ももう一度書きます。
「年齢を重ねるほどに美しくなる女性は心の持ち方が良いに違いない。」
年の割りにきれいな人だという驚嘆の声は今回の荒木由美子の訪問先の上海でもあったと中国のニュースサイトは伝えています。

ほかの書き込みは、

「25年前私の家にはテレビがなかったウーウーウーウー」

「まじめに見れば、この女性は偉大だと思う。私にも彼女と同じような夢がある」

「当時の三口百恵[原文のまま]もそう。私は彼女の熱狂的ファンだった。」

「≪排球女将≫なんて知らないよ。」

「あなたはまだ小さい。知らなくて当たり前、無理もない。」

「現代女性が学ぶべき鏡だ!」

「≪排球女将≫の主題歌を聴けば熱き血潮がたぎる。」

最も考えさせられるのは如風如雨という人の一文です。


これを見てひとこと言わずにはいられない。
伝統的な日本女性の多くはこんな風だ。耐え忍ぶ能力のあることまるで忍者神鬼のようだ。私が一人異郷で子供を育てるのは容易ではないと感じているのに[この人は日本に住む中国人女性なんでしょう=訳者注]、彼女たちは二人三人と育てている。
日本の男性が朝早くから夜遅くまで働き、妻を助ける余裕がなく、祖父母も子育てを手伝う習慣がなく、ほとんど女性一人の手にかかっていることを考えれば、本当に敬服する。

昨日駅で一人の女性を見た。150センチくらいしかない小柄で、背中に大きな荷物を背負い、左手に小さな子供を抱き、右手に大きな袋を提げ、その上4歳くらいの女の子を連れている。その子はまだ満足に歩けず、母親の手を引いてむずかっている。
彼女の夫はといえば、身長180センチくらい、子供も荷物も自分には関係ないとばかり、ひとり手ぶらで歩いている。見ている私はあきれ返ってしまう。


仕事中毒の日本男性の多くが家庭を顧みない傾向があるのは確かに問題です。が、彼女が駅で見たような光景はそうしょっちゅう見られるものではありません。特殊な例はどこの国にでもあります。こんなめったにないような例外的な夫婦を取り上げて、あたかも普通の日本人であるかのような書き方で無知な中国人をだますのはいただけません。
これに限らず、どうも中国人の間には耐え忍ぶ古風な日本女性というステレオタイプが蔓延しているように見受けられます。
案の定、自分の中のイメージを再確認できて満足した中国人が書いています。
「以前の中国もこんな風だった。」


なるほど!と思った方、ふ~んそう?と思った方も
こちらに一票よろしくお願いします。      →banner_04.gif

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/08/16(水) 23:07:39|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<シミ付パンティ販売機 | ホーム | 反日世論の軌道修正を図る中国>>

コメント

儒教文化圏の女性たち

管理人さんこんにちは。
荒木由美子さんはどうやら、中国人から典型的な日本女性といったイメージで捉えられているようですね。典型的と云うのは、無論ステレオタイプといった意味です。一部、彼女を中国人と思い込んでる人もいるようですが。

中国を中心とした儒教文化圏にあった国々には、儒教は法にも等しい、時には法を超越する社会規範として、社会的身分の上下を問わず人々を律してきましたが、一様に浸透していったのではなく、国ごとの気質を内包した独自の形質に醸成されたものとなりました。例えば、支那・朝鮮が“孝”の徳目を重視していたのに対し、日本では“忠”の徳目がより勝ると考えられた。それが国民的気質として受け継%
  1. 2006/08/17(木) 21:44:15 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

儒教文化圏の女性たち

PCの調子が思わしくなく、再び送信が途中で途切れてしまいました。お見苦しい点ご容赦を。

(承前)
それが国民的気質として受け継がれた結果、特亜人は同族の団結心が強く、日本では時として自己犠牲を伴う公(おおやけ)へ殉じる精神が培われていきました。赤穂浪士や白虎隊、或いは神風特別攻撃隊は、公に殉ずる精神の極端な表出と言えましょう。
翻って女性の扱いも微妙に異なります。儒教文化圏では女性の地位は不当に低く抑えられてきました。一人の人間としてではなく男性の所有物としての捉えられ方だった。が、日本では概ね特亜ほど酷烈な境遇ではありませんでした。男尊女卑の気風が支配する時代から、女性にも社会の成員とし%
  1. 2006/08/17(木) 21:49:17 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

儒教文化圏の女性たち

再三のお見苦しい文章の断裂、申し訳ございません。もしや文字数制限を設定なさったのでしょうか?

(承前)
女性にも社会の成員として相応の発言権が与えられ、逆に社会への貢献が求められていたように感じます。これが支那などでは女性は完全なる男性の所有物であり、纏足によって自由を束縛され、性欲の吐け口となり、子供を産むための存在でした。飢饉が発生した場合には、非常用食料として真っ先に食われることも屡(しばしば)だった。逆に才覚と運次第では国政を壟断することもできたのが特亜の女性です。呂后、則天武后、西太后、いずれ劣らぬ烈女であり暴君です。頂点を極めるか地の底か、特亜人の女性は、その気性の激烈さが時折、取り沙汰されますが、報われるためには非情にならざるを得ない文化的背景が、根底にあるような気がしてなりません。
閑話休題。
すっかり話が脇道に逸れてしまいました。中共当局の対日感情の誘導は兎も角として、荒木由美子さんが支那人に与えた様々な感慨は興味深いものがあります。現代中国での女性の立場は、日本などと比較しても相対的に高いといいますが、これは一人っ子政策により、女性も家計の担い手として社会進出が進んだ結果、発言権が増したと云うことなのでしょうか。遠慮会釈なく言いたい放題の中国や韓国の女性を見ていると、特に想いを強くします。そうした中で、一人の日本女性の足跡が概ね好意的に受け取られたと云うのは、図らずも支那に於いて未だ女性の貞淑さが美徳として息づいていることが垣間見えた。尤も、多分に先入観のフィルターを通した感想でしょうが。
しかしながら、欧米人が抱いているステレオタイプの日本女性像が、支那に逆輸入され定着していると云うのは面白い現象ですね。
  1. 2006/08/17(木) 21:55:36 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

すみません

不愉快な思いをさせて申し訳ないです。文字数は制限していません。いまFC2にメールで問い合わせたところです。

中国政府が日本人のマイナスイメージを修正しようとして献身的な女性として取り上げたことを、その同じ延長線上に、男尊女卑社会の中で苦しむ日本女性という別のステレオタイプに当てはめたところに如風如雨さんの才覚がありますね。

アジア人がお互いを欧米人の目を通して見るという現象はよくあることだと思います。
アメリカの映画やテレビに日本が出てくると、流される音楽がどこか中国風だというのはよくあることですが、なんと、中国のテレビで日本を取り上げたときに流れている音楽がやはり中国風だったのには驚きました。
東南アジアの漫画などで日本人を描くときは吊り上った細い目になっていることが多いですが、日本でも中国人や東南アジア人を表現するときにも同じような現象が見られます。
  1. 2006/08/18(金) 17:51:33 |
  2. URL |
  3. 日評管理人 #-
  4. [ 編集]

笑鬼さんへ

FC2より返信がありました。
かなりの分量のテストコメントがあり、それが管理ページでは読めているので文字数が問題なのではないようです。あとは詳細が判然としないということなんですが。
お手数ですが、今後は別のソフトで下書きしたものを貼り付けるようにして、不具合があれば残りの部分を再送信するようにしていただけますか。
今でもそうしておられますかな。面倒かけてどうもすみません。
  1. 2006/08/18(金) 19:01:31 |
  2. URL |
  3. 日評管理人 #-
  4. [ 編集]

お手数お掛けしました

生来、機械には疎く、何分にもPCの扱いにも不慣れなもので、要らぬお手間をお掛けしました。
どうやら私の思い違いだったようですね。
今後も機械音痴ゆえのご迷惑をお掛けするやも知れませんが、どうぞ宜しくお願い致します。
  1. 2006/08/19(土) 23:55:50 |
  2. URL |
  3. 笑鬼 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/15-6e86b638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。