日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国人の悲しい捏造写真

ユーチューブから。



これは7月9日に中国で放送されたものを事故後に投稿したもののようです。

「鉄道部: 中国高鉄は日本新幹線よりもはるかに優れている。日本に技術援助したい。」

「高鉄」とは「高速鉄路」を略したものです。

言いも言ったりですが、この中で高官の話。
「中国の現在の先進的な高鉄技術ははすでに独自の創新を経ている。中国人は他人のモノを強引に自分のモノにすることはない。」

この映像は前回取り上げた記事と同じ「財経」が製作したものです。事故車が「模造型であって独自の創新ではない」と書いた同じ「財経」です。




中国の掲示板サイトに投稿された写真です。

kyasutaa oowarai

題は 「中国列車脱線  日本の女キャスターがカメラの前で大笑い

コメントの中から二つ。

「おかしくないわけがない。中国の高級技術者は自分が設計した高鉄に自分は乗らない。なぜか? 中国は高官が言ったとおりになる、高級技術者の言ったとおりにはならない。高鉄は技術者の設計が要求するようには施工されていないところが多い。脱線して人が笑ったからどうなんだ?お前は可笑しくないのか?」

「1、日本人は元来が変態だ。いつも人が思いもよらない、反吐を催すことをやらかす。この女もそうだ。
2、日本はいつも中国が新幹線をパクッたと言う。事実はまだ論争中で、当然日本人はこういう反応をするだろう。
3、日本人は中国を尊重したことがない。生命を大切にしたことがない。日本は あといくばくもない命のためにあえいでいる民族だ。
最後に結論。中華民族は絶対に日本を消滅させてきれいにし、最後の一人まで殺しつくさなければならない。」

この写真はどうもおかしいと思ったんですが、別のページにリンクを張っている人がいて、そこには・・・

gouseishasin

やはり捏造でしたか。コメントに書いている人がいたように、日本人は笑うだろう、いや絶対に笑っているに違いないという中国人の気持ちがさせた悲しい合成写真だったというわけです。


香港のりんご日報と言えば、反中共政府的色彩の濃い、と言うより「中国人」を心底嫌っている新聞ですが、そのサイトにあった動画である人がでこんなことを言っていました。
「日本の新幹線は開業以来47年間人身事故がないのに中国の高鉄は3年で大事故を起こした。」


ところで、きのうは上海の株価指数が3%近く大きく下げました。ほかのアジア諸国の下げはおおむね1%以内に収まっているのでこれは事故の影響が大きいと思われます。(中国バブルの行方に左右されるところが大きいオーストラリアだけは1,5パーセントの下げですが。)
なかでも、事故車の製造メーカーである中国南車はきのうは9%以上も急落し、今日も今のところ3,64%下がっています。
これをきっかけに中国バブルが崩壊し、世界恐慌に発展するなどということがなければいいのですが。それでなくても日本は万年不況で、欧米も債務問題が一触即発の状態にあるのに。


banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/07/26(火) 14:01:49|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「高速鉄道は模造品」-中国紙


温州追突事故の機動車は中国南車生産 模造型であって独自の創新ではない

この2編成の機動車はそれぞれボンバルディア-南車四方の CRH1型と川崎重工-南車四方生産の CRH2型

上に掲げたのは中国の「財経網」というニュースサイトの記事の見出しです。

そこから日本の新幹線に関する部分を抜き出します。

7月23日20時34分、機動車D3115次とD301次が浙江省温州方向双嶼区間下○路で追突事故が発生。6両が脱線、2両が高架下に落下した。調査によれば、この2編成の機動車ははそれぞれボンバルディア-南車四方の CRH1型と川崎重工-南車四方生産の CRH2型。

この2編成の機動車は比較的成熟した模造型に属し、中国の独自の創新ではない。

・・・

公開資料によれば、追突事故を起こしたCRH2型は日本新幹線の2-1000系を基礎とする、日本が輸出した2番目の新幹線列車だ。

この方の機動車はメーカーである南車グループの四方車両株式会社が2007年に受注し、CRH2B大編成の客車を基礎として、16両編成のCRH2E型寝台電気機動車を設計した。

・・・


今まで中国では、中国の高速鉄道は中国が独自に開発した世界最先端の技術であるとされてきました。それが実は外国の模造型であったなどという見出しの記事を中国のマスコミサイトが載せるのは異例のことだと思います。

記事中に「公開資料によれば」とありますが、専門的な資料など普通の中国人は見ません。政府の宣伝を信じるだけです。ネットの掲示板に「中国の高速鉄道は実は日本の技術だ」などと投稿している人がいましたが、すぐに削除されてしまいました。それほど隠したいことだったらしい。

「CRH2B大編成の客車を基礎として、16両編成のCRH2E型寝台電気機動車を設計した。」とありますね。管理人が推測するに、日本の新幹線に寝台車はないので、中国ではそれを「独自に」設計し、液晶テレビや内部の設備を付け加えた。中国の高官が独自性を強調するのはそこを拡大解釈してほらを吹いているのだろうと思います。

しかし走行や動力に関わる重要部分は日本の技術であるわけで、だからこの記事が「模造型であって独自の創新ではない」と書くわけです。これは中国の高官の言説を根本から否定することであって、彼らがほら吹きであったといっているのと同じですが、そんなことを気にするより、事故の原因は外国(日本)にありとほのめかすことのほうが大事たったと見えます。

以前から日本のネットでは、事故が起こったら日本のせいにされるという声がありましたが。

ともかく、事故が起こったせいで、これまで必死に否定しようとしてきたことを今度は声高に叫ぶ必要が出てきたというのは皮肉としか言いようがありません。

これは、中国の日本料理店が以前は食材に日本産を使用していると宣伝していたのに、福島の原発事故が起こってからは今度は材料はすべて日本以外の物を使っているといい始めたのとちょうど逆の形になります。事故が起こったので本当のことを白状せざるを得なくなったという意味では同じですが。模造型であって独自の創新ではない

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。




テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/07/25(月) 15:20:26|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。