日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

放射能にまつわる心配

ロスアンゼルスタイムズが原発事故から派生した深刻な問題について提起しています。

原文では日本人の名前も実名なんですが、ここでは仮名にしておきました。

福島原発危機の渦中、隔離と怒り

山形からレポート

破壊された福島原発の近隣住民に対するおぞましい認識が広がり始めている:彼らを助けることを人々が怖がっている。

屋内にとどまるようにと放送しながら自治体の車ががらがらの道を巡回していた、気味悪い光景だった、しかし外からの支援はほとんど見かけなかったと住民は語る。

援助団体は原発に近づきたがらない。福島広域圏に「放射能難民」のための避難所が設けられたが、そこには十分な食料がない。ひとつには放射能に汚染されることを恐れて誰も食料を届けたららないためだ。そしてガソリンがほとんど、またはまったくないため、他所へ行きたい人のすべてが行けるわけではない。

水曜日は、放射能に対する恐怖と見捨てられたという感覚がない交ぜになった。

「近くに身寄りがない年寄りや病人、ガソリンが手に入らない人は放射能から逃げられません。」とハナコはいう。ハナコは自分が弱い存在だと考えている。彼女の家は津波に押し流された。

ハナコの娘のヨシコは自分が幸運だったと思っている。水曜日の朝九時に家族を車に乗せた。先見の明のある夫が避難のためにガソリンを備蓄しておいたおかげだ。

しかし、原発から12マイルの避難区域より外の住民には、逃げるための公共の交通手段も、自分の車で逃げるためのガソリンも提供されないことに彼女は腹を立てている。彼女は原発から34キロのところに住んでいる。

「何の援助もありません。何の情報もありません。」と28歳のヨシコはいう。彼女はいま指をしゃぶる2歳の娘を抱きながら山形のスポーツセンターに敷かれた畳に座っている。山形は100マイル内陸にあり、福島から逃げてきた人の避難所を提供している。

「政府は私たちに外に出ないように要求していますが、なにも持ってきてくれません。」と退避ゾーンに近い市の市長のタロウは言う。彼はNHKテレビのインタビューで不満を漏らす。「トラックの運転手は市に入ってきたがりません。放射能にさらされるのを恐れているんです… 我々が危険地域にいると政府が言うなら、もっと面倒を見るべきです!」

アメリカの原子力規制委員会は水曜日、アメリカ市民に、かなりの量の放射能を漏出している福島原発から最低50マイル離れるべきだと警告した。日本政府の警告はは12マイル圏内の退避だ。

外国の援助団体の活動家は被爆の危険性を見極めているが、木曜日の朝の段階では多くの人はただ20キロ圏に立ち入らないことにしているだけだ。

ワシントン州に本拠を置く World Vision の Federal Way の広報係のケーシー・カラムサは言う。「メンバー3人からなるチームが水曜日に福島へ行って水や毛布やオムツなどを配布しました。チームは防護服とマスクを備え、退避区域には立ち入りません。」

「彼らは安全に活動しています。地元の役所に話をして、我々が避難民を助けたいということを知らせています。これらの人々を助けなければならないという緊急の必要性があります。彼らは身の回りのものを持たずに避難所に来て凍える寒さのなかで過ごしているのです。」

コネチカットに本拠を置く Save the Children の Westport の担当者は、日本政府と会員組織の Save the Children Japan の情報を勘案しなから、まだスタッフを福島に派遣するかどうか決めかねているとスポークスマンのレーン・ハーティルは言う。組織はすでに東京と仙台にスタッフがいる。

「これは私たちにとって初めての経験です。私たちは人道援助組織です。核物理学者ではないので、このことについてはわかりません。私たちはスタッフを守りたいし、人々と子供たちを救いたいのです。」

1971年に稼動した福島第一発電所は、住民に受け入れてもらうため、職を提供し幼稚園や公園や公民館に補助金を出して、多くの点でよき隣人であった。その近隣住民がいまは裏切られたと感じている。

二年間発電所の建設作業にたずさわった30歳のサトウ・ジロウは、発電所の運営者の東京電力は過去数日間に積み重なった問題を開示するのが遅すぎると不平をもらす。月曜日に三号炉で爆発があったとき、彼は弟と電話で話していた。

「大きな爆発音がしたので原発が爆発したと思いましたが、彼らはそれを20分間発表しませんでした。私たちはすぐにそれを知っているべきでした。」かれは原発から25マイルのところに住んでいる。

スズキ・ゴロウは津波で家を失い、妻と一緒に命からがら逃げてきた。車で猛スピイードでとばしているときにバックミラーで巨大な波を見た。福島の避難所から避難所を渡り歩いたあと、どこもほとんど食料がなかったが、水曜日に山形に着いた。

「何もかもうんざりです。」とスズキは言う。

「私たちはずっと原発は安全だと聞かされてきたした。たとえ大地震と津波がきても原発はけっして崩壊しないとさえ言いました。それがすべてうそだったことになります。」

日本人にとって事態の深刻さはそれにとどまらない。「福島」という名前はすでに単なる健康被害への恐怖を超えた重荷を背負っている。

1945年の広島長崎の原爆被害者はその後の人生を放射能にさらされたという汚名とともに生きてきた。それは何年たっても消えない。ヒバクシャとして知られる彼らは、被災地域に住んでいたなら政府によって公的に認定され、特別な医療手当てを受ける。

しかし、その認定はまた他の日本人から村八分にされることにもつながる。放射能汚染は伝染し遺伝するという間違った怖れのためだ。その結果、原爆被害者の多くが、そしてその子供たちまでが、被爆したからという理由でゲットー化された人生をおくってきた。

福島原発周辺の人々には同じような汚名を負うのではないかという心配がある。

「将来のことが心配です。」と原発から30マイルの須賀川市の65歳の引退したある元技術者が言う。

「この地域から来た人は放射能に汚染されているので近づくべきではないいううわさが広がる可能性があります。」


これを読むまで思い至りませんでしたが、確かに酷ですね。原発から20キロから30キロのところの住民は屋外に出ないようにという勧告が出ています。しかし、十分な食糧の備蓄があればまだいいですが、そうでなければ買出しに出かけなければならない。テレビでは徒歩や自転車での外出を控えるように言っていましたが、ガソリンが手に入らなければ徒歩か自転車しか手段はありません。しかも農村部なので商店まで距離のあるところが多い。これで食糧の配達がなく、脱出のための交通手段も提供されないとなれば、どうしろっていうんだと言いたくなりますね。
追記;それについてはその後対策が講じられたようです。
<福島第1原発>周辺住民にガソリンなど大量供給へ 政府

それでも、老人家庭など中には車が使えない人もいると思うんですが。

フォックスニュースでは福島市に住む日本人に電話で話を聞いていました。それの要約をします。

福島市は原発から60マイルだが外出を控えている。家には十分な量の米と漬物があるのでそれで食いつないでいる。魚の缶詰はあと五日分くらいしかない。外出しないので近所の人のことはわからない。

それはともかく、深刻な問題というのは福島県民が「ヒバクシャ」として差別されるのではないかということなんですが、わたしはそれについてはまだ半信半疑です。

アメリカの新聞読者は、日本人が迷信と偏見に凝り固まった差別主義者であるという記事を読んで優越感に浸るのが大好きです。それに迎合するために新聞はときには捏造記事を載せることも厭いません。  
参考:うそつけ「野中は部落民だから首相になれなかった」

ここでは、被曝者が「ゲットー化された人生を生きてきた」とまで書いています。「ゲットー」とは、かつてヨーロッパでユダヤ人を隔離して狭いところに押し込めて住まわせたその強制居住区域のことです。

被曝者が偏見の目で見られたという話は聞いたことがあります。しかしこの記事は誇張が過ぎると私には感じられます。最近、イギリスのBBCが広島と長崎の二重被曝者である山口彊さんを笑いものにしたというニュースがありましたが、彼は生前、日本各地で講演していました。ゲットーの住人にできることではありません。

ましてや、福島の住民はまだ誰も実際には被爆していないのですから、記事がいう元技術者の心配は杞憂に過ぎないと思えます。

ところで、ロスアンゼルスタイムズの地元はこうなっています。
CBSロスアンゼルス・ドット・コムより。
日本の事故を受けてロスアンゼルス空港の乗客と貨物が検査を受けた

日本からの乗客の放射能検査をすること自体過剰反応だと思うし、その記事のコメント欄でも「人権侵害だ」などと批判している人が何人かいますが、キャシーという人はなんと、「(日本からの乗客を)強制隔離すべきだ。」とコメントしています。

フォックスニュースでも、成田空港からアメリカ便に乗ろうとしているアメリカ人にインタビューしていました。「アメリカでは日本からの乗客は核汚染されているとみなされているが・・」(実際の表現がこのようであったか記憶が定かではありませんが、まあそういう意味のことです。)と聞かれて、「まあそんなもんでしょう。」と答えていました。

一部のアメリカ人は、「日本」という名前にすでに単なる健康被害への恐怖を超えた重荷を背負わせているようです。

東電と政府の対応について批判がありますが、アルジャジーラかチャンネルニュースアジアかでロシア人の学者が言っていました。
「福島の状況はチェルノブイリよりもはるかによい。チェルノブイリでは避難命令が出されたのは原子炉が爆発した○○分/時間後だった。」(細かい数字は忘れました。)硬直した体制のソ連と比較するのがおかしいといえばその通りですが。

とにかく我々日本人としても、正しい知識を仕入れて根拠のない風評などに惑わされていわれのない差別などすることのないようにしなければなりません。

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト

テーマ:原発事故 - ジャンル:ニュース

  1. 2011/03/20(日) 01:21:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「輸入禁止は解除された」ソニー対LG

ソニー対LG特許紛争、「ガーディアン」続報です。

ソニー対LG 輸入禁止は解除された

オランダの裁判所はプレイステーション3の全ヨーロッパへの配送を再開できると判決し、LGは裁判費用を払うことになる―しかし特許訴訟は続く

オランダの裁判所がソニーの訴えを認めた判決を出したので、オランダの倉庫に積まれていた30万台以上のプレイステーション3は全ヨーロッパに配送できるようになった。

2月に韓国の電機メーカーLGはソニーに対する差し止め命令を勝ち取り、オランダの税関がPS3の出荷を禁ずることにつながった。

それは、PS3のブルーレイドライブの製造でソニーが特許を侵害しているとしてLGが始めた訴訟から来ている。一方ソニーは、LGがスマートフォンの製造で自社の特許を侵害しているとして訴えている。

LGは13万ユーロの訴訟費用を払わなければならなくなったようだ。おくれればその金額はさらに大きくなるだろう。しかし、差し押さえ命令はハーグの裁判所によって解除されたものの、LGのソニーに対する特許侵害訴訟はそれに影響されず、引き続き進行する。

特許ニュースブログの FOSS Patent によれば、裁判の最初の審理は11月18日に予定されている。LGはこれまでに販売された、それに今後販売されるプレイステーション3の一台一台について特許料の支払いを求めている。

LGはソニーが販売するブルーレイ一台につき2.5ドル~2.55ドルの特許料の支払いを求めている。ソニーはすでに4700万台以上のPS3を売っており、ほかにもブルーレイ規格を搭載したソニー製品がある。

PS3と他のブルーレイ製品の販売をすべて合わせれば、ソニーは過去の侵害ですでに1億5千万~1億8千万ドルの特許料の支払い義務があり、将来の販売分を加えれば金額はさらに大きくなるとLGは推計している
FOSS Patent はさらに、ゼニスというアメリカに本拠を置くLGの子会社がデジタルテレビの特許をソニーに侵害されたとして起こしている訴訟のことも書いている。ソニーもまた、ジョージ ホッツというハッカーに対して、PS3の「ルートキー」を取得して配布することで海賊版ソフトが使えるようしていると訴え手裁判をおこしている。


読者の声です。
「勝利だ! とにかく。」
「PS3は4年も前に発売されているのになぜ今ごろになってこの問題が出てきたのかわからない。LGは前からわかっていたはずなのに、ただほうっておいたのか? 金欠になっているのか? それとも、最近になってもめだしたのはソニーが情報を漏らしたからなのか?」
「ハ! わかっていたさ! PS3はすべてを支配する!  もしこれが360だったらまだてこずっていただろうよ。 TEH CELL のパワーだけがこれをできる!!!!」
「よかった。もし裁判が不利になっても、ソニーは損害に耐えられる。
ソニーはスマートフォン特許でLGを訴えているんだから、こういうのはたいていやられたらやり返すというようなことなんだ。最後には特許交換の合意になるだろう。」

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/03/17(木) 15:40:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地震関連の海外報道

毎度のことながら一足遅れの当ブログです。

たいへんな地震が起こってしまいました。ニュース映像を見て肝をつぶしています。
亡くなられた方のご冥福を祈り、被害にあわれた方の一日も早い回復をお祈り申し上げます。


管理人は今外国にいるので日本のテレビ報道を見ることができません。ニュースといえば、アルジャジーラの英語放送かフォックスニュースかNHKワールドの英語放送、チャンネルニュースアジア(シンガポール)、CCTV中文国際(中国国営放送局の外国向け中国語放送)などを見るしかないので、各局をはしごしています。NHKの日本語放送やCNN,BBCのニュースチャンネルは管理人の今の環境では見れないんです。

当然、NHKワールドがいちばん頼りになると思いきや、これがぜんぜんだめ。地震当日と翌日は津波警報が出ている地名をスペイン語、朝鮮語、中国語、英語などで読み上げるだけの放送で、報道の体をなしていません。8時9時などのきりのいい時間にはニュースもやっていたんでしょうが、こちらは時計を見ながら見ているわけではないので、結局NHKはほとんど見ませんでした。

英語の記者とアナウンサーが足りないんでしょうか。通常は毎時15分間のニュース以外は日本を紹介する録画番組を流していますから、即時のニュース報道を連続して行うためには普段より多くの記者とアナウンサーが必要になるわけで、東京の交通が麻痺していることもあり、人員を集めることができなかったのかもしれません。肝心なときに肝心な報道ができないようでは、英語放送の存廃自体から考え直す必要があるのではないかと思いました。それとも、津波警報を流すほうがより重要性が高いという考え方? いや、日本語ニュースを英語に同時通訳するだけの時間もあったので、これはないかな。

それまではの北アフリカや中東関連の報道が中心だったアルジャジーラがその日はぶっとうしで日本の地震報道をやっていたので、もっぱらそちらを見ていました。フォックスニュースも、ハワイやアメリカ西海岸に津波が到達する予想を中心にかなり時間を割いていました。

翌日のフォックスニュースで、日本在住のアメリカ人ディスクジョッキーから電話で話を聞いていました。以下はそのさわり。

キャスター: 「日本人は非常に統制の取れた、社会規範をよく守る人たちですが…」
DJ : 「そうです。今まで略奪があったという話は聞いていません。」

アルジャジーラは翌日からはまたリビアやイエメンに関する報道中心に戻ったんですが、当日は通常のドラマなどを報道していた中文国際が翌日から通常の番組をはずして特別番組を組んで地震関連の報道をはじめました。

三日目の今日は各局とも福島の原発事故の報道が中心です。NHKも、津波警報が解除された今日はきちんとした報道をしています。

だだ、海外の放送局はみな、原子炉を覆う建屋が爆発する瞬間の映像を繰り返し流しているんですが、NHKだけは爆発前と爆発後の骨組みだけになった建屋の写真を並べて見せるだけです。ひょっとしてこれは民放局が撮影した映像で、NHKは国内他局の映像を放送しない方針なのかな。著作権の関係?

中文国際では、(これまでは風が北東方向と南東方向なので日本の西方に位置する)中国にはこの先三日は影響がないと繰り返しています。遼寧省の丹東、大連、瀋陽で観測された放射線量の値に異常はないとも。

同局ではほかに、日本への留学生70万人、青森、岩手、宮城、福島、茨城各県へは3万人、日本に滞在する旅行者4683人に死傷者の報告がないことも繰り返し伝えています。

フォックスニュースではチャイナシンドロームという言葉を使っていました。これは1979年公開のアメリカ映画の題名であり、アメリカの原子力発電所で炉心溶融が起これば原子炉ばかりか地殻をも溶かして地球の反対側の中国までとどいてしまうという意味です。

フォックスニュースでは核専門家が、「西洋で起こればチャイナシンドロームだが、この場合はUSシンドローム」などと冗談を飛ばしていました。

ちなみに、こちらでは韓国の海外向け放送「アリラン」も見れます。しかし、この日本にいちばん近い隣国の放送では、いつチャンネルを回してみても通常のドラマや歌番組が流れているだけです。

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。


テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/03/13(日) 22:24:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソニー対LG特許紛争にオランダ税関が…

欧州でPS3が輸入禁止に、LG電子のソニー特許侵害提訴で」というニュースがありました。

イギリスの新聞「ガーディアン」2月28日の記事です

ヨーロッパの税関当局はプレイステーション3の出荷を差し止める命令を出した。これはLGがソニーに対する仮差し押さえ命令を勝ち取ったためだ。アジアの二つの大企業は熾烈な特許戦争を繰り広げている。

ハーグの民事裁判所による決定によれば、イギリスとヨーロッパ向けに輸入されたすべてのPS3は、少なくとも10日間差し押さえられる。

もし差し止め命令が延長されれば、PS3は町の商店から消えることになる。普通、ソニーと全ヨーロッパの小売店で二三週間分の在庫があるとされる。

ガーディアンが得た情報によれば、ソニーがLGが持つブルーレイ技術を侵害したとされる係争において、先週オランダで数万台のPS3が差し押さえられた。

ソニーはPS3を一週間に10万台輸入しているが、禁止措置を撤回させようと必死になっている。ソニーにはEUの特許局に訴える権利がある。

一方LGは同じ特許局に10日間の輸入禁止措置の延長を申請できる。またはLGはゲーム機の破壊を命じる裁判所命令を申請することもできるが、裁判所が倉庫の品物を廃棄する要求を認めることはなさそうだ。

LGは、ソニーPS3がブルーレイディスクの再生に関する特許を侵害していると主張する。LGは今月始め、アメリカの国際貿易委員会にPS3のブルーレイ技術の使用に関して調査するよう訴え、PS3の「永久排除命令(アメリカへのPS3機の輸入を排除する)」を要求した。

もしソニーがLGの特許を侵害していると認められたら、ソニーは世界中でこれまでに販売されてきた一台一台のPS3についてLGに賠償しなければならなず、それは数億ポンドにもなる。

技術において巨大な存在である両社は、複雑に絡み合った7つの特許紛争を抱えており、ソニーもLGのアメリカへのスマートフォンの輸出を止めようとしている。

ロッテルダムとスキポールはイギリスとヨーロッパ大陸への主な輸入拠点でだ。事の成り行きがはっきりするまでPS3はオランダの倉庫に留め置かれる。

ソニープレイステーションのスポークスマンは「今調査中なのでこの時点でコメントすることはありません」と言う。LGはコメントを拒否したが、会社に近い筋によれば、今回の法的措置

ソニーは2007年3月の発売以来イギリスでPS3を300万台売った。ソニーが把握しているところによれば、ドイツに6500台、イギリスに1万台の在庫がある。

しかし、ヨーロッパでのPS3の販売の大部分は事前に注文を受けているもので、それはつまりイギリスにしろほかのヨーロッパにしろ、倉庫に収まる前にすでに売れていることを意味する。ガーディアンの理解によれば、もし禁止措置が解除されなければ在庫は二三週間以内に品切れになる。


ガーディアンはこの件に関して3月1日にも記事を書いていて、「ソニーはどうやってLGの裏をかいてプレイステーションをヨーロッパに出荷できるか」とソニーのことを心配してくれています。

その要約

ヨーロッパの特許行政はまだ国ごとに行われているので、オランダを迂回すれば他のヨーロッパ諸国ではPS3を売ることができる。オランダはヨーロッパの人口の3%を占めるに過ぎない。LGは他の国でも差し止め請求をしなければならない。

問題は、オランダのロッテルダム港とスキポール空港がイギリスを含むヨーロッパへのPS3の主要な輸入拠点だということだ。

(ガーディアンはそれを変えることもできると書いていますが、コメント欄のDevineAlaine という人によればそう簡単にはいかないようです。
それに関するDevineAlaine のコメントを青字で。

PS3は5キロを超える重さなので、中国の製造拠点からヨーロッパに輸送するのは船便が望ましい。航空輸送は高くつく。ソニーはオランダ以外の港を探さなければならない。そしてその港で毎週10万台のPS3を陸揚げし、荷を解き、再び梱包してヨーロッパ各地の配送センターに出荷しなければならない。その設備を備えたところはそれほど多くない。
LG側は各地にスパイを配置し、発見すれば数日以内に裁判所に訴える。
港を換えることはおおごとであり、しかもきわめて限られた期間しか使えない。
船は4~5週間前にすでに中国を出港している。それはソニー専用船ではなく、他の荷主の荷物も積んでいる混載コンテナ船なので、何があってもロッテルダムに入港しなければならない。条文により、単なる積み替えののための入港であっても、いったんオランダ領内に入った積荷は差し押さえられる可能性がある。それは向こう6週間50万台のPS3がとめられることを意味する。


記事本文に戻ります。

税関当局はふつう、裁判に何年もかかるような技術的法律的に複雑な権利侵害事案に対する決定ができるような能力を備えてはいない。規定によれば、税関が権利侵害の疑いがあるとみれば、独自の判断で行動できる。権利保有者(この場合はLG)は税関に書面で申請する。この場合、権利保有者は実際に権利侵害があるという証明をする必要はない。「製品が知的所有権を侵害している疑いがある」といえばそれで十分だ。

そう、権利侵害の「疑いがある」、必要な要件はそれだけだ。これは一方的すぎないだろうか。

しかし、競争相手を痛めつけようとする権利保有者は慎重にならなければならない。裁判所が権利侵害を認めなければ、権利保有者は損害について責任を負わなければならない。つまり、もしソニーが勝てば損害についてLGを訴えることができるということだ。
(このことについて、「LGは大きな賭けをしている」と書いている記事もあります。裁判に負ければ膨大な額の賠償金を払わなければなりませんから)

仮差押えという制度があるのはヨーロッパでもオランダだけだ。
ほかのヨーロッパ諸国では、権利を侵害しているとされる物品の販売を差し止めることができる。EU加盟国中最大のドイツでは、比較的迅速な手続きで仮差し止めが実現できるが、侵害者とされる側は差し止めの前に自己弁護の機会が与えられる。仮差し止めが認められても、そのあとの本訴訟で負ければ責任を負わなければならないリスクがある。

LGに手がかりを与えないようソニーは代替ルートを発表しないだろう。ソニーは販売需要を満たすため一週間に10万台を輸入しなければならない。これは流通上の難題だが、ソニーはヨーロッパでのマーケットシェアを落とすことを避けるために全力を尽くすだろう。LGはヨーロッパ中で、少なくとも最大市場でPS3を追跡しなければならない。オランダの決定は驚くほどの効果があったが、それ自体がいかに印象的であったとしても、ソニーを屈服させるにはさらなる展開がなければならない。


とまあこんな具合ですが、抑えた表現ながらソニーの立場で見ている感じですね。

製品の差し押さえがこれほど簡単にできてしまうのはオランダの特殊事情のようですが、そのオランダがヨーロッパにおける流通上の拠点であるのがソニーにとっての災難でした。

この記事は読者からのコメントを受け付けているんですが、これもソニーに同情する声が多いです。

「ウォアー、LGはいいかげんにしておけ。」

「LGは POWER 0F tEH C3LL を打ち負かすことはできない。」
tEH C3LL とはPS3に使われているプロセッサの「セル」のことでしょう。

「PS3の次のファームウェアでブルーレイ再生機能がはずされる可能性は?」

つぎは、DevineAlaine さんです。上で触れた以外のところ。
「LGはお気に入りのオランダの代理人であるBird & Bird(法律顧問会社)のキラン氏を使った。かれは弁護士としての力を利用してLGの代理として税関の領域に踏み込んで特許侵害があったという彼の考えを宣言した。それだけだ。ヨーロッパではこの訴えに現実の根拠があるかどうか審理が行われていない。それでもオランダの税関は仮定の紛争に基づいて数百万ポンドの物品を差し押さえ、それに伴う損失を引き起こそうとする。悲しいことに、これはオランダに特殊な状況であり、キラン氏がこれを拡大しようと動いても、それには他の27加盟国の裁判所の協力が必要だ。しかしロッテルダムの状況を迂回するのは簡単なことではない。…」

次もDevineAlaine 氏
「こういう紛争が他にもわれわれのところに持ち込まれるのか?ソニーはオランダの税関にLGの携帯を差し押さえるように訴えるのか?ブルーレイ再生技術を侵害しているとアメリカで訴えられているブラビアテレビも差し押さえるのか? ソニーとLGはかつて競争相手に対抗してブルーレイを開発するパートナーだった。やられたらやり返すけんかを続けていくのか。弁護士が儲かるだけだ。」

「そもそもソニーはブルーレイ開発の中心なのに、どうしてLGがソニーを訴えることができるのか。」

「これはPS3が360(マイクロソフトのXBOX)よりいいことの証拠だ。でなければLGはマイクロソフトか何かを止めようとするだろう。」


話は飛びますが、この件に関しては日本でもヨーロッパでも「LGはマイクロソフトとつるんでいる」という声があります。まさかそれは邪推のしすぎだろうと思いましたが、こんな記事を見つけると…

マイクロソフトとLG、Xbox 360の3Dゲームを使ったプロモーションで提携

LG電子ーマイクロソフトMOU締結式
LG電子ーマイクロソフトMOU締結式



LGはPS3と競合するような製品を出していないので、ソニーのゲーム機の販売を妨害してもそのこと自体では何の利益も得られず(賠償金を取るとか、自社の携帯への訴訟をソニーに取り下げさせる効果はあるかもしれませんが)、もし裁判で負けた場合は巨額の賠償を支払う羽目になります。
一方ゲーム機市場でソニーと任天堂と三つどもえの熾烈な競争を繰り広げているマイクロソフトにとっては、何がどう転んでも利益につながるわけです。

もちろんこれだけではなんとも言えませんが。

今の当面の焦点は10日を過ぎて差し押さえの延長が認められるかどうかというところですね。週明けになるでしょうか。

人気ブログランキングへ
↑ブログランキングに参加しています。

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/03/05(土) 07:53:40|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。