日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

舞妓さんの受難

Japan Probe が続きますが。

緑字は管理人による注釈と感想です。

外国人旅行者が京都で芸者を悩ませる

2009年1月2日

BBCが、京都で旅行者の群れが芸者のトラブルの原因になっているという読売の記事を取り上げている。

日本のメディアによれば、、芸子(一人前の芸者)と舞妓(芸者見習い)が観光客のグループに取り囲まれたり追いまわされたりしているという自治体の調査がある。

「一部の旅行者は、祇園はテーマパークで、芸者と舞妓はパーフォーマンスとして道を歩いているという印象を持っています。」と東山区の職員が読売新聞に語った。

人がこっそり近づいてきて、「突然私の脇に立って写真を撮らせるので、びっくりしてしまいます」と、18歳の舞妓が記者に語った。

これに対処するため、地元の住民とレストランオーナーがボランティアで週に数回一帯をパトロールしている。


日本は何年も前から観光用のポスターに舞妓の写真を使っている。だから、観光地として宣伝されている京都の地区にある道を歩いている芸者にとって、多くの観光客が厄介な問題になるのは想像に難くない。ボランティアが群集を管理するのは、いいアイデアのように思える。

BBCの記事は、問題を引き起こす観光客の国籍についてきわめて曖昧だが、それは、そのことについての英語版読売の記事をメインソースにしていることを意味する。日本語版の元の記事は、外国人観光客が問題の大元だと非常に直接的に強調し、見出しと冒頭で言及している。

(以下、一部を除き原文日本語

京都の舞妓さん受難、外国人観光客らのマナー違反に「堪忍」

 京都の花街・祇園甲部で、芸舞妓(まいこ)の人気が過熱し、外国人観光客やアマチュアカメラマンが取り囲むため、住民らがパトロールする事態になっている。

 テレビや映画で芸舞妓が取り上げられる機会が増え、被害がエスカレートしているという。京都市などは、海外向けホームページで「Donot follow Maikos in the streets(舞妓さんを追いかけないで下さい)」などと、異例の呼びかけを始めた。


記事を英語に翻訳した翻訳者が、元の見出しと記事の強調の仕方を不快に感じたんだろうか、それとも? もし、日本語の記事が言うように、外国人観光客が主にこの行為をなしているのなら、なぜ英語版は同じように直接にこの情報を載せないのだろうか。


コメント欄から。

VonSkippy
どうせたいした有名人じゃないんだから、もうちょっと観光客の熱意に心を開いたらどうだろう。パパラッツィに抗議する映画スターのように、彼らは注目されなければすぐに消えてゆく運命にあるんだ。つまらない観光客と一緒に歩くのがいやなら、「タクシー」という文明の利器があることを聞いたことがあるだろう。

weirdo
アー、外出するときにいつもタクシーに乗っていたらいくらかかるか分かるかい?

VonSkippy
アー、なら、それほどうっとうしいものでもないだろうと思う。

The Overthinker
芸者を呼ぶ金に比べたらどうってことない。

tokyojesusfist
「つまらない旅行者」に困っているんじゃない、無礼で心無い旅行者に困っているんだ。職員によれば彼らは祇園をテーマパークだと思っている。舞妓や芸者はツーリストアトラクションではなく、忙しく働いている職業人なんだ。

敬意を持って彼女たちに接することは、彼女たちの写真をとることと矛盾しない。

Bob
とくに舞妓は写真を撮られて金を得ているのではないのだから、路上で金品を取られたかのように不平を訴えるのも無理はない。

Kory
彼女たちが写真をとりにくる大勢の人に対処しなければならないのは同情するが、私には少し言いたいことがある。記事でも言っているように、彼女たちはツーリストアトラクションとして宣伝されている。だから、人々が来て見て一緒に写真を撮りたいと望まなければ意味がない。

それに、これが外国人だけの問題だというのも嘘だ。私は京都に住んでいて、祇園にもよく行く。いつも観光客であふれかえっていて、ほとんどは日本人だ。芸者が日本人観光客のことで文句を言っているのを見たことがある。ある場合などは、ある男が乗っていたタクシーを停めて、舞妓のところまで走っていって、彼女が信号を待っている間に一緒の写真を取らせていたことがある! 日本人は彼女たちに声をかけて一緒に写真をとらせてほしいと頼んでいるのは事実だが、たいていの外国人には無理だ。

それに、外国で芸者が描かれていているのは、あたかもお姫様であるかのようにであって、芸術家やヤミの客引きか何かのようにではない。
自分の個人的な意見だが。

tokyojesusfist
ヤミの客引きか何かとはどういう意味だ。 芸者は売春婦ではない(少なくとも京都では)。他の人は誤解しているかもしれないが。

Rated-R
無知な外国人は芸者をおおっぴらな売春婦だと思っている。そしてハリウッドの芸者映画はその固定観念を助長した。もちろん、多くの無知な外国人は、日本人/アジア人をすべて、公然の、または隠然の売春婦だとみなしている。(映画やテレビショーを見ればわかる。)

スウェーデン人と結婚してかの地に住む日本人女性のこんな体験談もあります。

誤解される日本人

うちのダンナと飲みにいくとよく「その彼女どこで買ってきたの?」と他のスウェ一デン人(酔っぱらいとは限らない)に聞かれ、すっかり慣れっこのわたしは「彼が私を買ったんじゃなく、私が彼を買ったのっ。わたしゃ日本人だからあんたたちよりもよっぽどリッチだもんね。」と言って笑いを取ってたけど、初めの頃はかなり腹が立ってその日はずっと不機嫌だったよ。ひとりで歩いていると、おじさんたちが「どこの国の人?一晩いくら取る?俺と一緒に来ないか?」としつこく付きまとわれたりとかね。(もっとも、妊婦になってトトロ体型に拍車が掛かった後はそんな声は聞かれなくなった、、、わはは、、。)わたしゃ、チャラチャラした服装をして外出なんかしないよ。アジア人女性だったら、誰でも一度はこんな体験があるんじゃないかな。この国では、アジア女=売春婦という固定観念が定着しているのかもね。「どのような経歴で旦那と知り合って結婚に至ったか初めに説明しないと、買われてきた売春婦だと思われる」とアジア系の友人達は皆口を揃えて主張するの、私も同感だわ。


コメント欄に戻ります。

Haf
祇園は多かれ少なかれテーマパークだ。

白状すれば、私も芸子と舞妓の写真を撮った。だがちゃんと事前に撮っていいかと尋ねたし、彼女たちはOKした。

MaryWitzl
舞妓に同情はするが、自分のことを思い出さずにはいられない。日本に住んでいたとき、歯医者に行くとかゴミを出すとかなんでもないことをしているときに、週に二三回は写真を撮らせてくれとたのまれていた。ある人は音もなく近づいて私の横に並んだが、ある人は背中をたたいて私にポーズをとるように命令した。注目されることを喜ぶのが当然であるかのように。あのときの人たちがマナーをわきまえてくれていたら良かったと思う。そうすれば頭痛に悩まされずにすんだ。

The Overthinker
はい、これ。

(以下、原文は一部を除き日本語)

京都の外人さん受難、日本人観光客らのマナー違反に「堪忍」

 京都の花街・祇園甲部で、外国人の女性(じょせい)の人気が過熱し、日本人観光客やアマチュアカメラマンが取り囲むため、デビト(※)らがパトロールする事態になっている。

テレビや映画で外人が取り上げられる機会が増え、被害がエスカレートしているという。京都市などは、国内向けホームページで「Donot follow Gaijins in the streets(外人さんを追いかけないで下さい)」などと、異例の呼びかけを始めた。

(※)デビト  有道出人(あるどう でびと)
日本に帰化した元アメリカ人。日本人が「ガイジン」差別をしていると訴えて、訴訟を乱発している。


Miss_igirisu
私は家族で京都に行ったときに芸者と一緒の写真をとった。何百人もの日本人(ほかの外国人も)が、毎日バッキンガム宮殿の衛兵と一緒に写真をとるのと何も変わらない。それに、衛兵は直立不動でいなければならない。彼らが不平を言っているなんて見たことないでしょ。

tokyojesusfist
ホントにみんな誤解している。
問題は、観光客が芸者の写真を撮りたがったり、一緒のところを撮ってもらいたがっていることではない。問題は彼らが無礼でずうずうしいことだ。許可も得ないし、芸者が自分の仕事をしているということ、観光客のためにいるのではないということを理解していないことだ。

Bob
おいおい、それは観光客が写真でヒットエンドラン[つまり写真の撮り逃げ]をするからだろ。速すぎて舞妓が料金の交渉をする暇がない。

tokyojesusfist
彼女たちが謝礼を要求したなんて話は聞いたことがない。

なぜ芸者がそれほど侮辱されるのか、さっぱり理解できないね。

John
話が変だと思う。2008年のはじめに日本がいたが、複数の人から聞いたところでは、京都で見かける芸者と舞妓のほとんどは“おめかしして”歩き回っている一般人にすぎない。だから本物の芸者と舞妓はごく少数で、ほとんどはニセモノで、彼女たちは明らかに注意を引くためにそこにいるということだ。そうでなければ、どうしてあんなにめかしこんで公衆の前で歩き回っているんだ?

??? ほんと?

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。



スポンサーサイト

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/04/23(木) 02:45:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。