日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なぜ日本にはいいアニメがあるのか

アメリカヤフーの「Answers」より。

参加者が質問と回答をやり取りする、ヤフー日本の「知恵袋」や「教えて!goo」のようなコーナーです。

〔〕内は管理人による注釈、緑字は管理人の感想です。

日本にはなぜアメリカよりもよいAnimeがあるか

日本はアメリカよりもず~っとよいアニメがある。どうして?
日本にはたくさんアニメがあるんだけど、どうしていいものがあるの?
たとえば、Naruto〔ナルト〕, Soul Eater〔ソウルイーター〕, Death Note〔デスノート〕, Fruits Basket〔フルーツバスケット〕, Hare Hare yauki〔ハレ晴レユカイ?〕, Code Geass〔コードギアス 反逆のルルーシュ〕, Inuyasha〔犬夜叉〕, Bleach〔ブリーチ〕, Chibi Vampire or Karin〔かりん〕


67%の投票者によって選ばれたベスト・アンサー。
といっても二人なんですけど。

「なぜなら、anime は日本人が創造したものだから。
'Anime' アニメ〔原文でも片仮名〕が日本語だということを知っていますか。
アメリカは彼らのアイデアをコピーしているだけ。だから、日本に比べると良いanimeがない。」


ほかの回答。


多くがテクノロジーによって決まるのはもちろんですが、伝統も無視すべきではないと思います。
日本文化には、物語を絵で説明する伝統があります。 Emakimono は長い物語のイラストレーションの巻物です。そこには戦闘や、ロマンス、宗教、民話、超自然世界の話が描かれています。それは現代マンガの起源だとされています。
最初のテレビ anime "Astro Boy"〔鉄腕アトム〕は Dr. 手塚のマンガコミックから始まりました。彼はまたそのアニメのプロデューサーであり、科学者でもあります。
日本のアニメ文化は伝統とテクノロジーが結合したものだと思います。


Anime は日本のアニメーションです。同じ意味でのアメリカンアニメなんてものはありません。

カートゥーン〔漫画映画〕シリーズのことを言っているなら、シンプソンズやファミリー・ガイなどのほうが、アニメーションであれなんであれ、世界的には人気があります。それに、ディズニーのアニメーション映画はほかの誰のものよりも一貫して優っています。

あなたがアニメ全般のファンだとしても、まるっきり違うものと比べるのは無理があります。 デスノート や Chibi Vampire がアメリカのアニメーションより優れていると考えている点で、あなたは少数派です。もちろんすべて相対的なものですが。

まあそうムキにならなくても。


簡単に言えば、彼らがつくったんです。多くのアニメはアメリカの観客に見せるにはきわどすぎます。我々の社会規範からすれば受け入れがたい。

我々は、もっと面白いアニメをそのままの形で見ることはできません。検閲されて、薄められたものを見ているんです。

それに、日本アニメは日本で製作されています。アニメ作品の著作権をアメリカに売るかどうかはオーナーが決めることです。

そして最後に、吹き替えとアメリカ標準に合うようにするためのコストがかかります。公開済みのアニメをほかの言語に吹きかえるには、声優を雇う費用がかかります。ですから企業は、観客層が何を好むか状況を見て、あるタイプのアニメに対する需要がなければ、アメリカの観客のために吹き替え版をつくるための費用をかけないでしょう。

多かれ少なかれ、それは、アニメ会社のコスト削減と、大衆の好みの問題なんです。

アニメが好きで日本語を勉強するという人がいますが、そのあたりの事情を説明してくれているような書き込みです。
ですが、質問に対する答えにはなってないですね。



アニメは日本で始まった。

それに、日本人はほかの誰よりも日本のことをよく知っている。

それに、日本人の声のほうがずーーーーーーーっっといい。

それに、日本でつくられたもののほうが面白いみたい。

アニメを英語にするとき、ふつう登場人物の名前を変える。なによりも、英語の名前は似合っていない。(たとえば英語の探偵コナン)
おいおい、日本にいる日本人だろ? 日本人の名前があるに決まってるじゃないか。

探偵コナンは日本語版も英語版も知りませんが、名前についていえば、ほとんどの香港人や一部の中国人台湾人は英語の名前を持っていますからね。同じようなものだと思って、違和感を感じないのかも。


アニメは日本で始まったから、日本人は絵を描くのがずっとうまい。

ナルトでは attacks の名前が英語に変えられたものと日本語のままのものがあるが、発音が間違っている。

日本語のアニメを英語字幕つきで見るのがいいという人が多い。


日本人は辛抱強くアイデアを考え、'アニメ'のようなシチュエーションを描きあげる。

アメリカと違って、日本にはカフェインや'coke' のような邪魔物がない。彼らはよく訓練されていて、ユーチューブや本の暗記などせず、関連の教科をとる。

日本はたくさんのものを開発した国で、誰もがよく訓練されたシェフやプログラマーやpayer〔意味不明〕だ。
これで十分な説明になったと思う。 どこが?

それでも、アメリカはたくさんのものを開発したし、オリジナルのものがある。我々はあるものにおいては日本に優っているし、あるものにおいては日本が優っている。

日本が我々よりも優れているという人は正しくないが、日本人には我々の基本的欲求を満たす才能があるのかもしれない。ベストアンサーに選ばれた意見によれば、アメリカ人にはそれがない。アメリカ人は基本的欲求から外れた枝葉の部分で日本人に優る。

だが、今言ったことをすべてを額面どおりに受け取ることはない。私は競争が嫌いなタイプの人間なので。あなたも、皆さんも、そうなったほうがいい。そうだ、人が日本のほうがいいと思うもうひとつの理由は競争にある。
彼らはほとんど競争をしない。我々はいつも競争をしている。我々は自分たちが開発したもののせいで、競争することに慣れている。
そして競争となると、考えるのはしゃかりきになることだけだ。日本では生産性の大部分はオリジナルで、だから完成〔completing 〕が競争〔 competing〕を圧倒している。

参考になったかな。忘れないでほしいのは、みんな同等だということ。

まあ、誰かのように競争意識をむき出しにして、「いや、アメリカのほうがいいんだ」なんていうのは、この人の美意識に反するわけですね。だから、日本をいちおう賞賛して見せるんですが、それほど感心している訳でもないので、「棒読み」になっているんです。


なぜなら、日本はアニメが発祥した国だから。そして子供は、アニメの登場人物のほうが普通のアメリカ漫画映画よりも感情移入しやすい。だから、アニメを描くことが自然になる。

絵を描くのがうまい人がたくさんいることは知っているが、彼らはmanga-ka〔原文のまま〕になろうとはしない。勘違いしたアメリカ人だけが、絵を描いて何かができると思って、実際にやってみる。


日本のほうが「優れている」とは思いません。ただ違っているだけ。アニメという言葉自体日本語で、日本式の絵の書き方です。その意味で、「アメリカンアニメ」というのはありません。アメリカにはミッキーマウスのディズニーやシンプソンズような漫画映画があります。それらが劣っているのではなくて、違う人々を対象とした完全に違うものなんです。

創造的な発想と細心の注意を要することとなると、日本人は他のどの国の人よりも才能を発揮する。

そのハイテクCG 文化とあいまって、日本のアニメーションは近年目覚しい進歩をとげた。


アニメは日本で発明されたので、もちろん,それが創造された所にいいものがあるでしょう。


日本にはアニメがあり、アメリカにはカートゥーンがある。


ああ、いつの日か、いつの日か、アメリカにいいアニメが。


日本で始まったんじゃなかったっけ?
知らない。カートゥーンは見ない。
アジア人はさいのうがある、彼らは何でもうまくできる。

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/01/17(土) 01:56:23|
  2. アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。