日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「のけ者にされる日本」

だいぶ時間がたってしまいましたが、5月17日のワシントン・ポストから。

米朝交渉で取り残されたと感じている日本

北朝鮮が核の野望を放棄することと引き換えに取引する方向にブッシュ政権が動いている中で、のけ者にされているのは、アジアにおけるアメリカの最も親密な同盟国である日本だ。

日本政府は、アメリカが北朝鮮と合意に達し、日本が国家利益の観点からきわめて重視している問題をないがしろにしながら、テロ支援国ならず者国家のリストからはずす可能性を甘んじて受け入れているようだ。

「核問題で取引するだけでは日本にとっての解決にはならないし、北朝鮮との国交正常化も拒否する。」 福田康夫首相は最近のワシントンポストのインビューで語った。

日本政府は北朝鮮に日本当局者によるとほとんど日本全土を攻撃できる200から300の中距離ミサイルを無力化するよう求めている。

日本政府はまた、金正日に、彼が1970年代と80年代に北朝鮮の工作員が拉致したと認めた八人の運命についての信頼できる情報を要求している。北朝鮮側は八人は亡くなったと主張するが、日本は生存していると言う。

拉致被害者は日本人の強迫観念になっていて、政治家がこの問題に不熱心だと見られることは命取りだ。

日本人のこの問題に対する感情を説明するのに、外務省の高官は最近、30年前に13歳で拉致された横田めぐみを、ソビエトのグラーグとして知られる監獄を世界に知らしめたノーベル賞作家アレクサンドル・ソルジェニーツィンにたとえた。

「核問題、日本に脅威を与えるミサイル問題、拉致問題は三点セットです。」福田はインタビューで言った。「三つのうちどれが欠けても問題を解決したことにはなりません。」

日本は北朝鮮の核計画を議題とする六カ国協議の一員だ。この一年はしかし、協議はほとんどアメリカと北朝鮮の交渉だった。

ブッシュ大統領は日本の懸念を理解しており、アメリカは北朝鮮と核問題について「不用意な」交渉はしないと信じていると福田は語った。「しかし一方で日本はまた言うまでもなく、北朝鮮との紛争解決に向けて自分でも努力しなければならない。」

福田は、今月中国の胡錦濤主席が来日したときに、拉致問題についての協力を再び依頼したと語った。

米朝間の核協議はここ数週間ペースが速まっているようだ。

5月8日、平壌で北朝鮮の高官は訪問中のアメリカ代表団に、寧辺にある主要な核施設で生産された物質についての18,000ページの文書を手渡した。

北朝鮮は六カ国協議の一環として核施設を部分的に無能力化した。そしてアメリカの核支援国リストからはずされてから24時間以内に冷却塔を破壊することに同意したと外交官は語った。

アメリカはひきかえに、北朝鮮がどれだけのプルトニウムを生産したかについての検証可能な申告をすればただちに北朝鮮に対する制裁を解除することに同意した。アメリカの交渉担当者は同時に、北朝鮮の他の核関連の情報に対する要求を緩和した。

複数の日本政府高官によれば、北朝鮮ミサイルの射程範囲に入っている日本の政府はこれらの事態が明らかになるのを見て、つまはじきにされていると感じている。「東京はワシントンに、我々は置き去りにされるべきではないという言葉を送っている」というよく聞かれる声に政府高官は同調する。

日本と合衆国の安全保障関係はことのほか親密で、5万の米兵が駐留している。戦後結ばれた条約により、合衆国は軍事攻撃の際には日本を守るよう義務付けられている。日本は在日米軍基地で働く日本人職員給料の約90%を支払っている。

日本はしかし北朝鮮のことになると、独自の政策を推し進めている。

日本は、北朝鮮からの一切の輸入を禁止し、船舶の入港を認めない貿易制裁を最近延長した。

多くの国が北朝鮮への大量の食糧援助を計画している。アメリカは50万トンを送ると金曜日に発表し、韓国は、核兵器の撤去が食糧援助の必要条件だと数ヶ月言い続けた後、今は食糧援助について北朝鮮と話し合いたいと言っている。

しかし日本政府にはそのような計画はない。亡くなった拉致被害者の遺骨を部分的に焼いたというものを北朝鮮が日本に送り返したあと、日本は2004年に北朝鮮へのすべての援助を停止した。その骨は行方不明の8人のうちの誰の遺骨でもないことがDNAテストによって証明された。日本人をだまそうとする見えすいた試みは大衆の怒りに火をつけた。

日本政府は「三点セット」が解決されるまで北朝鮮へのいかなる援助も全面的に拒否する。---1990年代に起こったような破滅的な飢餓があろうとも。

福田はインタビューで、日本の関心事を解決することが北朝鮮の財政の利益になると言った。それが解決されれば、1910年から1945年の植民地支配への賠償として日本はおそらくは100億ドルという巨額の資金とその他の経済援助を提供すると約束した。

「北朝鮮の身になって考えれば、拉致問題の解決なしに核問題を解決しても、それは好ましい状況ではありません。」と福田は言った。


読者のコメント。

「日本人はまず帝国主義者としてなしたことと、自分が危害を加えた、あるいは殺した何百万の人々に対して責任を持つべきだ。たった8人の行方について情報を乞う前に。」

いかにも臭うなあと思ったらやっぱり中国人でした。この人はほかの記事につけたコメントで「 We Chinese 」と書いています。「欧米帝国主義」と「人種差別」にも激しい敵意を持っているようです。

もうひとつ。

「ブッシュの一方的な政策が日本の利益を置き去りにした。日本は怒るべきだ。北朝鮮は日本に距離の近い隣国なのだから。」

この意見に同感です。
アメリカは北朝鮮がすでに製造した核爆弾について不問にしたまま、北朝鮮との取引を急いでいます。北朝鮮はアメリカにまでとどくミサイルを持っていないので、それでもいいのでしょうが、日本は北朝鮮ミサイルの射程範囲にあるのです。

日本が毅然とした態度を示さないから、「日本はどうせ何もできないだろう」と米中が高をくくって北朝鮮を暴走させてしまうのです。日本政府は核の保有を真剣に検討するべきでしょう。北朝鮮の核に対処する方法はそれしかありません。

アメリカはまだ北朝鮮のテロ支援国家指定を解除していませんが、それをえさとする交渉を拉致問題の解決を条件とせずに北朝鮮とすること自体、拉致問題を重視する日本に対する裏切り行為です。他国の領土に侵入して人を有無を言わせず暴力を用いて連れ去る行為をテロといわずして何というのか。北朝鮮は「テロ支援国家」ではなくて「テロ国家」です。

核開発の有無が定かではないイランには制裁を課し、核保有を宣言した北朝鮮とは交渉に応ずる、アメリカ政府の政策はどこまで無原則なのかといいたくなります。

ところで、記事は日本が仲間はずれにされていると書いていますが、もうひとつ、焦りをている国があるとしたら、それは中国でしょう。

中国は一貫して北朝鮮を米韓敵対勢力への緩衝地帯として活用してきました。狂犬キムジョンイルを飼いならすために食料や原油を与え続けてきました。北朝鮮独裁政権の人権弾圧が苛烈であればあるほど欧米諸国との関係が疎遠になり、数少ない友好国として中国に頼らざるを得なくなる、そのような状況を自国の対外戦略に利用してきました。ちょうどビルマと同じような関係です。

それが今、金正日とのチキンレースに負けたブッシュ政権が、日ごろ声高に叫んでいる原理原則をかなぐり捨てようというのです。

北朝鮮は旧満州の大工業地帯とは地続きで、北京にもきわめて近い距離にあります。その北朝鮮が核武装したアメリカの友好国になる、これは中国にとって大きな脅威でしょう。最近なにかと日本に猫なで声で擦り寄ってくるように見えるのも、そのことと関係しているのかもしれません。

banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/06/07(土) 22:16:55|
  2. アメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。