日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「中国代表は中国の恥だ」

サッカー東アジア選手権、日韓戦が終わりましたが、その前の日中戦で中国選手のラフプレーが多かったことについて、川淵さんが批判したことは中国でも報道されています。

日本での報道はこちら 川淵キャプテン“無法中国戦”抗議へ ですが、ここでは中国の「網易体育」2月22日の記事を紹介します。


日本サッカー協会主席が野蛮な中国チームに怒りの批判 「中国サッカーは強くなれない」

中日大戦は終わったが、双方の論戦は続いている。日本側は中国選手の野蛮な反則と審判のえこひいきに不満を示した・・・

22日に終わった東亜四強試合において、中国チームは0-1で日本チームに負け、十年抗日不勝の宿命を続けた。そして、試合の過程で、中国選手の野蛮な反則と主審の中国チームに対するえこひいきが日本のチームを挙げての集団的な不満を引き起こした。

中国に対して一貫して友好的だった川淵三郎日本サッカー協会主席は、東アジア選手権における中日間の試合で、審判は過度に中国の肩を持ち、日本選手に十分な保護を与えなかったと考えており、中国選手の野蛮なプレーに対しては、「最近このようなひどいサッカーのやり方は見たことがない」と、厳しく批判した。

中国チームとの試合中、日本チームの5番安田理大はゴールキーパーと1対1でシュートする機会があったが、中国チームのキーパーはゴールからとび出して、しかも中国クンフー式の飛び蹴りを選び、安田理大に怪我をさせた。北朝鮮籍主審はイェローカードを宗磊に与え、日本チームにペナルティエリア外でのフリーキックを与えた。

このほか、試合が終わる前に、李偉峰(リ・ウェイフェン 偉の字は正確には人偏の代わりに王偏)は自分から鈴木啓太を挑発し、二人がつつきあいをした。中国選手の日本チームに対する危険なプレーが絶えず、北朝鮮の審判の反則の取り方は一貫してあいまいだった。

川淵三郎が腹を立てていう、「このようにホームチームに有利な反則の取り方ははじめて見た。このようなことが今後も続くなら、中国チームは永遠に強くなれない。」 彼はまた、抗議して言う、「試合では選手がもっとよく保護されなければならない。」

川淵三郎主席はとくに宗磊の飛び蹴りに対して非常に腹を立てている。「中国も、汚いことばかりやっていると一流になれない。やることが相手を傷つけようとすることばかり。」 「中国のゴールキーパーのあのような飛び蹴りは長い間見たことがない、あれは完全にレッドカードだ。審判が見て見ぬふりをすれば、もっと危険なことが起こるにちがいない。」

実際、日本チームの岡田武史監督も、試合後怒りをあらわにした。「選手たちは冷静に試合を行ったが、やはり怪我人が出た。これは単に審判だけの問題ではない。これには非常に不満だ。」

このような不満を表明しているのは日本側だけではない。引退した往年の中国の名ゴールキーパーの陸俊も、北朝鮮の主審の反則の取り方は再考の余地があると考えている。宗磊のあの飛び蹴りは確かにレッドカードとペナルティキックだ。


意外と客観的な見方ができるんですねえ。


これに関連して投票があります。

中国チームの選手はプレーが粗野だったと思うか

粗野だ! 中国チームには技術がない、武術があるだけだ!
69%

粗野じゃない!
3%

サッカーの試合とはもともと激しいもの
2%

日本チームの選手だって小細工をした! 隠蔽したに過ぎない!
2%

他のチームとやるときはボールを蹴る!日本チームとやるときは人を蹴る!
22%


一般の人もやはり中国チームに批判的な人が多いことが分かります。中国チームは、国際的に見れば弱いくせに高給をとっているということで、もともと評判が悪いということもあるんでしょうね。

選択肢を作った人もなかなかユーモアがありますね。最後のやつに入れた人は、中国チームを揶揄する気持ちなのか、本当に日本人を蹴ればいいと思っているのか・・・ 後者のほうが多そうな気もしますが。


もうひとつ投票。

李偉峰は日本選手の首をつかんだ。どう思うか

気骨がある。断固支持する。  
22%

どうしてこうもすぐにカッとなる? レッドカードが恐くないのか。 
4%

中国チームにできるのは喧嘩だけ、ボールの蹴り方を知らない。    
42%

日本との乱闘が見たい。  
30%


人の首をつかむのは彼のくせのようです。

親友の首をつかむ、チームメイトの首をつかむ、相手チーム選手の首をつかむ・・・・・今晩、リ・ウェイフェンは日本選手の首に手を伸ばした。今度は彼は日本チームキャプテンの首をつかんだ。 (写真あり)

李偉峰リ・ウェイフェンをよく思わない人は多いようで、掲示板には、彼の名前に発音の似た漢字を使って、「萎瘋」「慰糞」などと書いている人もいます。



掲示板から。
http://comment.sports.163.com/sports2_bbs/45A9L9C80005281J.html

「サッカーが下手なのはかまわない。しかしスポーツマンシップ、道徳をなくしてはならない。」

「中国チームはまさにゴミだ。早いこと解散して、国に恥をかかせないようにしろ。」

「選手がこのようだから中国サッカーがこの程度のレベルなんだ。中国人に恥をかかせた!!!
中国選手はサッカーではなく、散打(中国式武術)の試合に参加するべきだ。悲しむべし、恥ずべし、憐れむべし。」

「中国はいっそサッカーをやめてしまえばどうか。
試合に負けるのはかまわない。まじめに練習して再起を期すればよい。
しかし、ゴロツキの集団に中国を代表させるのは、恥としか言いようがない。」

「鬼子サッカー協会主席が臭い足[中国チームのこと]を批判するのを断固支持する。」

「小日本が何を言おうが私は反対する。ただこの話だけは賛成する。」

「宗磊の反則は絶対にレッドカードだ。野蛮すぎる。」

「中国サッカーは強くなれない。激しく同意。」

「他のチームに中国チームがこのようなプレイをすれば批判しなければならない。しかし小日本に対してなら、私は中国チームはよくやったと言う。リ・ウェイフェンよくやった!」

「いつまでそんなことを言っているんだ、君たちはいつも歴史を持ち出してものを言う。私たちはみな試合を見た、中国チームがどういうサッカーをしたかみなが見た。みなが文句を言うのも無理はない。」

「こう言えば。他のチームとやるときはボールを蹴る、日本チームとやるときは人を蹴る。」

「日本とサッカーをやる機会があったら、皆さんに言おう、私も人を蹴る。
なぜ?日本人を死ぬほど憎むから!
なぜ?日本は中国を侵略したから!
スポーツに政治を持ち込んではいけない。しかし人は感情の動物だ。
自分の敵に対して“スポーツマンシップ”を尊重できるだろうか。
ごめん。私はできない。」

「日本とやるときにスポーツマンシップ?
日本の前で紳士のようにプレイする?
日本とサッカーをするのに友好だって?
???
日本は何をもって我々にやつらを尊敬しろと言うのか?
日本が中国侵略を開始したその日から、中国と日本はいかなる方面においても“永続対抗”の局面が定まったのだ!
このような結果を招いた元凶は誰だ?
まさに日本だ!!!
“スポーツマンシップ”を説く偽紳士たちよ!
今日の局面の出現は、日本が数十年前に仕込んでおいたものだ!
考えてみるがいい。日本がもし数十年前に我々を侵略しなかったら、そして我々を助けていたら、、、、
残念だが歴史は歴史だ。
日本? 中国の永遠の敵!
誰がこのように仕向けたのか?
日本だ!!!!!」



結局、立場の違いはあっても、中国チームがたちの悪い反則をやったということには誰も異論がないようです。ただ歴史の仇怨によってそれを正当化できるかというところに意見の相違があるだけで。


banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/02/24(日) 06:25:21|
  2. 中国
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。