日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

環球時報が記事を改竄

前回、「日本メディアが中国餃子を包囲攻撃」と題した2月1日の環球時報の記事をリンクしたのですが、現在、その記事は消されています。クリックしても、Not Found と表示されるのみです。

これがそのURLです。
http://paper.people.com.cn/hqsb/html/2008-02/01/content_41356254.htm

こんなこともあろうかと思って、エントリーをあげた後で魚拓しておきました。
http://s04.megalodon.jp/2008-0202-2243-25/paper.people.com.cn/hqsb/html/2008-02/01/content_41356254.htm

件の記事は消されたのですが、その代わりに、同じ2月1日付で「商務部専門家: 何らかの人が日本餃子事件を政治家するすることを防がねばならない」という記事がアップされています。

この記事は、例の「「日本メディアが中国餃子を包囲攻撃」という記事から、その冒頭部分と、後半部分、すなわち前回紹介した「何らかの人がそれを政治化することを防げ」(和訳を若干変えました)という小見出し以下の部分の、唐淳風の発言の部分を抜き出したもので、そのほかの部分をばっさりと削除してあります。

つまり、環球時報はなんの断りもなしに、過去の記事をこっそりと書き換えたわけです。

なぜそんなことをしたのでしょうか。わたしは、環球時報は高洪の発言を消してしまいたかったのではないかと思います。

中国社会科学院日本問題専門家の高洪が述べた。いずれにせよ、日本で消費者中毒事件が発生したのは不幸なことだ。論理的に言って、中国側の生産企業と品質検査部門には、自己の商品を愛し誇りにしない人はおらず、毒入り餃子をそのまま出荷することはありえない。食品生産現場で劇毒農薬が用いられるのはさらに不可思議だ。

中国政府は検査結果をすでに公表した。検査結果は、事件の原因に他の可能性が存在するに違いないことを示している。それは、日本の貯蔵過程等の技術関係で問題が生じたことを含む。誰かが故意になした可能性も排除すべきではない。日本国内の中国産品に対する態度は非常に複雑で、また、中日関係が急速に改善されることを望まない人がいる。
高洪は、日本側と中国側が連係を強め、綿密で掘り下げた調査を実施し、事実の真相を明らかにすべきだと呼びかける。そして、事実真相が出る前に、無責任にもすべての過ちを中国側に着せるべきではないと。


かれは日本側で毒物混入がなされた可能性が高いといっているわけですが、ここ数日の日本側の調査で、毒物混入が中国側でなされた可能性が濃厚になりつつあることを考慮すれば、これはまずいと考えたのかもしれません。

あるいは、日本側の「中日関係が急速に改善されることを望まない人」による犯行をほのめかしたことが、行き過ぎだったと思い直したのかな。前回「私は日本政府は二人の罷免を要求すべきだと考えます。」と書いたんですが、ひょっとして環球時報編集部、あるいは中共上層部はこのブログを読んでいる?


と言っても、こんなニュースを読めば、彼らが何を考えているのか分からなくなるのですが。

<中国製ギョーザ>不満分子の可能性も…中国が「故意」示唆

【北京・浦松丈二】中国製冷凍ギョーザの中毒事件で、中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副総局長(次官級)は6日、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が中国国内で人為的に混入された可能性は低いとした上で「日中関係の発展を望まない一部分子が極端な手段を取った可能性を排除できない」と述べた。北京で日本政府の調査団との会談で明らかにした。
(後略)


おかしなことを言う人たちです。
今まで分かった事実から言えることは、毒物混入が中国側でなされた可能性が高いということだけです。犯人を特定できない以上、その動機について政府高官が公の席で言及するのはあまりにも時期尚早なのですが、なぜ彼は今の段階でそこまで踏み込んだ発言をするのでしょうか。

「中国国内で人為的に混入された可能性は低い」のなら、事件がもし故意によるものだとすると犯人は日本人である可能性が高いということになるのですが、彼はそう判断するだけの根拠を何も持っていません。ただ「中国国内で人為的に混入された可能性は低い」から「日本国内に違いない」という消去法による推論に過ぎません。しかも、なぜ低いのか、説得力のある説明もできない。

つまり、犯人を特定する判断材料を何も持っていないのに、動機を説明しようとする。自分の願望をまじえた根拠のない憶測を堂々と語って恥じるところがない。こういうのを見ると、中国人というのは、高洪さんもそうですが、論理的思考ができない人たちだなあと思います。

彼らは事実の重みというものがまったく理解できないのです。事の次第を
どこまでも自己の利害にそって説明することにしか興味がない人たちなのです。


banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。


スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/07(木) 01:40:20|
  2. 毒入り餃子事件
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。