日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地図における台湾表記の問題

学研が台湾を台湾島と表記した地球儀を販売していたことが問題になっています。当ブログの守備範囲からは若干ずれますが、今回はこれについて意見を述べてみようと思います。

末尾(続きを読む)に産経グループ「イザ」の全文を貼っておきます。

これは、台湾のこととなると、現実を受け入れることを拒否して自己の妄想を外国にまで押し付けて恥じない中共政府に第一の問題があることです。学研に非があるとすれば、地球儀などという主権国の領土と国境線という敏感な政治問題が絡んでくるものを、中国のような頑迷な言論弾圧独裁国家で製造したことでしょうか。当局の意に染まないものを出荷しようとすれば横槍が入るのは十分予想できたはずですから。

意外に感じたのは、学研が「中華人民共和国政府の指示により」云々のメモを添付したことです。私は学研という会社とは縁もゆかりもないもので、とくに肩を持つつもりもありませんが、これは日本の出版社にしては良心的な部類に入るのではないかと思いました。

と言うのも、日本で発行されている地図では、台湾は中国の一部として扱われるのが普通だからです。

日本の出版社の地図(クリックで拡大)


これが日本の出版社が日本で印刷し販売している地図の代表的なものです。

中国と台湾が同じ色で塗られ、台北には北京平壌ソウル東京にあるような首都であることを示す下線が引かれておらず、日韓・日台・台湾フィリピンの間には引かれている国境線が中台間にはありません。

これでは、どこからどう見ても台湾は中国の一部です。しかも何の但し書きもありません。

なんども繰り返しますが、これが日本で発行されている地図の基本的な形式です。高校で使う帝国書院の地図帳のほか、昭文社、平凡社などみなそうです。台湾を独立国として扱っている地図帳など見たことがありません。

上に掲げた地図をもう一度見てください。「台湾」の文字が明朝体になっていますね。ほかの、「(中華人)民共和国」や、「日本」などの国名に使われている字体とは明らかに異なります。そして同じ明朝体で記されているのは「長江」、「東シナ海」、「日本(列島)」(「列島」の部分がはみ出ていますが)などの自然地形の呼称なのです。ですから、この「台湾」は台湾という島を意味していると解釈できます。

こうしてみると、学研が台湾を「台湾島」と表記しても日本では問題にならないと判断したのも無理からぬことなのではないでしょうか。中国領土であれ、独立国家であれ、 台湾が島であることに変わりはないのですし。

ですから、文科省や外務省が「前代未聞と驚いた」ということのほうがよほど驚きです。

伊原吉之助・帝塚山大名誉教授は「世界地図の表記はその国の利益に直結しており、他国の主張にやすやすと屈服し、自国で販売するというのは主権侵害への加担であり、一企業の商行為でも不誠実のそしりは免れない。」と話したそうですが、それを言うなら、日本の地図出版社はすべて中共に屈服しています。

これはもともとは、日本政府が中共の主張する「台湾を含むひとつの中国」と言う虚構を「理解し尊重する」としている日本政府に問題があることです。

台湾が現実に国家としての要件を備えているにもかかわらず、そして日台が経済・文化・人的交流など多方面で密接な関係を有するにもかかわらず、日本政府は台湾を国家承認していません。

台北駐日経済文化代表処のサイトから引用します。

中国が国際政治を操作し、国際社会において「一つの中国」の原則のコンセンサスを獲得すると共に、台湾を圧迫する粗暴な制圧手段こそが、地域情勢に緊張をもたらし、両岸関係の調和を破壊する主な原因・・・・

日本政府が中共による操作をやすやすと受け入れ、何の圧力があるのか知りませんが、出版業界の大勢も政府の方針に唯々諾々と従っているのが現状なのです。ことは学研一社だけの問題ではありません。

もう一箇所、同サイトの 駐日代表機関の紹介 から。

台北駐日経済文化代表処は、中華民国(台湾)の日本における 外交の窓口機関です。民間の機構ではありますが、実質的には大使館や領事館の役割を果たしています。

実質的な駐日台湾大使館が「台北駐日経済文化代表処」などという偽りの名称を使わざるを得ないところに現状の不合理が現れています。これは台湾側にとってははなはだ不本意なことなのでしょう、taiwanembassy.org というURLで一矢を報いています。(本当はtaiwanembassy.gov としたかったところでしょうが)

そしてこれは日本一国だけのことではありません。同サイトが書いているように、中国が国際政治を操作した結果、台湾はいまだに国連にも加盟できません。台湾を国家承認している国も小国ばかり二十数カ国しかないのです。


先に引用したのは、「陳明通・大陸委員会主任委員:米国は台湾の国民の主体意識を尊重すべき」という記事の中の一節ですが、その冒頭にこうあります。

米国のライス国務長官が<2007年>12月21日、台湾が行おうとしている台湾名義での国連加盟の是非を問う国民投票に反対であり、これは台湾による挑発的行為であると表明したことについて、陸委会<大陸委員会>は12月22日、強い遺憾の意を示すと共に、国連加盟についての国民投票は台湾の国民の総合的な意志の展開であると再度厳粛に表明するものである。

民主主義の伝道者を自任するアメリカともあろうものが、民主的手続きにのっとって台湾人の民意を問おうとする国民投票について反対を表明するとはいったいどういうことでしょうか。台湾の国連加盟にどうしても反対なら、これもおかしな話ですが、国連決議の場で反対票を投じればいいだけの事です。中米両国は安保理で拒否権を持っているのですし、世界的に圧倒的な政治力を持つアメリカが反対すれば、台湾の国連加盟など容易に阻止できることです。

中共の顔色を伺って台湾の内政に干渉するとは、ライスさんはいったい何を恐れているのかと言いたくなります。

また中共のほうでも、日ごろ台湾独立を支持するような発言には内政干渉だと騒ぎ立てるくせに、このような明白な台湾の内政に対する干渉にはご満悦の様子なのもおかしなことです。


見てきたように、日本で出版されている地図はほとんどすべてが台湾を中国の一部として扱っているわけですが、欧米では事情がかなり異なります。


ザタイムズの地図これはイギリスの The Times が出している地図です。

台湾と中国が違う色で塗り分けられ、台北は首都であることを示す黄色の正方形で示されています。




メリアムウェブスターの地図アメリカの Merriam-Webster の地図です。

(上の2枚が地図帳をデジカメでとったもので、これはネットから取り込んだものです。)


このほかにも、イギリスの PHILIP'S 、ドイツで印刷されている GEO CENTER の地図も同様の表記です。欧米の地図では台湾をひとつの独立した国家として扱うのが一般的なようです。

日本の出版社はどうして中共の干渉にこうもやすやすと屈服し、実態に合わない表記をして恥じないのでしょうか。学研の場合はまだ製造元が中国だったということで同情の余地があるわけですが、ほかの出版社の場合は、日本で印刷して日本で販売しているのですから、どこにも気兼がいらないはずなんです。日本政府の公式的立場と相容れないとは言え、中国とは違い、日本では言論出版の自由が保障されているのに。


banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。


[地図における台湾表記の問題]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/01/15(火) 02:40:10|
  2. 台湾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。