日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漢奸 VS 憤青


ここもほとんど支那ブログと化した感がありますが、大目に見ていただくことにしましょう。なにしろ面白いものが次々と見つかるもので。

今日は中国のヤフー掲示板から。

東京大虐殺"

いつかある日、我々は東京で大虐殺をやる。男は殺し尽くし、女はみな強姦する、
気持ちいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

中国のネットにはこのような書き込みがよくあります。

朝日新聞は、日本のナショナリズムは攻撃的で、中韓のナショナリズムは防御的だと書いていたけど、どうなんでしょうね。

これに対する反応で秀逸だったのがこれ↓

「女はかわいそうだから中華民族に入れてあげようよ。」


それでは今日の本題。スレ主(中国人)が中国のイトーヨーカドーに行ったときのお話です。

今日の昼、俺は一人で伊藤洋華へ行った。ここのところ寒かったので、冬服を買うつもりだった。

店内を歩いていると、前のほうで何人かが取り囲んでいるのが見える。何かと思えば、二人の憤青が人に日本製品を買わないようにと言っている。買い物をしようとしていた人は、二人が付きまとうのに耐え切れずに腹立たしげに離れていった。二人の憤青はそのあとも得意げにうろついている、まだ“愛国”の目標を探しているように。

俺は面倒だからこの暇な人たちに構わずに店内をぶらついていた。きれいなコーヒーカップが目に付いた。ほう、きれいだ、買って帰れば家内が喜ぶだろう。俺は陳列台の前に立ってながめ、「そのコーヒーカップを見せてください」と、店員のきれいな女の人を見た。店員の女の人は礼儀正しく微笑んでカップを取って見せてくれた。ちょうどこの精美なカップを仔細に眺めているとき、突然誰かが俺の肩をたたいた。振り返ってみれば今しがたの二人の憤青だ。

「あんたも若い人のようだが、俺たち若者は日本製品をボイコットすべきだ、わかるか? あんたが日本製品をひとつ買うごとに、日本人は中国人を虐殺するための弾丸をそれだけ多く造れるんだ!」

「あっちへいけ! ばかやろ!」
俺は怒って二人を怒鳴った。

「なあ、俺たちは無知な中国人の目を覚まさせてやっているんだ。俺たちがみな自発的に日本製品をボイコットしさえすれば、日本企業を追い越せて、日本は戦わずして敗れるんだ。」

「だから、あっちへ行けと言っているだろ。警備員を呼ぶぞ。」

このとき野次馬が何人か周りを取り囲んだ。憤青はこれを見てますます興奮して言った。
「俺たち中国人がみな団結して日本製品をボイコットすれば、日本人がこれほどつけあがることもなくなるだろ? 俺たち若者はなおさら自覚して日本製品をボイコットすべきだ。あんたが日本製品を買うのは、日本人に弾丸をくれてやるのと同じだぞ。この漢奸が!」

憤青はまだ宣伝している。俺は怒ってこぶしを握り締め、右側の憤青の顔をしたたかに殴った。おれはボクシングを習ったことがある。そのとき俺は身を翻して全身の力をこめてきれいなストレートパンチを食らわせた。この憤青は鉄槌のような拳をうけて、頭を後ろに振ったかと思うと、後ろ向きにぶっ倒れ、横たわったまま顔をおさえて何かをわめいた。

左の憤青は俺の鼻先に指を突き出して罵倒した。
「この犬漢奸め、よくも愛国同胞を殴りやがったな、お前はそれでも中国人か!」

俺は怒っていた。思いもかけず、鼻先に指を突きつけられたので、やつの腰に回し蹴りを食らわせると、やつはぶっ倒れた。二人の憤青は哀れにも助け合って起き上がりながら、俺を見ていった。
「待ってろ、仲間を呼んでくるからな。」

このとき、周りを取り囲む人はますます増えていた。何人かは俺に親指を突き出して言った。
「よくやった。チンピラどもを殴り殺せ!」
「よくやった。殴らなければやつらは自分が偉いと思い込んでいるんだ。」

このとき、売り場の警備員と責任者が来た。マネージャーは後ろのきれいな店員のお姉さんに何があったのかと聞いた。店員が事の経過を説明すると、マネージャーは嬉しそうに俺を見ると同時に、警備員に二人の憤青を追い出させた。振り返って、きれいな店員のお姉さんに優待カードを出して来させた。
「ありがとうございました。これからはここで買い物をされるときは2割引にさせていただきます。」
そして名刺を出して、
「これが私の名刺です。このような方とお友達になれてたいへん嬉しく存じます。お求めになられるこのカップは無料にさせていただきます。」
俺は喜んで握手した。ちくしょう、さっきは強く殴ったのでまだ手が痛い。

俺は家に帰ってカップを眺めた。ああ、日本人はほんとにセンスがいい。このカップはまさに工芸品だ。日本の品物はいい。あの憤青は自分が買わなければいいんだ。俺たちにまで好きなものを買わせないようにするとは、ふん、愛国愛国と、やっとのことで得られた友好局面を壊すのが愛国か!


これに対するレスが二十日間で600以上も付いています。最初のほうのをざっと見た印象では、共感と反発が半々ぐらいでしょうか。

以下はそのうちからいくつか。

「私がその場にいたら助太刀する。」

「こういう愚民に対するには暴力が必要だ。スレ主を支持する。」

「支持する。だけどいちばんいいのは手を出さないことだ。殴れば殴るほど彼らは強くなる。」

「馬鹿者。日本のどこがいい。くそ漢奸。」 

「私はあんたを軽蔑する
スレ主、あんたは変態か。他人を殴ってうまい汁を吸って得意がる。それで胸が悪くならないのか。
二人の憤青について、やりすぎか愚かかどうかについては語るまい。どちらにしろ手を出して人を傷つけるべきではなかった。腕力に自身があるとしても、彼らも同胞だということを忘れるな。
あんたは警備員を呼んで彼らに出て行ってもらうことができたはずだし、このように人をいじめるべきではない!
警備員はなぜあんたを傷害罪で捕まえないのか?
可笑しいのは、あんたがこのことを自慢にして、ネットに書き込んで自己満足をしていることだ。恥知らず!」

「馬鹿野郎、お前がそのカップで水を飲んで、あの種族に特有の性病にかかって、家族全員にうつせばよい。」

「二人の憤青は日本鬼子のお前を中国同胞だと勘違いしたんだ。」


banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2007/12/23(日) 20:36:55|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。