日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「日本は我々の敵か?」

「へ~え、こんな人もいるんだ」韓国編

韓国の掲示板で jazzmania という人の投稿です。


はたして日本は私たちの敵か?

百済がちょっと日本に影響を与えたからといって、韓国が日本の母国だと勘違いしている韓国パ(※)たちは見てください。

(※)「パ」とは、対照となる物や人に異常なほどのめり込む人を揶揄して使われる言葉で、ほかに、盧 武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の「ノパ」、研究データ捏造黄禹錫(ホァン・ウソク)教授の「ホァンパ」などがあります。

遠い昔を例に挙げるまでもない。

朝鮮時代には、国号も中国の承諾をもらって使い、
王道中国の皇帝が裁可してはじめて<王位を>継承できたんです。
中国に対して朝貢をするのは基本で、
王が黄色い服も着られなくて、
こんな明らかな主国-属邦関係は気分が悪いと認定せず、
百済がちょっと日本に影響を与えたという事実一つで韓国が日本の母国ですって?

歴史も科学です...基本的な論証が必要だという話です。
気分がいい悪いで認定不認定を決める歴史認識をもって何をするのですか。

私たちの過去を正しく理解して初めて、現在を診断し未来を見通すことができるのではないでしょうか。

私の見るところ、韓国パは売国奴より有害な存在だと思います。

彼らの憂さ晴らし(※)が民族主義的傾向の強い人の目を暗くしていると思います。

(※)原文では 「キブンプリ」です。「キブン」は気分、「プリ」は何かを晴らすことや、厄払いなどのことです。
こちらに説明があります。

この「プリ」という発想は,緊張のあとの弛緩と いうふうに とらえることが できると おもいますが,おもしろいことに 「ハンプリ」とか「キブンプリ」というような つかいかたも できます。「ハン」は日本でも有名な ことばである「恨」と漢字で かかれる あれです。「キブン」は漢字で かけば「気分」で,日本語とは すこし意味が ちがうかもしれせんが,ここでは いやな気分のことをいっているのでしょう。「気分転換」のための「うさばらし」のことを「キブンプリ」と いうようです。


そして、認めるべきは認めましょう。
日本が韓国をどのくらい近代化させてくれたかは否認できない事実です。
李氏朝鮮が鉄道を敷いてくれますか?
日本が鉄道を敷いてくれたから汽車に乗れるのではないですか?
韓国パたちはまたオウムのように「日帝が植民地収奪のためにやったこと」と言うが... それならどうして独立した後もずっと使うのですか?
最近作った高速鉄道もわかってみれば、日本が京釜を軸に近代化をしたから京釜線高速鉄道ができたのではないですか。

日本に一年でも住んでみなさい。韓国がどれだけ日本のものを受け入れてきたかわかるでしょう。
あまりにも日本から伝わってきたことが多くて、日本の物を私たちの物と錯覚するほどです。それほど日本文化は私たちの生活に大きい部分を占めているのです。

ほかにも、 "独島はわれらの領土"という歌が日本の伝統音楽の音階であるヨナヌキ音階を使っているのを知っていますか? もちろんその曲を作った人が意図的にそんな音階を使ったのではないが...
そんな日本音楽的な要素を知っていようがいまいが、我々を掘り下げていけば、はなはだしくはそんな歌にさえ使われているのは事実です。

民族~  そういうわけで、胸にジーンとくることなら何でも探そうとする人たちが、自己陶酔史観で過ぎ去ったことを美化しようとするが… 民族という言葉さえ日本人が造った日本式造語漢字語ではないですか?


これにつけられているコメントは予想通り、「日本野郎」だとか「日本パ」だとかが多くて、中にはもっと汚い罵りもありますが、比較的まともなやつを一つ。

「民族という漢字は中国でも使う。近親相姦や援助交際のような漢字が日本式だ。」

は、どこがまともだって? 失礼しました。

中国でも使うって、その中国が日本式漢語を使っているんですが。
それに、中国で使われている日本式漢語は「民族」「共産主義」などの概念語が多いのですが、韓国ではそのほかに「駅」、「時計」、曜日の名前など日常生活に密着した物や事で無数にあります。いわば、朝鮮が近代化の過程で取り入れたほとんどすべてのものは日本製漢語で言い表されるのです。もしそれらの言葉で言い表されるものを社会から取り除けば、韓国人は李朝以前の原始生活に戻るしかなくなるでしょう。


あと、この jazzmania さんが「オウム」だと切って捨てた同じことをオウム返ししている人もいます。

「日本が韓国に鉄道を敷いたといっても、当時は日本の植民地(すなわち日本の領土だと思って)だから敷いたんだよ。日本が負けると思ったら敷かなかっただろう。」

「何もわかっていない日本野郎が。いくら近代化されて西洋化されたといっても、その根本が略奪で侵略なのに、それで感謝して暮らさなければならないのか。」


なんといってもいちばん笑ったのがこれ。

「釣りだね。」

日本でも、たとえば、「韓国によって創られた日本という国  日本の歴史の歪曲は許されない! 」のようなブログには、「ここ釣堀です。」というコメントがついたりしますが、同じだなあと思いました。


「独島はわれらの領土」という歌はこちら 竹島の歌 で聞けます。(日本語歌詞付)

この歌の音階が日本式だということについては東亜日報でも報道されたようです。


「『独島はわれらの領土』は倭色」主張に波紋

  独島といえば一番先に思い浮かぶわが国の歌「独島はわれらの領土(トクトヌン ウリタン)」。
その堂々たる歌が典型的な「日本風」だという主張が申し立てられて波紋が広がっている。
盧ドンウン中央大国楽学部教授は今月3日にCBSラジオに出演して、「鬱陵島から東南の 方向へ海路200里~」で始まる「独島はわれらの領土」が典型的な2拍子の日本民謡風の 歌だと主張した。
 盧教授の主張通りだとすると、民族の自尊心を盛った歌詞が日本の伝統的な調子に乗せ て 歌われていたということになる。
 盧教授は「『チビや、チビや、セッセッセ』のような2拍子の童謡の大部分が日本伝統の 2音階 民謡形態であり、『独島はわれらの領土』の音階は日本民謡の音階を少し変形して 作る『演歌』 のような形式」と説明した。
 盧教授はまた、私たちが教科書で学んだ幾多の歌が倭色が濃いと指摘した。 盧武鉉大統領の就任式の時に演奏された玄ジェミョン作曲の「希望の国」もそんな立場だ。
日本の植民地統治期間に作られたこの歌にある「希望の国」は日帝が立てた「満洲傀儡国」 を指すもので、日帝の大東亜共栄圏をほめたたえた歌というのだ。
 盧教授はまた、歌曲「先駆者」も独立活動家を称えた歌ではなく日帝の大東亜共栄圏を ほめ たたえた歌だと指摘した。

訳は2ちゃんねる


この歌の歌詞には確かに「対馬は日本の土地」とあるのですが、最近韓国人は対馬まで韓国領土だと言い出しました。

まったく、彼らの 「キブンプリ」 はとどまるところを知らないと思った方はこちらをクリック

banner_04.gif


スポンサーサイト

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報

  1. 2007/05/07(月) 13:53:41|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。