日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓民族世界征服地図

前回、中国人は「韓国人はそのうち世界は韓国のものだというに違いない」と言っていましたが、ご心配なく。すでに言っています。


韓国歴史書「上海も韓国の領土だった」中国紙が反論

  韓国で出版された歴史書の地図をめぐって中国で波紋が広がっている。地図によると、唐の時代には、高句麗、新羅、百済が中国の大半を有しており、唐朝の版図は雲南省や四川省などのわずかな部分に過ぎなかったことになる。これに対して、中国メディアは「古代中国では上海も新羅の領内だったことになってしまう」(9日付の文新伝媒)などと反論している。

  問題となっている書籍は、テジョン(大田)大学・哲学科の元教授である林均澤氏が書いた「韓国史」。韓国書鎮出版社から2002年12月に出版されたもので、価格は2万ウォンだという。新華社によると、現在69歳の林氏は既に退職しており、古代韓国史の研究を行っている。(後略)


それはこの本のことでしょう。(クリックで拡大)

ウリ歴史 (韓国史)

皆さんご存知でしょうけど、「ウリ」というのは、「私たち(の)」という意味です。「ウリナラ」なら「わが国」です。

www.ALLEMPIRES.com というところの掲示板に、その本に掲載されている地図がありました。

題して、「韓民族世界征服説

以下、太字は地図にある説明文です。



地図中では藍色、朝鮮半島北部はもとより、満州、中国北部、モンゴル・シベリア東部、日本北部から、カムチャツカ半島、はてはアラスカにまで広がっているのが、「高句麗帝国」。

そのアラスカのところに、

衝撃!! アラスカの地名は事実高句麗の征服地“アスラ”の変形だ。
日帝の工作で記録が失われた。



日本の右側、太平洋上に書かれているのは、

三韓は私たちが知っているよりずっと前から存在していた国家だった!!


緑色。
朝鮮半島西南部、日本西部、山東省・江蘇省を中心とする中国東部を占めるのが「百済」。


その南、中国東南部と台湾、それと朝鮮半島東南部のピンク色が「新羅」。

台湾を指す矢印は、

台湾を発見したのが韓国民族であったということは、台湾の学者たちも認めている事実。


その西側の茶色が「中国」。

藍色の「高句麗帝国」の北側の水色は「扶余


目を太平洋の東に転じて、北アメリカ大陸西部は、百済と同じ緑の横線。

アメリカインディアンの伝説によれば、自分たちの先祖は東から来たという。すなわち、太平洋を支配したウリ先祖がアメリカ大陸を発見し、一部が移住した。同じ皮膚の色がその証拠。

同じ皮膚の色って、あなた…

アメリカ西部の東なら、アメリカ東部か、その向こうのヨーロッパ、アフリカということになるんですが。


南米西部、ペルーのあたりも緑色。

百済に併合されたインガ国はインカ帝国という事実が判明!!


太平洋上にあるイースター島モアイの写真。

イースター島の巨大石像はウリ先祖たちが建てたもの!!!
済州島のトルハルバンは石像の縮小版で、数千年前ウリ祖先たちが太平洋を支配しており、済州島は国際貿易制度(諸島?)だった。


トルハルバンです。「石じいさん」です。

HARADA's WorldLink Net 静岡 からお借りしました。




ユーラシア大陸の西側に行きましょう。

小アジア半島(今のトルコ)から黒海沿岸、バルト海から北イタリアまで、広大な版図を持つのは「西高句麗」。

そこに灰色の「バイキング」から矢印が伸びています。

高句麗の海岸をしばしば略奪したのは、倭寇ではなくバイキングだった!!

もうひとつ、北イタリアを指しているのは、

ハンニバルはウリ民族式の命名法だ。日帝はハンニバル将軍を外国人に変えてしまった!!
彼がアルプスを越えたことは有名だ。


なるほど。「韓尼発」と書いてハンニバルと読めます。   

 ‥‥なわけないだろ!!!

それにしても、「日帝」って便利なものですねえ。「日帝が変えた」、「日帝の工作で」と言えば、何だってできちゃう。
だけど、日帝は韓国人みたいな全能の神じゃないんだから世界の歴史を変えることはできません。


イギリス南部も新羅と同じピンク色。

新羅に征服されたウサン<于山>国はウェセックス地方の一文字ごとの変化と一致する!!

ウェセク->ウェサン->ウサン



アフリカ東北部もピンク色。

古代エジプトの最高の神は太陽神“ラー”だった。新羅はエジプトが外国勢力の侵略を避け、東へ移住して新しく建てた“新しいラー”という意味の国家だ。
すなわち、エジプトもウリ民族が支配していた可能性が大きい。


なるほどなるほど。韓国語でも「羅」を「ラ」と読みますから、「新羅」は「新しいラー」になるわけですね。

皆さん、信じてください。これは決して私が皆さんを笑わせようとして、勝手に捏造した話ではありません。本当にそこにそう書いてあるんです。


スフィンクスとイコールで結ばれた狛犬のようなものがありますね。韓国語で「ヘテ」、日本語で「カイチ」というそうです。これは韓国の製菓会社の社名にもなっています。ウィキペディアに説明があります。  

スフィンクスの縮小版がヘテだ!!
日帝の蛮行で新羅地域の古いヘテはみな消滅状態。


縮小版ばかりですね。拡大版はないんですか。


アラビア半島もピンク色

アラビアの貿易商人が新羅に来ていたというのは捏造されたことで、事実は朝貢を捧げに来た使臣だった。

新羅がアラビアから朝貢を受けていましたか。

アラビアが朝貢をしていたというだけで新羅領だということになるのなら、中国に朝貢していた朝鮮はずっと中国領ですね。


マダガスカルもピンク色

新羅の属国である“マダ国”が現在のマダガスカルの語源。


アフリカ北西部には「モロッコ

ウリナラの古代王国には、○○モロ国という名称が多い。その子孫が三韓の強国を避けて移住し、新しく建てた国が“モロッコ”の語源だ。


中国の大半が朝鮮三国の領土になっていると中国が騒いだそうですが、日本だって関東地方を除く大半が高句麗と百済の版図に入ってますが、日本人が抗議したという話は聞きませんねえ。

日本人は誇大妄想狂の寝言などいちいち相手にしないということですね。こんなものにカッカするところが、中国の民族主義の未熟さを示していると言えます。

それにしても、これを書いたのが(元)大学教授だというところが面白いです。

できれば、韓国人はこの本を世界中に大々的に宣伝してくれればいいですね。そうすれば、彼らの竹島領有主張の根拠がどんなものかわかってもらえるでしょう。

banner_04.gif


スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/11/30(木) 20:43:40|
  2. 韓国
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。