日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「漢字は韓国人が発明した!?」

中国の掲示板で面白い文章を見つけました。

元の文章は26日に書かれたそうですが、すでに4箇所でコピペされてますから結構共感を得ているようです。


韓国の漢字使用を歓迎する

世界の祭孔権(※1)に関する紛争の余波がまだ収まっていない中、また漢字は韓国人が発明したという千一夜物語〔 つまり荒唐無稽な話という意味でしょう=訳者注 〕が伝わってきた。

韓国≪朝鮮日報≫の報道によれば、韓国ソウル大学歴史学教授朴正秀は次のように記者に語った。十年にわたる研究と考証を経て、朝鮮民族が最初に漢字を発明し、後に朝鮮人が中原に移り住み、漢字を中国に持ち込んだことによって現在の漢文化が形成されたと彼は考える。彼は、道理にしたがって堂々と漢字を復活させ、国連に漢字を世界文化遺産にするよう申請せよと政府に建言する。

韓国の教科書が「韓国文化が黄河文明を育んだ」と主張したり、端午の節句を世界遺産に申請したり、中医〔漢方医学〕を韓医に変えて世界遺産に申請したり、また自分が“金属活字印刷”の起源国と称したり、今また漢字は韓国人が発明したと言う--韓国人はこの2年何の薬を呑んだのか、なぜこれほどまでに破廉恥に中華文化遺産を強奪するのか?

筆者はかつて《どういう人が中医に反対するのか》という一文で述べたことがある:「韓国人は尊大にしてかつ自己を卑下した〔劣等感と優越感の同居する〕民族だ。彼らがワールドカップ競技場で声をそろえて叫ぶ‘大韓民国’という口号から誰でもそれを見て取ることが出来る。:国土がかわいそうなほど小さく、どうしても自らを‘大’と称さなければならないが、本当のところは劣等感の塊なのだ。

それに、去年‘漢城’を改めて‘首爾’としたが、やっと中国の影から脱したと思ったら、アメリカのもっと大きな影に入ってしまうとは思いもよらなかった。これには私に反論する人がいる。しかし私が見るところほとんどは韓国人だ。“大”が意味するのは“大小”の“大”ではなく、“首爾”は西洋化した名称ではないと彼は言う。この話を信じる人がいるか? “大韓民国”の“大”については、少なくとも後には“大小”の“大”と同じになった。 少なくとも「大韓民国」と大声で叫んでいる人が大小の大と理解していることは疑いない。

多くの人が韓国人は尊大だと考えている。これは私も否定しない。なぜ尊大なのか? 韓国人のうぬぼれ話の中にうかがえる手がかりは、サッカー、囲碁、アーチェリーなどスポーツ種目の高水準、加えて韓国の電器、自動車が中国でよく売れていることだ。それに韓国のテレビドラマが東アジアで人気があるといういわゆる“寒流”〔 原文のまま・「韓」と「寒」は中国語でも同じ発音=訳者注 〕。これは確かに事実だ。しかしこの一点で夜郎自大になるのはいささか憐れみの情を禁じえない。とくに今中国の囲碁のレベルはすでに韓国を上回る勢いだ。韓国ドラマは仔細に見てみると、陳腐な公式化画一化の傾向が誰の目にも明らかだ。これが中国映画がたびたび国際的な賞を獲得できて、韓国ドラマが暇つぶしにしかならないことの根本原因だ。

実は近年韓国熱が急膨張したのは、中国の数十万の農業関係の官員が韓国に行って新村建設〔セマウル運動〕を学んだのが原因だと思う。それぞれの土地の状況に応じたやり方をせねばならない農業でさえ韓国に学ぶ(実際はだだの韓国旅行だ)、まったく中国人として恥ずかしいことだ! このようなことでは、中国人が韓国人にさげすまれてもしかたがない。

しかし韓国人も心の底には劣等感がある。国土がかわいそうなほど小さいから、それに中国の被保護国だから。さらに韓国人が人に合わせる顔がないと感じているのは、その文化の大半が中国から来ていることだ。その文字は漢字を使い(過去はずっとそうだった)、図書館は中国の古い書籍で満たされており、民間には中国の物語が流布しており、祭日には中国の祭日が多くあり、紀念する偉人も中国の古代の偉人だ。また韓国人の姓氏を見ても、絶対多数は中国の姓氏だ。高麗は実は漢族に高度に同化された民族だ。同化の程度は今でも中国の版図にあるいくつかの少数民族をも上回る。

韓国人が今なすべきことは、心の持ち方を正すことだと私は考える。歴史を勇気を持って認めなければならない(まさに今韓国と中国が一致して日本に第二次大戦の歴史を正視せよと求めているように)。歴史を認めるのは少しも恥ずかしいことではない。歴史を認めないのが好ましくないことだ。ひとつには歴史は客観的に存在しており、それは誰にも否定できるものではないからで、二つにはそれを否定する者の心中の闇と劣等感をかえってうきぼりにするからだ。韓国人は西洋と接触してもう長い、西洋の考え方を吸収しなければならない。西洋の考え方のいいところは現在と未来を重視することだ。君たち韓国人は今自分がうまくやっていると考えるなら、なぜいつまでも臆病に過去にこだわる必要がある?

もう一点は、昔の人が創造した輝かしい文化は全人類が享受できるもので、わが国は君たちが中華文化を吸収するのを禁じたことはなく、さらには君たちに使用料を徴収することはない。だから君たちは韓国語から漢字を排除する必要はまったくない: 過去に排除したのなら、今復活させるかまたは全部漢字を使うかはどうぞご自由に。この方面では君たちは大和民族に比べて心が狭い。原因はおそらく劣等感のため、小国意識のためだろう。私の考えでは、このような意識を君たちはさっさと太平洋にでもほうりなげたほうがよい。でなければ百年後にまた同じような意識でアメリカに接しているだろう。

今は韓国はもう中国の保護国ではないが、アメリカの保護国だ。韓国がアメリカの保護を必要としなくなった日には、英語は韓国が発明したものだ、NBAは韓国が創った、アメリカの数多くのノーベル賞受賞者は韓国籍だと言いだすかな? あるいはもっと率直に、アメリカは韓国の保護国だ、現在韓国に駐留している米軍は、韓国が保護国から徴発して本土を守らせているのだと言うかな!

まだある。韓国人の潘基文が次期国連事務総長に当選したが、これがまた韓国人が極度の自己卑下から極度の尊大に転じる機会を与えた: 韓国人は自国が全世界の宗主国で、全世界の文明はすべて韓国人が発明創造したとすっぱり宣言すればよい! しかし少し考えれば、国連事務総長など何ほどのものでもないということがわかる。なぜなら、今の事務総長のアナンを含めて事務総長はすべて小国出身で、数十年前はアジアの小国ブータンも事務総長を出したからだ。(※2)

だから筆者は、韓国人に小国意識を捨てたほうがよいと勧める。天下の笑いものにならないように。

しかしわれわれはやはり韓国人に感謝しなければならない: 君たちが一生懸命中華文化の起源国の地位を争わなければ、先祖の恩を忘れた、反中医、反孔子、一切の中華伝統文化に反対する一握りの中国人は無知ゆえにもっと恐れを知らない恥知らずになるだろうから。


(※2) 文中にブータンが国連事務総長を出したとありますが、もちろんこれは間違いです。ブータンは中国語で「不丹」と書きますから、かつて事務総長を務めたビルマ人のウ・タント(「呉丹」と書く)と取り違えたんでしょう。


(※1)祭孔権については次をお読みください。


孔子は韓国人にならなければならない!?

韓国の消息によれば、韓国人はすでに孔子を祭る大典を世界文化遺産に申請する準備をしている。次の一歩は孔子を徹底的に韓国人に変えてしまうことだ。

(中略)

9月28日は孔子生誕2557周年で、大陸と台湾で同時に祭孔大典が挙行される。しかし、その前の9月26日、一組の韓国祭孔大典の写真が各ポータルサイトの最初に来た。中国の前に自国の祭孔活動の大規模な宣伝をする韓国人の意図はどこにあるのか?

韓国人は中華文化中の優秀な部分を自分のものとして占有したがる。これは初めてではない。2005年、韓国は中国から伝わった端午の節句を世界文化遺産に申請し成功し、すべての中国人が心を痛めるところとなった。祭孔大典は彼らの次の目標だ。

韓国人の祭孔の資料を仔細に研究してみれば、彼らが一貫して正統を受け継いでいると強調していることがわかる。

(中略)

韓国人の目的ははっきりしている。彼らこそが祭孔の正統で、彼らだけが孔子を祭る資格があると人々に感じさせることだ。
 
(中略)

韓国人が身分不相応にも孔子を狙うのは昨日今日に始まったことではない。韓国の歴史教科書の挿絵では、中国の東北〔旧満州〕、山東はみな韓国の歴史上の領土だ! 山東はみな韓国の人で、山東人孔子は理の当然のごとく韓国人だ。この教科書には、「農耕文化を持つ漢人を鎮圧した」「大唐を懲罰する戦争」などの語句が随所に見られる。我々は日本人の教科書修正事件に注意力を集中してきたが、韓国人もこの種のことに非常に長けていることに気づかなかった。

韓国人が孔子が韓国人であると論証するするのはこのような根拠だ: 朝鮮半島に最初に建てられた政権は商朝の貴族箕子朝鮮だ。箕子は商朝の紂王の親戚だ。西周の武王が紂を討った。箕子は西周の統治を受けることを望まず、五千人の商朝人を率いて朝鮮半島と遼東半島に逃れ、政治難民国家-箕子朝鮮を建てた。しかるに、商朝人は大部分が中国に残り、西周に封じられた宋、衛など多くの国に分布した。宋国の最初の君子は箕子の親戚-微子だ。孔子は宋国の貴族の子孫で、当然韓国の祖宗箕子の子孫ということになる。

中国人から見れば、このようなこじつけでようやくつながる関係は疑いもなくおかしくて恥ずかしいものだ。しかしこのような教科書で育った韓国人にとっては疑いもなく不変の真理だ。だからこそ祭孔大典の世界文化遺産への申請がこれほど多くの韓国人に支持され、韓国人が堂々と「孔子は我々のものだ」という暴論を発するのだ。

歴史を改竄するのが第一歩、祭孔大典を申請するのが第二歩、続いて来るのは国際社会で孔子は本当に韓国人だという印象を造ることで、最終目的は韓国こそがアジア文化の淵源で、韓国文明が中国を含む東アジア文明を育んだというところまで達する!
(後略)


おもしろい! 日頃いがみあっている?日本人と中国人が韓国人への見方ではみごとに一致する?

とくに、第一歩、第二歩と策を弄して世界の人に自分の都合のいい印象を植えつけようとするなんて日本人が言いたいことですね。「従軍慰安婦」とか。

ちょっとした有名人なら誰でも韓国人にしてしまうというのも日本でよく言われていることです。

だけど、歴史を自己に都合のいいように改竄しているというところは中国人も韓国人もどっちもどっちなんですけどね。「高麗は実は漢族に高度に同化された民族だ」なんていうのは、中国政府が最近盛んにやっている朝鮮併呑工作の一環だし。骨がらみの歴史中毒という点ではどちらも同じ。

それに、韓国人が尊大だ尊大だと繰り返す人の中華思想のなんとまあ尊大なことよ。この尊大さも韓国人と同じく劣等感の裏返しに見えるんですけど。

ランキングに参加しています。
できればクリックお願いします。

banner_04.gif


スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/10/28(土) 11:23:20|
  2. 日中韓
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。