日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな写真載せる?ロシアの新聞

KiLL Time News さんより引用します。


関西の産経新聞夕刊に、思わずのけぞるような記事が載っていた。
日本では小さい扱いだった、先月16日夜に神戸で起こった馴染み客にロシア人ダンサーが刺殺された事件が、同日未明に起こった北海道根室沖の拿捕事件の「復讐」であると、ロシアで曲解報道されているというのだ。
ロシアのメディアはロクに取材せず、漁船銃撃で射殺された乗組員を怒った日本人が、復讐心からロシアンパブのダンサーを殺した後切腹した「神戸事件」を、漁船拿捕銃撃事件より大きく報道し、無意味に「サムライ」だの「ハラキリ」だのとセンセーショナルに煽り、一方的に騒いでいるらしい。
______________________
殺人:ダンサーを殺害 刺した男は重体 神戸

16日午後11時20分ごろ、神戸市中央区下山手通1の雑居ビル2階のキャバレー「ナイトレストラン ACADEMY」から「女の子が刺された。刺した男も自分を刺した」と110番通報があった。女性は病院に運ばれたが、間もなく死亡し、男は意識不明の重体。兵庫県警生田署は殺人事件として捜査している。

調べでは、客の同区内の男(47)が、自分を接客中の同店従業員でロシア国籍のダンサー、シェリェパノバ・アナスターシャさん(22)の左胸と右首を刃渡り約20センチのサバイバルナイフで刺し、その後、自分の左胸や腹などを刺したという。

男は常連客で、アナスターシャさんを指名していたらしい。アナスターシャさんは友人に「最近、男に言い寄られ困っている」と話していたという。【竹内紀臣】

毎日新聞 2006年8月17日 10時14分 (最終更新時間 8月17日 12時30分)


センセーショナルに煽っているロシアの報道を探してみたんですが、見つけられませんでした。が、そのことに触れたロシアの新聞はありました。8月22日付のセントペテルスブルクタイムズより。


一部のロシアのメディアははじめその襲撃を、ロシア国境警備隊が今月初めロシア領海で不法操業中の日本の漁師を誤って殺したことへの復讐か敵討ちとみなした。日本の警察はまだ二つの事件を関連付けてはいない。


それよりもあれなのはモスニュース

記事のほうは事実関係を述べているだけなので訳しませんが、写真がナニです。




どこかからファイル画像を引っ張ってきただけなんでしょうけど、こんな事件と無関係の写真載せるかなあ。

banner_04.gif


スポンサーサイト
  1. 2006/09/19(火) 23:54:26|
  2. 日本外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

安倍晋三と胡錦濤、どちらが努力すべき

イギリスのエコノミスト誌の9月14日付の記事です。
小泉維新 日本の注目すべき首相はまもなく退く。彼の革命は持続するか。」

過去の同誌の記事と同じく、小泉改革をおおむね肯定的に評価した後、「中国については慎重にことを進めよ」という小見出しで、安倍さんについて書いています。


小泉さんの後継者は現官房長官の安倍晋三になることがほぼ確実だ。前任者の小泉さんと同じように、彼は多かれ少なかれ経験を積んでおらず、比較的若い。しかし彼は旧習打破者としての兆候を示していない。安倍さんは小泉さんの意中の人であり、一般に改革派の中に数えられているが、真に先鋭的な闘争者ではなかった。小泉さんのようなカリスマ性もない。だから彼は小泉さんのように日本の有権者を熱狂させられず、依然として乗り気でない党を引っ張って改革をさらに進めていくために、個人的人気を利用できないという危険性がある。

安倍さんの改革への熱意が小泉さんを上回っている分野は国際関係だ。彼はすでに憲法改正を約束した。しかし、難しいのは日本の対中関係を悪化させることなしにこれを行うことだ。日本と中国はお互いの最大貿易相手国だが、小泉の下で関係は悪化した。一つには論争の種である靖国神社を参拝するという小泉さんの挑発的な習慣のせいで、一つにはより大きな役割を果たすという日本の大望を中国が忌み嫌っているせいで。安倍さんは中国に深い疑惑を抱くタカ派だ。もし彼が神社を参拝せずに、早急に関係改善の使節を中国に派遣するなら、彼は世界での日本の地位のために多くを成しうるだろう。そうしなければ、彼は注目すべき首相である小泉さんの遺産を浪費する危険を冒す。


「もし胡錦濤が神社参拝を非難せずに、早急に関係修復の使節を日本に派遣するなら彼は世界の中での中国の地位のために多くを成しうるだろう。」となぜ書かないんですかね。

banner_04.gif


テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/09/19(火) 03:35:44|
  2. 日本外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。