日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

靖国神社と南部連邦旗

この記事は「日本の歴史問題」への反論か?の続きです。

ワシントンポストのウェブページは当該記事に言及したブログへのリンクを載せています。当然この「日本の評判」もあります。
そこで見つけたブログのコメント欄から紹介しましょう。
最初の方は悪意と皮肉の応酬で笑わせてくれますが、中ほどからは靖国神社と南部連邦旗のことなど、なかなか興味深い議論が展開されています。日本人らしき人もコメントを寄せています。
斜体字はコメント投稿者による引用です)



rayz Said:
“大東亜戦争”がなぜ始まったかといえば、ニューディールが大不況を克服できなかったときに、「ルーズベルトに残された唯一の選択肢が資源の乏しい日本に禁輸措置をとって戦争に突き進むことを余儀なくさせることだったからだ。

アメリカは日本が真珠湾を攻撃する前に景気後退から抜け出していたのでは。アメリカの禁輸措置はアメリカ経済を立ち直らせるためではなく、軍国日本がさらに中国に侵攻するのを止めるためだ。アメリカは真珠湾の前にロシアとイギリスに物資を供給していた。これによってアメリカは景気後退から立ち直った。

master beta Said:
rayz、この記事の言う禁輸は、日本のインドシナ占領への対応として始められたものだ。それに、アメリカが直面していたのは景気後退ではなく恐慌だ。りこうぶるのがうまいけどね。
(後略)

ponta Said:
遊就館の歴史観には賛成できないが、記事の筆者が書いているように、首相がその歴史観を是認しているわけではない。もし中国がその考え方を気に食わないのなら、遊就館(戦争記念館)に抗議すべきだ。私に言わせれば、問題は首相が靖国を参拝するか否かではない。首相の私人としての参拝が許されるか否かだ。ちょうど、彼がイスラム寺院、仏教寺院、マクドナルド、ポルノショップへの参拝(訪問)が許されるように。それがいけないという理由はないと思う。
私について言えば、首相がイスラム寺院、仏教寺院、マクドナルド、ポルノショップ、靖国を訪問しようがしまいが気にしない。(政教分離の原則に抵触しない限り)

将来の日本の首相がイスラム教徒であれキリスト教徒であれ仏教徒であれ、イスラム寺院に参拝してはいけないという理由はないと思う。たとえ過去においてキリスト教徒とイスラム教徒が対立する関係にあったとしても、そして一部のイスラム原理主義者が歴史と政治において急進的な考え方を持つとしても。

そして靖国の背景にある宗教である神道において、死者とは儀式を通じて今でも語り合える存在だということを認識すべきだ。そして、生前に何をなしたかよりも、死者は死者であるがゆえに崇められる。とりわけ、生前に善をなしたか悪をなしたかにかかわらず、死者はなだめられ鎮められ清められるべき存在なのだ。そして靖国は戦死者のための場所だ。

日本が侵略的な国であったことは間違いない。制御のきかない軍国主義で、多くの捕虜と民間人を虐殺した。それについては非難されるべきだ。しかしそれは中国が永遠に非難する権利があることを意味しない。中国が信教の自由を侵害できることを意味しない。日本は謝ってきた。日本が中国と友好条約を結んだときにわれわれはこの問題を解決した。

中国は歴史を政治的に利用している。

中国が共産主義国になって以来、自己に都合のよい歴史を援用してチベットを併呑し、インドの領土をぶんどり、東シナ海と南シナ海の領有権を主張し、台湾“返還”を要求してきた。yale 

中国人が悟るべき時だと私は思う。

もし小泉純一郎首相の靖国参拝が間違っているなら、中国共産党は戦争犯罪者であり、今も犯罪を犯し続けている。共産党は第二次世界大戦で日本が殺したよりも多くの中国人を殺した。その犯罪はさらに悪質だ。もし中国人が自国を愛しているなら、まず共産党が犯した罪を認め、この戦犯による支配を終わらせ、中国を解放すべきだ。epoch

usinkorea Said:
南部連邦旗についての彼のコメントはよい。南部出身者以外のほとんど誰も賛成しそうにないことはわかるが、それは真実だ。南部には南部連邦旗を自分たちのレイシズムの誇るべき象徴として使う人がいる。しかし一方で、よかれ悪しかれ自分の属する土地の歴史の象徴として使う人もいる。レイシストでなくとも毎年南北戦争の再演をやる人がいる。(一部にはレイシストもいることも知っている)

結局、われわれが語っているのは、象徴とそれが表しているものについて、そしてそれらがいかに異なった人々に異なったものを表しているかについてだ。

中国人と朝鮮人は、神社を参拝することは戦犯を称賛することであり、日本の隣国に対して使われる全体主義的軍国主義の精神を再興しようとすることだと言う。そして日本人は日本の歴史全体として戦死者に敬意を表することだと言っているようだ。

私が好まないのは見せかけの偽善だ。中国と韓国の社会は激しい反日だ。彼らはそのための自分勝手な論拠として日本による将来の脅威を利用している。しかし、それでも彼らは日本との関係を通じて金を儲けようとする。日本は悪い人々のいる悪いところで、アジア人は誰も日本人を信頼すべきではないが、日本の資金はよい。
(後略)

ponta Said:
皮肉なのは、60年前に絞首刑になったA級戦犯を崇拝しているとして日本の首相を最も強烈に批判している中国と韓国が、今絞首刑にされるべき、人間の皮をかぶった悪魔金正日の最大の支援者であることだ。


なるほど!と思った方、ふ~んそう?と思った方も
こちらに一票よろしくお願いします。       → banner_04.gif


スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

  1. 2006/08/23(水) 01:32:28|
  2. 日本外交
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。