日本の評判

世界は日本をどう見ているか。 英語と中国語のメディアから日本に関する記事をとりあげ、考えます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国人の悲しい捏造写真

ユーチューブから。



これは7月9日に中国で放送されたものを事故後に投稿したもののようです。

「鉄道部: 中国高鉄は日本新幹線よりもはるかに優れている。日本に技術援助したい。」

「高鉄」とは「高速鉄路」を略したものです。

言いも言ったりですが、この中で高官の話。
「中国の現在の先進的な高鉄技術ははすでに独自の創新を経ている。中国人は他人のモノを強引に自分のモノにすることはない。」

この映像は前回取り上げた記事と同じ「財経」が製作したものです。事故車が「模造型であって独自の創新ではない」と書いた同じ「財経」です。




中国の掲示板サイトに投稿された写真です。

kyasutaa oowarai

題は 「中国列車脱線  日本の女キャスターがカメラの前で大笑い

コメントの中から二つ。

「おかしくないわけがない。中国の高級技術者は自分が設計した高鉄に自分は乗らない。なぜか? 中国は高官が言ったとおりになる、高級技術者の言ったとおりにはならない。高鉄は技術者の設計が要求するようには施工されていないところが多い。脱線して人が笑ったからどうなんだ?お前は可笑しくないのか?」

「1、日本人は元来が変態だ。いつも人が思いもよらない、反吐を催すことをやらかす。この女もそうだ。
2、日本はいつも中国が新幹線をパクッたと言う。事実はまだ論争中で、当然日本人はこういう反応をするだろう。
3、日本人は中国を尊重したことがない。生命を大切にしたことがない。日本は あといくばくもない命のためにあえいでいる民族だ。
最後に結論。中華民族は絶対に日本を消滅させてきれいにし、最後の一人まで殺しつくさなければならない。」

この写真はどうもおかしいと思ったんですが、別のページにリンクを張っている人がいて、そこには・・・

gouseishasin

やはり捏造でしたか。コメントに書いている人がいたように、日本人は笑うだろう、いや絶対に笑っているに違いないという中国人の気持ちがさせた悲しい合成写真だったというわけです。


香港のりんご日報と言えば、反中共政府的色彩の濃い、と言うより「中国人」を心底嫌っている新聞ですが、そのサイトにあった動画である人がでこんなことを言っていました。
「日本の新幹線は開業以来47年間人身事故がないのに中国の高鉄は3年で大事故を起こした。」


ところで、きのうは上海の株価指数が3%近く大きく下げました。ほかのアジア諸国の下げはおおむね1%以内に収まっているのでこれは事故の影響が大きいと思われます。(中国バブルの行方に左右されるところが大きいオーストラリアだけは1,5パーセントの下げですが。)
なかでも、事故車の製造メーカーである中国南車はきのうは9%以上も急落し、今日も今のところ3,64%下がっています。
これをきっかけに中国バブルが崩壊し、世界恐慌に発展するなどということがなければいいのですが。それでなくても日本は万年不況で、欧米も債務問題が一触即発の状態にあるのに。


banner_04.gif

ブログランキングに参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2011/07/26(火) 14:01:49|
  2. 中国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
| ホーム | 「高速鉄道は模造品」-中国紙>>

コメント

反日勢力らによる、デフレ存続 02 日本政府の借金の 94% は、日本国民が貸している 1016

日本の財務省が、日本のデフレ不況を長引かせて来てくれたお蔭で、 中国 は 、 日本の人的な資産らや技術的な資産らの大安売り、大バーゲンをものにし、 中国への日本人技術者たちの大量の引き抜きを目立たない形で実現し得、 日本の企業らを目立たない形で買い進めて来る事が出来ており、 日本の技術の体系知の所々を目立たない形で中国へ漏出させ続ける事に成功して来ました。 中国 が、 アフリカ諸国にまで、資源獲得の手を伸ばし、 自国の失業者らを派遣して、現地に定着させ、アフリカの各種の資源らを中国の支配下に置く事業らに従事させている一方において、 日本に対しては、 ゴールドマン・サックスのジム・オニール氏やフランスのジャック・アタリ氏や投資指南型の経済論客らの論説などを通しても、 『大量の移民を、日本国内へ定住させる』事が、日本経済の成長に必要にして不可欠である、との、中国に最も好都合な印象操作を得る事に繰返し成功し続けており、 中国の不動産バブルの崩壊で発生する、 大量の失業者らの一定以上を、日本経済の復興にかこつけて、日本へと送り込む、準備工作を着々と進めている最
  1. 2011/12/28(水) 00:31:30 |
  2. URL |
  3. ブログ 経済参謀 シャーロック #-
  4. [ 編集]

日本のデフレ不況による、高い実質金利と為替差益で儲ける、金融資本勢 02 1128

日本国内の消費 = 所得 の 十数% を 増やす だけで、 日本は、 現在の デフレ不況 を 抜け出して 、 継続的に 好景気を実現して行き得る、という事は、 経済統計上の数値らと それら数値らの推移ぶりへの認識に基づく、 定量的 = 科学的な判断 であって、 ゴールドマン・ サックスら金融資本勢の投資アドバイザーらが、日本へ、 大量移民の受け入れと 財政支出の減少化による、公共事業らの抑制に縮小とを勧めているのは、 主に、彼らが、 日本の デフレ不況 の存続で、儲け続けているからであり、 日本人ら一般の為に、彼らが、芯から忠告する事はありません。 中国は、日本へ、中国人移民らを大量に入れて、失業者減らしと日本国内での政治力とを獲得する為に、経済論者らに、大量移民による日本経済復活説を繰り返し宣伝させているだけであり、 実際には、 金融資本勢のスポークスマンらが、 日本の経済素人国民らに主張して観せているのとは、全く、逆に、 彼らは、 中国の中央銀行などの、 海外の中央銀行らの投資担当者らも含めて、 日本の円を買い進めており、 『円建て』の日本の資産らを買い進め続けており、 『だからこそ
  1. 2012/02/04(土) 18:25:18 |
  2. URL |
  3. ブログ 経済参謀 シャーロック call-the-falcon@ezweb.ne.jp #-
  4. [ 編集]

クルーグマン氏の経済講義 12 日本政府への【貸主】である、日本国民一般 1153

ノーベル経済学賞受賞者 ポール・クルーグマン氏 の、 米国 ニューヨーク・タイムズ紙 での 経済講義 : 2011年 10月7日 : 【 あの悪(わる)どもと、大胆に対決する Confronting the malefactors 】 : 熟練した組織家 にして、 社会運動の歴史家でもある、 Rich Yeselson 氏 は、 アメリカ人労働者たちへの【債務からの救済】を、抗議の中心的な主張にする事を提案している。 私も賛成だ。 こうした債務救済は、経済的な公正にかなっている上に、 経済全体の回復にも、大いに役立つ。 私としては、 抗議者たちは、 【インフラ整備】 ( : 鉄道系やバス路線系などの交通網や、病院や発電所やダムなどといった、社会基盤【 : インフラストラクチャー】を拡充するための投資 ) も、 要求 すべきだ、と思う。 更なる減税とかではなくて、 雇用創出 ( : 社会全体における、一定の所得付きの仕事らの総量を増やすべく、仕事口らや就職口らを創り出す事) に役立つ、 【 インフラ投資 】 ( = 公共事業らの実施 ) を 要求すべきなの
  1. 2012/02/09(木) 16:17:34 |
  2. URL |
  3. ブログ 経済参謀 シャーロック #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nippyo.blog57.fc2.com/tb.php/192-e152e4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。